人気ブログランキング |

c0096685_21202557.jpg

新刊ハードカバーを書店で購入という
ワタシとしては久々の快挙?←自慢にもならない。
これもひとえに、竜崎伸也のサインが欲しかったからに他ならない。
(過去記事こちら

そんな思いがこもったご本でありますから
大事に大事に読みたいと思ったのですが、ムリだろうて。
1ページめから即効竜崎ワールドにハマる。

で、やめられないとまらない~で、一気読み。
あー、今回も面白かった。
ホント大好きだわ、このシリーズ。←しつこい



ストーカーによる殺傷事件を重く見た警察庁の指導により、
警視庁はストーカー専門の組織を設けることになり、
各所轄も対策チームを新設することになりました。
おざなりのチーム編成では意味がないと考える竜崎は人選に苦慮します。

しかし、赴任して間もない方面本部長の弓削は、内容より形式。
ともかく早い報告こそが大事と、嫌味とともに矢の催促。
そんな矢先、管内でストーカーの犯行と思われる
女性連れ去り事件からの殺人が勃発。
猟銃を所持しているらしいストーカー男の立てこもりに
伊丹刑事部長のSITと弓削方面部長率いるSAT、
それぞれの突入をめぐる主導権争いにも巻き込まれます。

ところが事件は思わぬ方向へ。
戸高を始めとする何人かが口にした腑に落ちない諸々。
本当に犯人はストーカーだったのか?
竜崎の現場主義に則った迅速な対応で
事件そのものは無事に解決するのですが
その捜査過程で竜崎は弓削と対立。
著しくプライドを傷つけられた弓削の訴えにより
特別監察になってしまいます。
しかも、家庭では娘にストーカー騒動が発生。
降格人事異動のウワサもでる中、公私で勇断を迫られた竜崎の去就は。。。


事件を解決するまでのサスペンスもそうだけど
竜崎の家庭の様子を垣間見ることができるのがこのシリーズの魅力でもありますよね。
特に、夫婦の会話はいつもながら秀逸。
ワタシは超がつくほど竜崎ファンだけど
実際にこんな人がダンナだったら絶対無理っていつも思っちゃう。
器の広い冴子さんが一番の大物かも(⌒∇⌒)

大森署内は当然のこととして、
それ以外にもどんどん竜崎の事をわかってくれる人が増えてきてうれしい。
特に野間崎管理官。
最初はなんてチッコイ奴なんだと思ってましたが
ずいぶん様子が変わってきました。
今じゃかわいく思えるほど(^^;)

いつかは弓削も竜崎を理解する時が来るのかも。
今は立場的には上司に当たるけど
所轄を離れ、警察庁に移動になれば
竜崎が弓削の上司ということもあり得るわけで。
意外とそんな展開になったりして(・∀・)ニヤニヤ

そろそろ竜崎さん所長じゃなくて
警察庁に戻るかもの伏線の本書なのかな。
竜崎が所長になってどんだけ捜査本部がたった?
一所轄にしては大事件多過ぎだし。


今朝の新聞でたまたま小説新潮の広告を見つけました。
「隠蔽捜査7」が始まるらしい。
早く知りたければ図書館で都度読めばいいのだけど
やっぱり出版されてからのお楽しみにしとこう。





by noro2happy | 2016-08-22 21:08 | book

c0096685_20161318.jpg




岩手県雫石高原を目指していた大手進学塾・首都圏ゼミナールの
強化合宿バスがハイジャックされた。
人質は、小学5年生30名。
犯人は身代金10億円を要求する。
車内には停職中の警視庁捜査二課管理官、
田名部昭治も同乗していた。
大和新聞東北総局遊軍記者宮沢賢一郎は、
犯人グループが金融取引の専門知識を悪用して
身代金奪取を企てていることに気付く。
警視庁捜査一課特殊班捜査係(SIT)をも翻弄する
身代金受け渡しスキームを宮沢と田名部は阻止することができるのか。
バスは東北自動車道を北上、
タイムリミットが刻一刻と迫る!
(文庫版表紙裏より引用)




前回読んだ「共震」感想文★のダブル主人公
宮沢記者と田名部管理官のコンビです。
というか、もともと
「みちのく麺食い記者シリーズ」というのがあって
その5作目なんですね。
「共震」では田名部が宮沢のことを
「疫病神」と言っていましたが
なるほど、出だしで納得でした。www

高速を突っ走るバスジャック
なんか、映画でも観てるような感じ。
スピード感があってどんどん進みました。
でも、この作品の面白いところは、
犯人にとってバスジャックはあくまでも警察を欺く疑似餌。
本当の身代金受け渡しは水面下で行われているもう一つの誘拐事件。

で、その方法なんですが・・・
悲しい。
自分が経済オンチだということをすっかり忘れてた。
面白いんだけど、絶対にこのトリックを説明できない(T_T)
とにかく、元証券マンの犯人と
元経済部敏腕記者との知能比べということかな。

登場人物のキャラがそれぞれにステキ。
田名部は「共震」のイメージではクールだったけど
娘を思う優しいお父さんを見せてくれました。
そして、宮沢さん、イケメンなんですね。
エピローグでの宮沢さんを取り合う二人の女性の戦い?
に、ニヤニヤしました。
実は妻と、その座をおびやかそうとする田名部の小5の娘なんだけど。

「みちのく麺食い記者シリーズ」、
困ったときの予約本にリストイン決定です。





by noro2happy | 2016-03-24 20:34 | book

「確証」今野敏(#1556)

c0096685_15500178.jpg
ほうほう、これもなかなかじゃないですか。
シリーズ第一作目ということですが
いったい今野さん、どんだけの引き出し持ってんのかしら。
主人公の萩尾はまだ全体的なキャラクター像が見えてこないのですが
これから巻を重ねるほどに魅力的になりそうな予感。



都内で起きた強盗事件と窃盗事件。
警視庁捜査3課で盗犯捜査ひと筋の萩尾秀一は、
ふたつの事件には繋がりがあるとして、
部下の武田秋穂とともに捜査を始める。
捜査1課との軋轢や駆け引きの中で、
ベテランの萩尾は何を見て、
若い秋穂は何を考えるのか。
(文庫版表紙カバーより抜粋)



竜崎さんの所轄とか、有名な捜査一課ではなく
窃盗専門の三課が舞台ってところが新鮮。
しかも、本書では一課に対して
エリート意識が鼻につくいけ好かない集団、
みたいに書いちゃってるところもおもしろい。

捜査一課が相手にする犯人はド素人。
でも、三課が相手にするのはプロ。
萩尾のキメ台詞だけどなんかわかる。
ルパン三世と銭形警部?なんてね。

萩尾と秋穂の今後も見守っていきたい。
また楽しみなシリーズが増えました。






by noro2happy | 2015-10-27 20:16 | book

c0096685_09341043.jpg


今野さんの数あるシリーズ物のひとつ
碓氷警部補シリーズです。
といっても、このシリーズで読んでいるのは過去一作だけ。
それが「エチュード」(感想文はこちら)
この時コンビを組んだ藤森紗英心理調査官が再び登場でした。



ゴールデンウィーク最後の夜に起きた7件の事件。
2件は現職警察官と中学生の自殺。
もう2件は殺人。
あとの3件は性犯罪。
それぞれは全く関連のない事件と思われたのですが、妙な共通点が。

いずれも同じ日の午後11時頃の出来事であること。
そして自殺者を除く事件被疑者が、
犯行時の瞬間のこととなるとボーっと記憶が定かでなくなること。
これはただの偶然なのか。

捜査一課長の特命を受け
藤森調査官と碓氷たち第五係は捜査を開始します。
やがて被疑者、自殺者の7人全員が通っていた
メンタルクリニックにたどりつくのですが。。。

この辺りで、タイトルの「マインド」という言葉とともにはは~ん、と読めてきます。
催眠術とか洗脳、マインドコントロール・・・
正直、この手のものにはさほど興味が無いので、
ここまで完璧に人を操ることが本当にできるのだろうかとちょっと疑惑の目。
ま、そこは小説ってことで納得しつつも
藤森調査官の言葉を聞いているうちにだんだんアリかもしれないと。

事件解決への突破口となったのが
知らずにかけられた碓氷への催眠術というところがおもしろい。
潜在意識と顕在意識は割合で言うと9:1だそうです。
催眠術で、普段は眠っている無自覚の意識を操作されるなんて怖すぎる。
理性で抑えているものが、催眠術によってそれを取っ払われたら・・・
ワタシも3人ぐらい人刺してるかも、なんてな。

もちろん悪いことばかりではありません。
いわゆる「火事場の馬鹿力」も潜在意識のなせる技のようだし、
「ハッピー、ハッピー」と自己暗示をかければ
本当にハッピーになったりも~♪
うん、これは以前から実践してたわ。

ラストの一家団欒ほっこりムードも
読後感を爽やかにさせてくれました。
イイご夫婦ですわ。

ということで、今回もトントンと読めてしまう面白さはありましたが
どちらかと言えば、「エチュード」の方が好きかな。
でも一番大好きなのは「隠蔽捜査」シリーズです。
って、しつこく言ってますね(^_^;)
個人的には他のシリーズより再優先でお願いしますm(_ _)m








by noro2happy | 2015-09-08 20:16 | book

c0096685_22550241.jpg


つまんな~~~い(T_T)
もっともっと、読んでいたい。

あっという間に読み終えちゃって
つまんな~~~い。002.gif

好き過ぎるくらい好きだわ。
竜崎伸也。
安定の面白さです。
この勢いで一気に感想文したためます。



タイトルの5.5から分かるように
『隠蔽捜査シリーズ』のスピンオフです。
以前も3.5っていうのがありましたね。
あれは、同期であり幼なじみの
伊丹刑事部長視点の竜崎でしたが、
今回は本編ではほぼ脇役たち目線。

ラインナップはと言いますと、
大森署の貝沼副所長をはじめ、刑事課長、地域課長、強行犯係長。
それにお馴染みの戸高や野間崎管理官。
もちろん伊丹は出番あり。
そして、そして、かつての想い人、畠山も登場します。
全7話の短篇集ですが、いずれも着地点は
竜崎の魅力でフィニッシュということで、
ファンにはたまらん一冊です。

短編ということもあり、
それぞれの事件を掘り下げ、解決まで導くっていう構図ではないので、
隠蔽捜査シリーズを読んだことのない人には
まず、本編で竜崎を知ってからどうぞという感じです。
なんたって、今回の竜崎所長は
ほぼデスクでハンコをついてる姿ばかり。笑

7話の中ではキャリアの女刑事・畠山が主役の
「訓練」が一番好きかな。
せっかく「スカイマーシャル」
(旅客機に登場し、ハイジャックなどの犯罪に対処する武装警察官)
の訓練に抜擢されながらも
出かけてみれば、お飾り?
マッチョな男に肉体的にかなうはずもなく
みんなの足を引っ張ってるという負い目。

初日から凹む畠山の頭に浮かんだのが竜崎。
電話しようかしまいか・・・
ちょっとは悩むけど、すぐに相談。
このへんの展開は、逆に短編だから
うだらうだらせずに早くていいね。爆

竜崎のアドバイスは一言。
「女を使え」
キャン💕
女であることはハンディではなくて特質ということなのね。
ラストが特に一番爽やか~。

はやくシリーズ6が読みたいです。
待ち遠しい060.gif




おまけ:
好きすぎて新潮社の今野さんの新刊お知らせメールに登録しちゃった。
ぎゃ~~、ごめんなさい。
図書館読者なのに。
でも、文庫分を揃えようかと思ってます。








by noro2happy | 2015-08-21 23:07 | book

「廉恥」今野敏(#1511)

c0096685_21083760.jpg



やっぱり好きだなぁ、今野さんの警察小説。
いつも思うけど
サスペンス、謎解きというより
捜査に携わる人々の人間関係とか
場の雰囲気とか
行間に漂う空気感のようなものがおもしろい。
(抽象的でわかりにくいな)

廉恥・・・ねぇ。
「心が清らかで、恥を知る心が強いこと」
まず使わない言葉だわ。
むしろ破廉恥だからね、どっちかっちゃあ。
ま、それは置いといて。



キャバクラのホステスが自宅で殺害される。
被害者は警察にストーカー被害の相談をしていた。
もしストーカーによる犯行であれば
マスコミから厳しい追求を受ける。
そんな中、捜査本部に警察庁から派遣されて来たのが
ストーカー対策の専門家。
女性キャリアである小泉蘭子刑事指導官。
戸惑う捜査官たちのなかで樋口は彼女への対応も任される。
面倒事を押し付けられた感の樋口の元へ
さらに追い打ちを掛けるように、
元同僚から全く別件の情報がもたらされる。
爆破予告などの脅迫メールの送信元リストに
樋口の娘のPCがあったと。

事件と、女性キャリアのお守りと
(実際は控えめで、出来る人だった)
家庭内問題の三つ巴。
さぁ、樋口どう対応する。。。


なんかさ、プロット似てない?
そうそう、大好きな隠蔽捜査シリーズの竜崎さん。
シリーズその1の「隠蔽捜査」とその3の「疑心」(感想こちら)
なんかいつの間にか杉本哲っちゃんイメージしながら、読んでしまったわ。

キャラもとっても似てるんですよね。
融通が効かなくて。
頑固すぎるほどブレない。
そこが魅力的なところなんだわ。
自分のダンナだったら勘弁してよ、なんだけど
実は夫ドッコイ、チョイ似たとこあるかも。
やっぱ、現実はちっとも魅力的じゃないってことか。

おっつ、脱線だ。

ストーリーそのものは
途中からアッ、って読めてくるし
目新しいこともないんだけど。
これを書いてしまうとネタバレになってしまうのですが
ストーカーや痴漢行為って
女性の訴えひとつでいくらでも犯人を創りだすことが出来るんですよね。
「それでも僕はやってない」でしたっけ?
痴漢冤罪事件も映画になりました。

廉恥・・・このタイトルの意味するところは。
そんな心がない者は被害者なのか
犯人なのか。。。
どちらも、とも言えるのだけど
今野さんの作品二文字漢字が多いなぁ。
友達におすすめするとき
絶対に忘れちゃうんですけど(^_^;)



つぅか、つぅか。
アタシとしたことが見逃してた!
『自覚 隠蔽捜査5.5』
「隠蔽捜査」シリーズの新刊が出てた~~~(>_<)
5.5というからスピンオフだと思うけど。

慌てて予約入れたら100数人まち(T_T)(T_T)(T_T)
マジかいな。
超悔しいんですけどぉ。





by noro2happy | 2015-03-06 21:31 | book

c0096685_21001743.jpg


「64(ロクヨン)」   ・・・・・#1403

ふっか~つ!
読書に燃えない症候群に罹患してたワタシが
ついに読み終えたどー。
分厚かった。

この本を予約したのは一昨年の12月。
普通だったらそんな大昔の予約
ナンジャラホイ?
なんだけど
これだけはずーっとずーっと待ってたのよー。

横山さんだからもちろん警察モノなんだけど
舞台が県警の警務部・広報室ってところが変わり種。
そこの広報官三上警視が物語の主人公。

「64」とは、たった7日間しかなかった昭和64年に起きた
誘拐殺人事件を指す符丁。

20年以上にわたり刑事としてキャリアを積み、
特に能犯の捜査では県警でも一目置かれる存在であった三上。
なんとそれが、刑事部とは犬猿の中である警務部への移動。

刑事部からはスパイ呼ばわりされ
警務部長からは娘の家出に関する唯一の弱みをネタに
絶対服従を強いられる。

ジレンマにさいなまれる苦悩・・・
心理描写がほんとうによく書けてます。

市民不在の縄張り争い。
自分の利益、立場ばかりを主張する
関係者の利害が三上の目を通して
あからさまに描かれています。

その目は警察内部に限らず
世間の代弁書を気取る新聞記者たちにも。

どいつもこいつも自分の保身ばかりで
ってイラッとしている状況下で
未解決誘拐事件「ロクヨン」のを模倣するかのような事件が勃発し
えっ、どうなるの?どうなるの?の急展開。
たたみかけるような面白さで目が離せません。

一見バラバラだった無言電話などの前半の描写が
一気につながるりラスト。
あー、おもしろかった。

これって続編があるかな。
三上の娘のこととか気になるし。

始めのうちは登場人物の多さに少々手こずったけど
やっぱり警察物って好きだなー。




by noro2happy | 2014-02-24 21:25 | book

c0096685_15222179.jpg宰領  ・・・・・1327

ついこの間、警察小説は面白いけどすぐ忘れるって書いたばかりだけど
この「隠蔽捜査」シリーズは例外。
ワタシにとってはテッパンの警察小説。
ずっと待ってたのに、面白くてやめられなくて
すぐに終わってしまうのがとーっても残念。

宰領とは、取り仕切るとか、監督するという意味。
常に先頭に立って捜査を仕切る竜崎なら今更なタイトルと思うところですが、今回はいささか「縄張り」が違います。
なにしろ、犬猿の仲と言われる警視庁と神奈川県警との合同捜査を指揮することになったから。

そう、神奈川県警といえば、前回読んだ堂場さんの「検証捜査」(こちら)でも
最低の県警として出てきたばかり。
この完全アウェイの横須賀署で竜崎はどう人心を掌握するのか。

警視庁では竜崎の名は知れ渡っているけど
神奈川県警ではフツーに警察署長という認識。
ところがギッチョン実は・・・の水戸黄門的面白さはいつもながらたまらんのぅ。
(多分ワタシはこれが好きでやめられなかったりして)

さて、事件の方はといえば今回は要人誘拐。
大森所管内で国会議員が行方不明に。
やがて議員の事務所の車が発見されるがそこには運転手の遺体が。
議員は何の目的でどこへ連れ去られたのか。
犯人を名乗る男から脅迫電話がかかり、
逆探知の末神奈川県内の公衆電話からということが分かる。
伊丹刑事部長の命令で竜崎は合同捜査の指揮官をとりに横須賀署へ赴く。

犯人が逮捕され、これで一件落着かと思ったところで
竜崎のアンテナがピンと反応するのよね。
そして、裏で糸を引いていた意外な人物が浮上するというわけ。
そうよ、そうよ、それでなくちゃ。

しかしこれって確か月刊誌の連載ものだった。
読み終えるのに1年かかるって・・・ムリムリムリ。
そんなに待たされるなんて耐えられないわ。
唐変木の竜崎伸也、なんて愛しいキャラクターなんでしょ。

またまた次作が楽しみです。
これから隠蔽捜査シリーズを読もうという方は
ぜひとも1作目から順に読んで欲しいナー。
(過去記事こちら)
by noro2happy | 2013-09-28 15:30 | book

「検証捜査」堂場瞬一

c0096685_22221680.jpg検証捜査  ・・・・・1326

お久しぶりの堂場作品。
そしてお久しぶりの警察小説。

警察小説って読んでる時はすっごい面白いのに
なんで、すぐ忘れるんだろ。
過去記事で堂場さん感想文を拾い読みしたんだけど
ほとんど覚えていない(;´д`)トホホ…
えっ?アタシだけ?

犯人知りたい、カラクリ知りたいで
ストーリーだけを追っかけちゃうからですね、きっと。
まぁそういう読み方もありだ!(キッパリ)

ということで、例によって記憶の糸口となるように
カバー表紙解説文から内容紹介をいただきます。
(文庫版はこれができるからいいね^_^;)

神谷警部補は、警視庁捜査一課の敏腕刑事だったが、
伊豆大島署に左遷中。
彼に本庁刑事部長から神奈川県警に出頭命令が下る。
その特命は、連続婦女暴行殺人事件の犯人を誤認逮捕した
県警そのものを捜査することだった。
本庁、大阪、福岡などから刑事が招集され、チームを編成。
検証を進めるうち、県警の杜撰な捜査ぶりが・・・。
警察内部の攻防、真犯人追跡、息づまる死闘。
神谷が暴く驚愕の真実!


どーよ、面白そうでしょ。
もっとも、この時点で面白くなさそうなら誰も買わないけどね。
映画の予告編と同じでここで引っ張らなくてどーする。。。笑

さてこっからが感想文ですが、
もろネタバレもありますのでヨッシャ読んじゃろうって方はここまでで。


不祥事って言えば神奈川県警ってくらい一時新聞を賑わしてたけど
ここまで実名で悪く書いちゃっていいのか?
って心配なほど、最低の県警だ。
さらに警視庁までが犯人隠匿の大芝居を打っていたとなりゃあ
一般ピーポーは一体何を信じりゃいいのさってなりますわねぇ、ピーポ君!
c0096685_2227645.jpg
←ぼく、ピーポ君!
━━━━( ´Д`)━━━━


そして主人公の左遷刑事神谷。
うーん、キャラ読みとしてはびみょーなところです。
嫌いなタイプではないけど、フツーの40男。
レイプされた過去を持つ女性刑事・凛との
フニャフニャとした恋愛模様が挿入されるんだけど
あれ、要らなかったなぁ。
第一、離婚された元妻も警察官なのにまた?
懲りないなぁ。
と言うか、やっぱ世界狭いんでしょうかね。

さらに意外な真犯人。
ここまでくればおわかりとは思いますが
警視庁内部の刑事だったんですね。
レイプして殺すのを貧乏ゆすりと同じ「クセ」という一言で片付けるようなやつが
東京での連続婦女暴行殺人事件の捜査チームの一員でもあったんです。
怖いですねぇ、有り得ないですねぇ。
神谷がかわいがっていた後輩でもあったというおまけつき。
結局、この前代未聞の不祥事を隠蔽するというカラクリを暴くお話だったんだ。

ラストは余韻といえばいいのか。。。これまたびみょー。
とはいえ、読んでる時は面白かったよ。
それが警察小説!

おまけ:
ストーリーとは関係ないけど文中でのとある刑事の言葉に「いいね」を。
電子書籍と比較して
「本っていうのは、文字を読むだけじゃないっていうのがよくわかった。
質感というのが大事なんだな」
激しく同感!
by noro2happy | 2013-09-19 22:39 | book

c0096685_22112442.jpg★★★★
転迷   ・・・・・#1149

先日の「みをつくし料理帖」同様
本書も毎度お楽しみにしているシリーズ物。
ちょっと他の警察小説にはない主人公の個性が光ります。
竜崎伸也、待ってたよー!!

「4」とありますが、実際にはシリーズ5作目。
間にスピンオフの「3.5」(こちら)っていうのがあったからね。

主人公の竜崎はキャリアの警察官僚ですが、公僕の鑑のような男。
公務員は国民のために働くという大前提の原理原則を貫くことによって
すべての事件を解決していくという設定が、ちょっと他とは違う、このシリーズの面白いところ。
(1・2・3についてはこちらをね)

今回は竜崎が所長を務める大森警察署、そして隣接の管内で複数の事件が起こります。
当初はまったく別の事件に思えたのですが、捜査を続けていくうちに関連性が。
被害者が外務官僚だったり、麻薬との関係があることから
ただでさえややこしい警察組織の壁に加え、他省庁との軋轢も。

警視庁刑事部長であり、幼馴染の伊丹俊太郎は竜崎に総指揮をとるように要請。
竜崎にとってはムチャ振り同然ですが、
刑事部長と交通部長が署長の指揮下に入ることを条件に承諾します。

正直、謎解きサスペンスと言うよりも竜崎に対峙する人たちのあわてぶりと言うか、
右往左往させられる様が面白いのかもね。
たかだか所轄の署長と侮っていると実は・・・っていう
水戸黄門のような痛快感もあるしね。

とはいえ、そろそろ大森署から離れ、しかるべき部署へ異動になっても。
いつまでも判子押しに悩まされるのは可愛そうだもんね。
by noro2happy | 2011-11-11 22:20 | book