人気ブログランキング |

タグ:味覚 ( 283 ) タグの人気記事

最初で最後の・・・

ひぇ~、雪だぁ!!
朝起きたらなんと雪が降っていました。
日・月曜と、夫と二人で盛岡から十和田湖の方を回ってきました。
(たまには夫にも付き合わないとね)
今年は一度も雪を見ることなく冬を終えたと思っていたのに、思いがけず4月の雪でした。
土曜日の東京は夏日で、私も半袖のTシャツで動き回っていたものですから、東北とはいえ大したことはなかろうとタカをくくっていたらこの始末。
約一ヶ月前に大分へ行ったときは春物のコートで十分だったのに、あらてめて日本は縦に長いのねぇ、と実感しました。
c0096685_21412720.jpg






春はまだ先? 
雪の十和田湖は
水墨画の世界でした


東京の雪は嫌いですが、温泉地での雪となると話は別。
久しぶりの雪見露天風呂を満喫しました。
暖まっちゃ冷やし、冷やしちゃあ暖まりと、いくらでも入っていられる。
うーん、最高でした。
で、その後は冷たいビールで喉を潤してから、朝食です。
朝っぱらからビールなんてと、ヒンシュクをかいそうですが、家でできないことをするのも旅の醍醐味といえますね。

そうそう、昨日の宿の夕飯で「煎餅鍋」というのを食べました。
実は以前から南部煎餅が入っている鍋があると話には聞いていたので、一度食してみたいと思っていたのですが、まさかここで食べられるとは。
汁は醤油をベースにしたもので具は鶏肉と舞茸やワラビといった山菜と、タップリのフキ。
ここに適当な大きさに割った南部煎餅を数枚入れます。
煎餅がなんとなくクターッっとなったところでいただきます。
口に入った感じはお麩のようだけれど、噛むと歯ごたえがあってしっかりしてます。
だし汁がジワーッとしみて、おいしーい!!
フキを鍋に入れるというのもなかなか東京人には思いつかず、意外な具材でこれまた私好みでありました。
南部煎餅というので岩手の鍋かと思っていましたが、青森あたりでよく食べられているそうです。
こんどの冬はわが家でもやってみようと思いました。
by noro2happy | 2007-04-17 21:54 | 旅行とプチ旅

味覚について②

昨日まで大キライだったのに、ある日突然大好物になったそのモノとは私の場合パクチーでした。
香菜(シャンツァイ)、やコリアンダーとも呼ばれているものです。

初めて食べたのは今から25年くらい前でしょうか。
大阪の「海皇(ハイファン)」という海鮮料理店でした。
白身魚のお刺身の上に、刻んだナッツ類と一緒にトッピングしてあったのですが、
一口入れたとたん、「ナンジャコリャー」の松田優作状態(フルーッ)となりまして。
思わず飲み込んだものの、その後もずーっと口の中に独特の香りが残っていました(友人はカメムシの味といいます)。

以来、どんな料理でもパクチーだけはちまちま取り除いていたのですが、
ある時、神田小川町の「刀削麺」という店で、たんたん麺を食べていたところ、
すっかり取り除いたと思っていたパクチーでしたが、残っていたんですねェ、
麺と一緒に食べてしまったのです。

ところが、その時の口中内の絶妙なハーモニーといったら、目からウロコ、口からヨダレ(は、ない)なんておいしいんだろう~~(@_@)(@_@) 
取り除いたパクチーを思わず器に戻してしまったほどです。
それ以後、中華、エスニック料理には欠かせない素材となってしまったわけですよ。
ああ、味覚のまか不思議さよ。
皆さんはそんな経験ないんですかねぇ。


by noro2happy | 2006-10-28 22:17 | 味覚

味覚について①

昼間スーパーに行ったらサンマが一尾50円で売られていました。
このところ100円位が相場だったからこれは安い! 
ということで、今晩の我が家の夕食はサンマの塩焼きに。
カボスと大根おろしを添えて・・・うーん、日本の秋の味覚ですね。

味覚といえば私、ここ数年の間にすっかり「辛味」の世界のとりこになってしまいました。
若い頃は七味やタバスコさえもほとんど必要としなかったのですが、
思えばタイ料理や韓国料理に目覚めてからでしょうか。
ところがこの「辛味」には多分に慣れが影響し、
どんどんエスカレートしていくのですよね。
七味一振り、2振りが5振りになり、
七味が一味へと変わり、さらに7振り8振りと・・・
こうなってくると通常の人の平均的辛さというのが
自分の味覚では分かりかねるようになり、
カレーを作っても自分では甘めの感じでテーブルに出すと、
家族からは「カラーイ!!」と大ブーイング。
友人からは「あんたみたいなにわかが一気に極辛ばかり食べていると胃がんになるよ」と脅されるし。
でもやっぱり好きなものは好き。

もう一つの好物(?)がお酢。
これも昨今のブームの黒酢や香酢やフルーツ酢といったものじゃなく、ごくフツーの米酢でいい。
子供の頃から何にでも酢をかけて食べていた。
特に醤油との相性が一番だと思っていたから、
今みたいにポン酢なんてものがまだなかった時代、
自分で適当に合わせ、オリジナルのマイ酢醤油をかけていました。
納豆にかけるのが好きだったのですが、
これをやると家族から「なんだか一週間くらいはきっぱなしの靴下の匂いがする」とひんしゅくをかっていたものです。

もう一つ味覚について、昨日まで大嫌いだったものが突然大好物になったということはありませんか?私にはあったんですが、これについてはまた後日という事にします。

by noro2happy | 2006-10-22 17:30 | 味覚