人気ブログランキング |

タグ:日本語 ( 49 ) タグの人気記事

「はちつ(八つ)」に「人つ(ひとつ)」ねぇ。
今朝の新聞に載っていた、小学1年生の読みと書き取りのワースト1だそうです。
今の子はあんまりひとつ、ふたつという数え方はしないんでしょうか。
まぁ、せいぜいよっつくらいまででしょうね。
私が子供の頃はお風呂に入るたびに「肩まで浸かって、ひとーつ、ふたーつ」と始まったものですが。
また、年齢を聞かれると、たいてい「やっつ」とか「ここのつ」って答えましたが、今の子供達はきちんと「8才」「9才」って答えます。
そのうちいろんな数え方があるって覚えてくれればいいのですが。
そういえば、ひい、ふう、みいっていう数え方もありましたね。

いい大人だってかなり怪しいものです。
漢字の読みの方はPCで文字変換を行う際に結構大事ですが、書くほうはどんどん忘れていきます。
簡単な漢字も出てこなくなるし、自分の書いた字にも自信がない。
携帯などで文字の確認をすることもしばしばです。
とりあえず読みさえ出来れば書くほうはそんなに問題ないので、覚えようという努力もしなくなりますね。
これもまた「鈍感力」?

漢字の読みで思い出しましたが、小学校の何年ごろかは定かではありませんが、電車から駅名を読んでいて日暮里(にっぽり)を「ひぐれざと」と大きな声で読みました。
親は大爆笑で訂正してくれましたが。
ほかにも「こみや(子宮)がんてどこのがん?」とか千手観音を「せんてかんのん」と読んだり。
この3つはやけに克明に覚えていて、いまだに忘れられません。
by noro2happy | 2007-05-08 23:29 | 日々のこと

我が家のテレビはフランスワールドカップの年に買ったものなので、今年で丸9年になります。
テレビの寿命がどれくらいかよく分かりませんが、最近画面が突然消える現象が起きています。
BSの時は画面が真っ暗になり、音だけは普通に聞こえます。
地上波の時はザザ、ザザッという聞き苦しい音とともに画面が消え、ショップチャンネルの音に変わります。
いったん電源を落とし、暫くしてからつけるか、あるいはそのまま放っておくとまた、ザザ、ザザッという音とともに元の番組に戻るのです。

まぁそんなわけで、唐突にショップチャンネルの音だけを聞く機会が多々あり、面倒くさいのでそのままにしているのですが、声だけ聞いてるショップチャンネルって、すごく変ですよ。
何が変て、MCの言葉が変。
やたらと「させていただく」を多用しています。
「ご紹介させていただいております。
「使わせていただいてます」。
「お話しさせていただきます」。
すっごい、耳障り。
次に、ありえないほどのオーバーリアクション。
「うわっ、これホントすごいですね」。
「皆さまご覧ください、これが、こんなですよ」。
「こんなすごい効果があるなんて、正直な話し、秘密にしておきたいくらいですよ」
だったら、言うなーーー\(`0´)/
マシンガントーク炸裂で次々とあおる、あおる。
わざとらしいくらいのあの話し方。
うるさーい、って思っているのなら私もテレビを消せばいいのにねぇ。
さすがに購買意欲をかき立てられることはありませんが、なんだか、いつも黙って聞いてしまっているのはなぜ?

新しいテレビが欲しいなぁ。
地デジですよね。
液晶か、プラズマかぁ。
ひところより大分安くはなってきたようですが・・・
by noro2happy | 2007-04-11 22:19 | 日々のこと

驚きの二連発

♪ちょっとビックリ
会社のエレベータホールでのオッちゃん二人の立ち話。
「やっぱり、営業の方がピチピチギャルが多いなぁ」
それを聞いた私と同僚、思わず顔を見合わせてしまいました。
セクハラ発言は言うに及ばずだけど、それより「ピチピチギャル」って言葉に反応でした。
「おぉ、久しぶりに聞くぞ、その言葉」
「バブルの崩壊とともに消えうせた死語だ」
「いまだに言ってるかぁ」
「そんなやつはバブルへGoだ!!」

♪♪すっごいビックリ
先週後半、森進一の「おふくろさん」問題で記者会見した川内康範の耳毛はすごかった。
てっきりもみ上げが造反しているのかと思っていましたが、どう見ても耳の穴からでている。
へぇー、あんなに毛がはえるとは。
あれでは耳に虫が入る心配は無用だけど、小さな音はよく聞こえないだろうに。
カットしようとも剃ろうともしないのは、耳の穴だからだろうか。
鼻の穴ならそうはいかないはず。
恐るべし!月光仮面のおじさんの生みの親。
by noro2happy | 2007-02-26 23:09 | 日々のこと

例によって朝早く目が覚めてしまったので、夕べから読みかけの本をつらつら読んでいると、永井荷風も最近の(当時の)言葉に不平たらたらだったというくだりが。
昨日の続きという事でご紹介します。

松本哉著「永井荷風という生き方」(集英社新書)
『昭和7年9月16日のことだが、荷風の耳に隣家のラジオの天気予報が聞こえてきた。「北東の風」とか「南東の風」、そして「愚図ツイタ天気」と言っているのが気に入らなかったらしい。すこぶる奇怪なりと言っている。
荷風によれば、呉等従来「北東」「南東」などの語を知らず、「東北」「東南」と言いなれている。また、愚図々々しているという言葉はあるが、愚図ついているという言葉は聞いたことがないと言うのだ・・・』

へぇー、という感じでした。
方角のいい方はともかくとして、ぐずついた空模様とか、子供がぐずってなんて普通に使っていましたが、荷風のように言葉を紡ぐことを生業としている人が言うんだからそうなんでしょうね。
イメージとしては分かりやすいんだけれどなぁ。
やっぱり言葉は生き物ですね。

ところで、著者の松本哉さんですが、10年と少し前くらいですか、一時お仕事でかかわったことがありました。
残念なことに昨年の10月に亡くなられまして、この作品が最後のものとなってしまいました。
このことについては、本を読み終えてから、いずれ改めて書きたいと思います。
永井荷風という生き方
松本 哉 / / 集英社
ISBN : 4087203646
スコア選択:
by noro2happy | 2007-01-18 19:30 | book

職場で気になった言葉

今日、仕事の依頼書の付箋に書かれていたメッセージの最後の一言が気になりました。
「今年もよろしく、どうぞ」だって。
もちろん、私は相手の方とは面識がありません。
仕事の電話とか、挨拶の時なんかで無意識に使っている人がいますが、どうも気になっていたんですよね。
どうぞよろしくが本来だと思うのですが、いつから「よろしく、どうぞ」になってしまったんだろうって。
それでもまだ耳で聞いているうちは仕方ないかとも思うのですが、文字にするとおかしくないですか?
そのうち、「よろおね」がまかり通るようになったりして。
トホホ(x_x;)

ついでに、営業関係の人が良く使うみたいですが、「なるほどですね」という言葉。
なるほどと言えばいいものを、何でわざわざ「ですね」?
丁寧に言ってるって感じがするのかな。
あっ、それとも地域によってはこういう言い方があるのかな。
だとしたら納得なんだけれど。

さらに続く。
若い人がよく言いますが、コピるって言葉。
PC入力時に、「そこはコピって貼り付けました」って感じで。
複写機を使う時にはコピるとは言わないですね。
まぁ、グーグル検索がググるだからねぇ
by noro2happy | 2007-01-17 19:41 | 日々のこと

私だけ?

今の子供は童謡なんて歌わないのでしょうが、私が子供の頃、それこそ「三丁目の夕日」世代では、母親が子守唄代わりによく歌ってくれました。
歌を聴いているだけではよく意味の分からなかった歌詞がたくさんありました。
かなり大きくなってからも、なんか変な言葉だなと思ってたのは私だけ?
以下、知っている人はぜひ歌いながら見て欲しいな。

「赤い靴」
♪あかいくつ はーいてた おんなのこ
いーじんさんに つれられて いーっちゃったー♪ の
いーじんさんとは? 異人さんつまり異国の人のことなのですが
いーと延ばしているので異人さんという言葉が浮かびません。
イージンという人の名前だと思っていました。

「月」
♪でた でた つきが まあるい まあるい まんまるい
ぼーん の ような つきが♪
これも ぼーんがわからなかった。
もちろんお盆のように丸いという意味ですが
ぼーんという別物があるのだとずっと思っていました。
これは ♪おぼんのような つきが♪ としてほしかった。

逆に「お」をつけたために分からなくなったのが、
♪かあさんおかたを たたきましょ たんとんたんとん たんとんとん
おーえんがわには ひが いっぱい♪
そうですお縁側です。
が、どう聞いても「応援側」という風に聞こえてしまうのですね。

こうしてみると、子供の歌って言うのは音符一つに対して一語のほうがいいですよね。
それにしても、いまだにこんなことにこだわっている私が変?
by noro2happy | 2006-12-06 23:10 | 日々のこと

ボーダーライン

今日のランチの時、私のバッグを指差して40歳ちょいのお友達が、「そのカバン、こっちへ置く?」と聞いてきたのです。う~ん、カバンか。私はバッグと言うかなと思ったので、「やだ、Kさん、今カバンって言った」と、突っ込んだ。すると彼女は「うそー、自分の中ではバッグだったのに、本当にカバンって言いました?」と。
その後の成り行きで、言葉の言い換え話に花が咲きました。
例えば、トックリセーターかタートルネックか。
チャンネルは「回す」ものか「変える」か。
映画の「切符」か「チケット」か、といったような。
さすがにハンガーを衣紋掛けといったり、傘をこうもりという人はいなかったのですが、30前半の人でもチャンネルは「回す」のようでしたね。
小さいころからお茶の間で家族と一緒に見ていたから、親の言い方がそのまま身についているんでしょうね。
今度は別のお友達が「年配の人ってブランド品をメーカー品て言いますよね」ですって。
うん、うん、確かに聞いたことがある。私は年配の人かもしれませんが、メーカー品とは言わないわよ。まぁ、ニュアンスは分かるけどこれも考えると不思議な言葉ですよね。
さらに話は続き、「じゃあ、これ知ってる?」と、何だか懐かしのもの認知度テストみたいになりました。ももの花(ハンドクリーム)は30代の人でも知っていましたが、ロゼット洗顔パスタは知らないみたい。おばちゃんたちにはお馴染みだった白子さんと黒子さんなのに。究極はミクロゲンパスタでした。これら3つはもちろん今も売られているのですがね。
因みにミクロゲンパスタは眉毛に塗ると濃くなるというクリームであります。
by noro2happy | 2006-11-29 20:02 | 日々のこと

Do you know?

隣の部屋の、付けっぱなしのテレビから「レオパード柄」という単語が何回か聞こえてきました。ファッション情報のようなコーナーで、どうやらヒョウ柄のことを言うらしいのです。
ヒョウ柄という言葉はすっかり定着して誰もがわかるのに、あえてレオパード柄とするところがよく分からなかったのですが、この冬のトレンドらしいですよ。
でもあとで考えてみると、従来のヒョウ柄のイメージとは一線を画したいという思いがあるのだということに気が付きました。
ヒョウ柄と聞いて真っ先に浮かぶのは浪花のオバちゃんでしょうか。
ヒョウ柄のスパッツは関西オバちゃんの定番とヨシモトのお笑い芸人さんも言っていました。
その次がおミズ系? ヒョウ柄のミニスカートとか。
そんなイメージを払拭するためにも、あえてのレオパード柄なんですね。
見るからにアニマルという使い方ではなく、シューズやコートの袖口とかバッグの柄とかにさりげなく使うというのがおしゃれなんだそうです。
でも、この言葉浸透すると思います?
いいじゃない、ヒョウ柄で。分かりやすいし、いいやすい。
若いお嬢さんだって、いちいち「あら、このレオパード柄、かわいい」なんて言うかしらねぇ。

何でも横文字にすればカッコいいという風潮、すたれませんねぇ。
だったら、と言わせてもらえば、歯磨き粉、下駄箱、筆箱この言葉もう少しどうにかならないかしら。
シューズボックス、ペンケースと別の言葉はあるけど、いまいち使い勝手が悪い。歯磨き粉にいたっては代替外来語さえ浮かばない。実際の歯磨き粉(歯ブラシを水でぬらし、缶に入っていた粉をブラシにつけていた)を知っている世代としては、せめて歯磨きチューブとしたいのですが・・・
えーっ、それともおばちゃんが知らない別の言葉があるの?
ならば誰か教えてーーー!!
by noro2happy | 2006-11-22 23:58 | 日々のこと

☆「気になる」が気になる

「では、気になる今日のお天気です」
「さて、気になるお値段ですが」
「気になるお味のほうは」
「気になる恋のお相手は」
「気になる今後の行方は」
ワイドショーのレポーターやナレーションは
何で、いちいち頭に「気になる」をつけるんだ。
世の中そんなんに気になることばかりか。
いじめや税金の話しならともかく、芸能人のかばんの中身なんざ
あたしゃ、ちっとも気にならないぞ~~!!


☆出た~ぁ、よろしかった星人

「100円がおひとつ。100円がおひとつ。
こちら200円ですがよろしかったでしょうか。
200円がおひとつ、全部で420円になります。
520円のお預かりでよろしかったでしょうか。
レシートとお釣り100円でよろしかったでしょうか。ありがとうございました」

以上、byダイソー錦糸町アルカキット店 レジのお姉さんでした。
この間の私はずっと無言。
大体、よろしかったって何?。
よろしいでしょうかなら分かる。かったと過去形になる意味は?
お釣り100円でよろしくないと言ったら多く返してくれるのか。


はい、次回の展開が気になる「変だよね~」でした。
今日はこんなところでよろしかったでしょうか。
by noro2happy | 2006-11-13 19:34 | 日々のこと