c0096685_17131912.jpg




新刊で遅れを取っているので
そこそこ古いものの中から良さげなものをピックアップ予約している今日この頃。
読みたいときにすぐ読める利点。


上下巻の結構なボリュームでありましたが
スピード感とドキドキで、やめられない止まらない。
最後まで、どうなるの?どうなるの?で落ち着かず、
ほぼ1日で読み終えてしまいました。
大藪春彦賞、吉川英治文学賞、日本推理作家協会賞の
トリプル受賞作品です。

過酷な生活を強いられた南米移民の生き残りたちが
日本国家を相手取って起こす復讐劇。
そんな昔でもない、たった55年前の話しなのに
知らないことがいっぱいありました。


政府の募集で夢膨らませブラジルに渡った衛藤と妻、そして彼の弟。
しかし、当初の約束とは大違い。
騙されたように連れてこられたのはアマゾンの奥地。
開墾も出来ない土壌とマラリアや黄熱病との闘いに破れ
移民たちは次々と命を落としていきます。

衛藤も妻と弟を亡くし、入植地を出ることを決意します。
絶望と貧困の放浪生活の末、なんとか身を立てた衛藤は
かつての仲間・野口を訪ねるため入植地へ戻ります。
しかしそこに居たのは野口の幼い息子ケイだけ。
野生児のような姿で一人で暮らしていたのです。

十数年後、思いを共有する衛藤、ケイ、松尾、山本の4人は、
呪われた過去にけりをつけるため
日本政府に対する復讐劇を開始します。
それは移民政策の当時の責任者を人質にし、
政府にある要求を突きつけることでした。

テレビ局の外務省担当記者・貴子を巻き込み一気に加速。
とにかくケイのキャラがたっていて
娯楽性はほぼこの人のお陰かも。
サンバとカーニバルのお国にしても、チャラ過ぎだよ。
しかも前半と後半では別人のようになってしまってるwww



虐げられたものが国家に一泡吹かせようってところで
奥田英朗さんの「オリンピックの身代金」を思い出しましたが
なんだろう、それよりはずっと砕けた感じ。

過去と現在、日本と南米
それぞれが交錯する中、山あり谷あり。
棄民、復讐劇とヘビーなテーマの割には爽快でした。
オススメの一冊です。





[PR]
by noro2happy | 2016-09-18 17:40 | book