c0096685_18580588.jpg

夕方の空。
ちょうどこれを携帯に収めたときに
台風が大船渡に上陸と、Yahoo!ニュースの速報。
大きな被害がないといいですが。。。

ほぼ同じ時間ごろ(と思われる)
お隣の区からはこんなWレインボーが見れたようです。



c0096685_20094563.jpg

アッコちゃん撮影(無断借用m(__)m)
インスタこちら(

昨日からお天気が目まぐるしい。
晴れたかと思ったら土砂降り。
明日からはすっきりしそうですが
気温も上がりそう💦💦💦



***


c0096685_20123801.jpg


最近のことですが、すぐ近くに古本屋さんがオープンしてました。
7月って言ってたから、まだほやほやね。

オシャレな雰囲気に誘われて中に入ってみました。
大半がワタシのテリトリー外でしたが
100円コーナーで見つけたから買っちゃった。


c0096685_20130928.jpg


しかし財布には万札しか入っていない。
9900円のお釣りってなんか悪いような気がして
もう一冊。
100円が200円になろうと大差ないけど(;'∀')

うれしいなぁ。
竜崎loveそもそものきっかけの第一作目。
もっかい読めるン~060.gif

感じのいいお店だったので
時たま覗いてみることにしよう。


***


もう一丁、どうでもいい話。
ここ数年、浴衣姿の女性をよく見かけます。
まんざら花火大会ばかりとは思えません。
というのも、多分
浴衣を着てくると割引になるイベントが多いからかなと。

別にそれはいいのですけど
いくらなんでもひどくない?
って着かたが多すぎるのですよ。
着崩れ感がハンパなくて、清涼感とは程遠い。

ホントなんだから。
どこかで襲われてきました?

こないだは丈がふくらはぎまでしかなくて
そこからご立派に太い脚がにょっきり出てて
大変失礼ながら、後ろ姿はバカボンのようでした。

もはや浴衣と思ってはいけないのでしょうね。
新しいファッションとう認識でいなければ。
どうせそういう格好はせいぜい20代まで。
さすがに30過ぎたら自然に着こなし方がわかる。。。と思いたい。

それでもやはり、昭和のおばちゃんとしては
あのグズグズ感に激しく脱力するのですよ。




☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
★Instagram★
↓click
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆







[PR]
by noro2happy | 2016-08-30 20:26 | 日々のこと

c0096685_16544346.jpg




江戸東京博物館で5日から開催されている
「大妖怪展ー土偶から妖怪ウォッチまで」を観てきました。
昔から幽霊や妖怪のたぐいが好きだったので
楽しみにしていました。

妖怪ウォッチなんてお子ちゃま狙いなところもあるし、
夏休みに入ったらめちゃくちゃ混みそうな気がしたので
今日しかないと思ってチャリ走らせたのですが。。。
激混みでしたァ~。008.gif

考えてみれば展示が始まって最初の日曜日。
甘かった。
お子ちゃまの心配してたら、圧倒的に若者が多かったです。
どうやら鬼太郎世代なんですね。



c0096685_17370064.jpg



でも、楽しかったです。
絵巻物や錦絵に描かれた妖怪たちは
オドロオドロしいというより
可愛いし、面白い。
昔の人の発想の豊かさに感心します。
ただ、土偶を妖怪に位置づけるってのはどうなのかな。




c0096685_16551448.jpg


グッズも充実してました。
コットンバッグ大好きnorimakiとしては
「一つ目小僧」と「のっぺら小僧」のトートバッグに
ものすごく心惹かれたのですが。。。
4,320円というお値段に躊躇。
結局買わずに帰りました(¯―¯٥)





c0096685_17000302.jpg


帰り道、フト空を見上げたら
ウォ~~~、まるでRISEのような太陽→TAEYANG→ヨンベ
(無視してください)
日輪っていうのを初めてみました。



:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
★Instagram★
↓click
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


[PR]
by noro2happy | 2016-07-10 17:40 | 日々のこと

神々の自然

今日の明け方?夜中だったかしら
雷と豪雨と風のすさまじい天気でした。

今朝の気象予報では
「午前中は、たとえ雨がやんでも突然降り出すので
傘は必ずお持ちください」
何度も言われたので久々に公共の乗物を使い
傘も持って出勤。
けど出番はありませんでした。
ま、良いことだけどね。

帰りはすばらしい夕焼けが見えました。
神々しいばかりの光と雲。
c0096685_22584345.jpg


そして回れ右すると虹も。
しかもダブルだったんだけど、上手く写らなかった。
c0096685_2259823.jpg


偶然にもこういうチャンスに遭遇すると得した気分になります。
それにしても蒸し暑いさは相変わらずだなぁ。
[PR]
by noro2happy | 2012-09-19 23:04 | 日々のこと

映像美「剱岳 点の記」

c0096685_21511212.jpg
★★★☆

大雪山の遭難事故で亡くなられた方のご冥福を祈りつつ「剱岳 点の記」を観てきました。

その険しさと、土地に伝わる山岳信仰のため登ってはならぬと恐れられていた山。
それが、立山連峰にそびえる剱岳。

ただ地図を作るというためだけのために、命がけで剣岳に挑んだ男たちのお話です。

原作は実話を基にした新田次郎の同名小説。
確か20代のころ読んだはずたったけど、内容はすっかり忘れていました。

日露戦争後、国防のために日本地図の完成が急がれる中、柴崎(浅野忠信)は前人未到といわれる剱岳の登頂と測量を命じられます。
地図の空白を埋めるためというだけでなく、当時の陸軍の威信のためでもありました。
日本山岳会のメンバーも登頂を計画しており、軍が民間に先んじられることは許されない状況での挑戦でした。

てっぺんに登るまでの苦労が描かれるであろうというのは容易に想像できるのですが、その想像を上回る大自然の本物の美しさは、大スクリーンで味わうべきかもしれません。
延べ200日以上にわたり立山連峰にこもり、空撮やCGを一切使わない映像はさすがだと思いました。
大きな荷物を背負い、わらじで雪渓を登る当時の男たちの姿もすごいですが、装備こそ進化したとはいえ、カメラ機材を背負いあの山に登った撮影クルーの姿を重ね合わせたのはワタシだけではないでしょう。

それにしてもこの暑さ、映像を見て少しは涼しくなった気がしました。
[PR]
by noro2happy | 2009-07-19 21:58 | 映画

アメリカデイゴ

c0096685_23102280.jpg
先日、映画を見に行ったとき。
シネコンのあるビルの敷地内に、ちょっと変わった樹を発見。
遠くから見たときは、葉っぱが紅葉しているのかと思いました。
でも、近づいてよく見ると、紅いのは花でした。
「アメリカデイゴ」ってプレートがかかっていました。
c0096685_23135023.jpg
デイゴってデイゴ~の花が咲きぃ~
の、デイゴ?
そういえば見るからに南国風の色合い。
さっそく調べてみました。
正確にはデイゴとは別種のようです。
アメリカデイゴの方が耐寒性があり、関東以南ではこの時季よく見ることができるらしい。
ふ~ん、知らなかったなー。
c0096685_2314522.jpg
ちょっと毒々しい感じではありますが、やっぱりきれい。
気をつけてみてるといろんな花や樹が身近にあるものですね。
鹿児島県の県木でごわす。
勉強になりました。

[PR]
by noro2happy | 2009-06-23 23:18 | 日々のこと