人気ブログランキング |

夫婦で熱川温泉*二日目

二日目の朝はもちろんお風呂から。
でもって湯上りはお約束の朝ビール。
飲まない人にはわからんだろうが、この非日常感たまらんのよね。

昨夜あんなに食べたのに、朝ごはんが恋しい。
おおそうだ、ふかしイモがあったっけ。
こんなん食べながらでもビール飲める奴なんです、ハイ・・・



c0096685_20501310.jpg
昨日と同じ個室で。


c0096685_20505490.jpg
お刺身はアジのたたきとマグロの赤身。

c0096685_20534611.jpg
珍しい、ところてん。
一気に突いてくださいって言われたけど失敗。
箸でほじくりだした。
でも自分でやるのが楽しいんだよね。
何年ぶりだろ。
和辛子がツーンとして美味しかった。


c0096685_20542463.jpg
タジン鍋です。
朝から食べごたえあります。
って、決して拒否しないんだけど。
そういえば、昨日は肉がひとつもなかったわ。

c0096685_20545979.jpg
アサリの味噌汁がこれまたたっぷり。
ドンだけ器が大きいかって言うと、温泉卵と比べれば分かるでしょ。

鯵の干物もついて、またまたご飯のおかわり。
なんで旅先の朝ごはんてこんなに美味しいんだろ。



今回の「玉翠館」、海からはチョットあるし
けっしてロケーションがいいわけでなし、
建物も古いんだけど、とにかくお料理が美味しくて
アットホームなくつろぎ感がありました。

帰るときには出来立ての温泉卵のお土産もいただきました。


c0096685_20553047.jpg
列車の時刻にはまだ間があるので
熱川の海岸をぶらぶら。
サーファーさんがいますねぇ。
風があるので結構波が高い。


c0096685_20561279.jpg
こちら海沿いの公衆露天風呂「高磯の湯」
誰もいない・・・
雄大な景色を観ながらでいいんだけど、
一人では逆になんか見られているようで落ち着かない。


c0096685_20581399.jpg
熱川アド街ック。
月曜日ということもあるかもしれないけど人がいないねぇ。
昔のように活気のある温泉街って今殆どなくなってしまった。
「兄さん、頑張らないでどうするズラ」by富士真奈美
って、知ってる人は殆どいないか・・・

バナナワニ園健在でした。
中には入らなかったけど外観だけ。
息子が小さい時に連れてったなぁ。
ワタシも小さい時連れてかれたなぁ。
長い歴史があるんだねぇ。

ということで、1泊2日の夫婦温泉旅。
何事も無く終了しました。

あっ、例の財布紛失事件がありましたね。
お財布は昨日無事に我が家に帰ってきた。
ほぼ奇跡だよねー。
財布の中には初詣のおみくじが入ってたんだけど
そこには「失物、程なく出づべし」って。
当たってたよー。

ありがたや、ありがたや。
by noro2happy | 2013-04-18 21:08 | 旅行とプチ旅

夫婦で熱川温泉*一日目

コメントやらツイやらラインやらで
お見舞いや戒めのお言葉頂戴いたしました。
改めて有難うございます。
実害はガスレンジ一つで済んだとはいえ
もしや人様にも多大なご迷惑をかけることになっていたらと思うと
改めてゾッとします。
年とともに注意力も散漫になり、うっかりミスが多くなります。
若い時以上に、いっそう気をつけねばと肝に銘じました。




さて、気を取り直して伊豆旅記です。

今回は一応結婚30周年ということで
珍しくもプロデュースby夫ドッコイ。
ワタシはといえばどこに泊まるのかも知らぬまま
ただくっついて行くだけのお気楽旅でした。

東京駅からスーパー踊り子号に乗り込み
軽く駅弁とビール。
この辺りは「また旅会」となんら変わりありません。
行き先は熱川と聞いてましたけど
何故か下車したのは一つ先の稲取。

港で釣り糸でも垂れようって魂胆だったらしいけど
どうやら思惑とは違ったようです。


c0096685_227328.jpg
のんびり感の稲取の港。
この船でキンメダイ捕りに行くのかなぁ。


c0096685_2281017.jpg
稲取といえば金目が名物ですが、街灯にもこんなオブジェが。
それとつるし雛も有名ですね。

港をぶらっと一周したあとは伊豆のパワースポット
別名「かやの寺」こと「済廣禅寺」へ。

c0096685_2291364.jpg
なぜか寝そべってる羅漢さんが可愛らしい。

c0096685_2295590.jpg
こちらが樹齢750年のかやの巨木。
よくわからないけどパワーをいただいてまいりました。

c0096685_221041100.jpg
稲取から熱川へは「リゾート21で」
普通電車ですが、海側はカウンターになっていて
オッシャレーな電車です。


c0096685_22132073.jpg
熱川に到着。
お宿はこちら「玉翠館」。
大正3年創業という老舗。
故に、新しくもなければ大きくもなく、エレベーターもなく
足の不自由な方とか、お年寄りには厳しいかもしれません。


c0096685_22142731.jpg
正面にでんと飾られたお花が見事。
ラウンジでウェルカムティーとお菓子をいただきながら
館内とお部屋の説明。
この時案内してくださった仲居さんが
最初から最後まで親切に対応してくれました。
距離感が近く、天然なんだか、なかなか面白い人でした。

フロントが3階でそのすぐ脇のお部屋でした。
近ッ。


c0096685_22151631.jpg
部屋の中には半露天風呂が。
もちろん源泉かけ流しで気持ちよさそう。
ドッコイは一息つくなりいきなりこっちのお風呂に入って満足そうでした。

ワタシはヤッパリ大きなお風呂よね~。
って、さほど大きくはないけれど
ほとんど人と会わなかったのでのんびり出来ました。
お湯は無色透明で柔らかかった。

ただ、1階のお風呂から3階のお部屋までの階段は結構きつい。
段差も高いし、行きはよいよい帰りは辛い。


c0096685_2216469.jpg
さて、いよいよお楽しみのお食事タイム~~~♪
お食事処へ移動。
こちらは個室になっているので他人のことを気にせず
落ち着いて食事ができました。
と言いながら、隣の人達の会話はよく聞こえたけど。


c0096685_22175991.jpg
仲居さんのパフォーマンス付き御刺身の盛り合わせ。
櫓の模型にお湯をかけると中にはいってるドライアイスから
思いっきり湯煙が上がる仕掛け。
ドヤ顔の仲居さん。
慌てて写真を撮るワタシ。
楽しい~(*^_^*)

c0096685_2218594.jpg
たっぷりのお料理を満喫。
ひとつひとつ丁寧に説明してくれたのに、
カニの所では一言「カニです」
見れば分かるわい、だけど笑った。

c0096685_2220099.jpg
で、こちらはこの辺りで捕れる赤座海老って言うそうです。
ボタンエビより一回り大きい。
赤くておしゃれなエビちゃん。
甘くて美味しかった。


c0096685_22203738.jpg
もちろんこれもありますニダ。
金目の煮付け!


なんか食べ物の写真ばっかですね。
たっぷりの美味しいお料理を満喫。
ワタシは筍ご飯も完食したけど、ドッコイはギブ。
すると、お夜食にとおむすびにしてくれました。

死ぬほど苦しいワタシを横目に
ドッコイは「ちょうど腹八分目だな」とぬかします。
なんだよ、ご飯食べられたんじゃん。
絶対満腹にしないドッコイのお口のきれいさには
いつもながら感心いたします。

c0096685_22211735.jpg
で、お部屋に戻るとなんとふかし芋のお夜食が待ってました。
う~っ、もう無理だす。
これ以上は拷問だす・・・
明日のおやつにしよ。

c0096685_2222269.jpg
寝る前はこちらの貸切露天風呂に。
チョット写真写りは池っぽいけど。
夜風が気持ちいい。
極楽、極楽。
あー、ここで一杯やりたかったなってあとで思った。

で、帰ってからまたビール飲んで
早々と10時過ぎには寝てしまったわ。


二日目に続く。
by noro2happy | 2013-04-17 22:32 | 旅行とプチ旅