人気ブログランキング |

台湾名所レポ(下)

今朝は歩いていたら、チラホラと舞ってましたよ、雪が。
寒い寒い。
しばらくまた10度以下の日々が続くようです。
2月ですものね、仕方ないですが春が待ち遠しいなぁ。

さて、台湾3日目から。
おっと違った、その前に。
2日目の夕食後、土林夜市へ行ったのでした。
日用品から雑貨、洋服などなど、さまざまなものが所狭しと並べられて縁日のような賑わいです。
いずれも安かろう悪かろうなんだとは思うけど、それを承知で値切り交渉とかしながら買うのがまた楽しいのね。
c0096685_20334263.jpg
夜市の写真はうまく取れませんでした。
よって、夜市でティッシュを配っていた天使君。
それに片言の日本語を話すイケメン君をパシャ。
イケメン君のお店でばら撒き土産用ポーチを3つ買いました。

さて、では3日目。
台北からホンのちょっと移動。
山あいにある九份という町へ。
c0096685_20421572.jpg
先ずは黄金博物館へ。
かつての金鉱の町を今に伝える博物館。
大して面白くなかったけど、ここにある世界最大の金塊はなかなかのもの。
220キログラム。
触るだけでパワーをいただけるそうで、ワタシも思わずなでなで。
ま、まばゆい黄金のアリさん。

c0096685_2045326.jpg

c0096685_20465295.jpg

c0096685_204722100.jpg
聖明宮というお寺。
色合いは派手ですが、タイの寺のようにキンキラではありません。
マット系におさえてあります。
寺に施された彫刻に興味があるので、写真もかなり撮りました。
三国志にちなんだものが多いのですが、ガイドの陳ちゃんはそのつど「レッドクリフ」といいます。
日本的にはそのほうが分かりやすいと思ったのかな?

c0096685_20481170.jpg

c0096685_20484366.jpg

c0096685_20499100.jpg
九份は「千と千尋の神隠し」のモデルとなったといわれる場所です。
確かにノスタルジックな雰囲気のある町並みです。
人・人ぴっちゃん、すごい混雑。
小さなお店がたくさんあって一軒一軒除いてみたかったけどツアーの悲しさ。
時間がありませんでした。
次回ここはリベンジしたいところです。

c0096685_21114546.jpg
午後は野柳地質公園へ。
潮風や荒波の浸食によって作り出された奇岩が連なります。
左の写真は女王岩といいます。
うん、横顔ね。

さらにテレサ・テンの墓とか、淡水の翡翠湾を眺める橋を渡ったりしたけど別にどうということはなかったです。
ツアーで連れて来られなければわざわざ行くことはないでしょう。

この日のホテルはすでに書きました、北投温泉の水美温泉会館。

最終日は「行天宮」「三峡祖師廟」といった寺巡り。

とまぁ、こんな感じでした。
と、突然の失速?

c0096685_20544995.jpg
お家への土産はお茶と紹興酒としました。

お疲れ~っス024.gif
by noro2happy | 2010-02-12 21:15 | 旅行とプチ旅

台湾名所レポ(上)

ポツポツと台湾旅行のことを書いていますが、このあたりでいっちょ自分の備忘録のためにレポをまとめておこうと思います。
といいつつも、すでに忘れているなぁ。008.gif

チャイナエアライン017便、30分遅れで成田を出発しました。
e-チケの手続きが混雑していて、今回またたび会4人、初めて全員がバラバラの席。
しかもワタシ一人がかなり離れて、JA団体さんのど真ん中に放り込まれました。
往きの楽しいおしゃべりが出来ず、座席にはモニターもなく。
3時間半のフライトがとても長く感じました。
とか言って、半分寝てたんだけどね。037.gif

c0096685_2136888.jpg
夕方5時半、桃園国際空港到着です。
ツアー総勢19人。
うち、男子1人。
ご夫婦で参加はたった一組であとはみんなおばちゃん。
元気だ~066.gif
現地ガイドは陳ちゃん、美人です。

c0096685_21392134.jpg
ゴージャスなバスに乗り、1時間弱くらい高速道路を走れば台北市内。
ほどなくホテルへ到着です。
「福華大飯店」(ハワードプラザホテル)は中央が吹き抜けアトリウムラウンジになっていて、とても開放感があります。
ピアノの生演奏が聞こえてきました。
お部屋も広くてとてもすてきでした。
c0096685_21435280.jpg
やたらお高そうな焼き物や中国風の絵画や紫檀のインテリアなどがあちこちに・・・

翌日から市内観光です。
午前中は、中正記念堂、忠裂祠。
午後からは故宮博物院を見学というのが主なスケジュール。
c0096685_21461811.jpg
【中正記念堂】中華民国の初代総統・蔣介石のための記念堂。
堂というにはあまりにも大きいです。
「中正」は蔣介石の本名だそう。
雨、本降りになりましたねぇ。

c0096685_21465376.jpg
【忠裂祠】正門の衛兵さん。
1時間ごとの交代だそうですが、その間は痛かろうが痒かろうが微動だにしません。
身長180センチ以上で容姿端麗、エリート中のエリートのみが選抜されているそうです。
(期待したほどではありませんでしたが・・・)
記念撮影はOKですが、決して触ってはなりませぬ。
c0096685_21493577.jpg
えっ、こんなかっこうで1時間?
んなわきゃあ、ない、ギネスに挑戦じゃあないんだから。
衛兵交代の儀式の途中です。

c0096685_2152637.jpg
午後からは故宮博物院へ。
世界で一番有名な白菜と角煮といえば?これだ!!005.gif
白から緑に変化する珍しい玉鉱を白菜に見立てて彫刻されました。
角煮も天然の石です。
豚の毛穴から、とろ~っとした脂身までが天然石の塊だって。
確かに見てるだけでビールが飲みたくなる。
それにしても、この白菜と角煮を見に世界中から人が訪れるんだからすごいもんです。
いや、それ以外にも興味深いもんはありましたよ。
でも、何しろ広くて、疲れた~というのが正直な感想。

っと、一気に書き上げるつもりだったけど、ハァ~・・・
ここらで一旦休憩とさせていただきたいと思います。
by noro2happy | 2010-02-10 22:07 | 旅行とプチ旅

台湾グルメの巻き

台湾へ行ったらここ、といわれるほど有名なレストラン。
我々も行きました。
といっても、所詮ツアーについてる食事だからそうそう期待は出来ませんが。

c0096685_22312654.jpg
★「梅子餐庁」梅子レストランです。
写真で見ての通りです。
(なんて、大雑把な・・・)^^;
他には干し大根入り玉子焼きやイカ団子、ハマグリのスープなど全部で10品くらい。
味はどれもおいしかったです。

ただねぇ~、料理が出てくるのが早すぎるの。
遅くてムッとすることは多々ありますが、早すぎて困ったことは初めてです。
とにかく次々とお料理が出てきて、食べるのに追いまくられるのにはまいりました。007.gif
このレストランに限ったことではないのですが、急いで食べないと円卓が満杯になってしまうのです。
せっかくの紹興酒でしたが、ゆっくり味わう暇なんぞ、ございませんでした。

聞けば、台湾の方々はレストランでお酒を飲むことはあまりなさらぬようで。
ササッと食べて引き上げていくらしいのです。
我々にしてみればはなはだ落ち着かない食事タイムでした。

c0096685_22334224.jpg
もう一軒は
★「鼎泰豊」(ディンタイフォン)
台湾には4店しかないのに、日本には12店舗を構える点心専門店。
いかに日本人好みかわかりますよね。
ワタシも日本第一号店が新宿髙島屋にオープンしたとき、並んで食べましたモン。
これなくしては語れないというほど有名な小籠包を。
先ずは小皿にお酢、醤油、に針生姜をひたしたものを用意しておいて。
レンゲの上に小籠包を置きます。
お箸で穴をあけ、ジュワーッとあふれた肉汁を飲んだら、用意しておいた酢醤油をかけ、針生姜を乗せていただく。
う~ん、おいしかった。
他には野菜肉入り蒸し餃子、海老入り餃子、豚肉入り饅頭、餡子入り饅頭など定かではありませんが、6種類ほどの点心をいただきました。
それに塩味のチャーハンとあんのかかったスープがこれまたとってもよいお味でした。

こちらも猛烈なスピードでお料理が出てきたけどね。
お店の外には行列が出来ているし、回転を早くしたいのでしょうね。

c0096685_22491266.jpg
今回はツアーなのでメニューも決まったものでしたが、次の台湾には絶対フリーで行きたい。
飛び込みで入ったお店はとてもおいしかったし、屋台にも行ってみたい。
台湾料理は韓国やタイ料理のようにアクが強くなく、誰にでも好まれる万人向けの味。

デザートもおいしそうだしねぇ~。
次回は台湾グルメツアーを決行するぞ!!

058.gif   058.gif   058.gif   058.gif   058.gif


最後にちょっと脱線しますが、海外でウォシュレットをみたのはディンタイフォンのトイレが初めてでした。
これだけ日本で普及しているウォシュレットですが、今まで海外でお目にかかったことは一度もありませんでした。

といっても、ワタシの僅かな旅行経験なんで、スンバラしい一流ホテルには着いているのかもしれませんが。
しかし、ウォシュレットだけではありません。
もっと驚いたのはトイレには専属の係りの方(若い女性)がいて、一人が個室を出るたびにサッと便座を拭いてから次の人を案内します。
実に衛生的かつ細やかな心遣い。
ですが、またまたビロウな話になりますが、「大」をした場合はちょっと恥ずかしい・・・
ああ、ごめんなさい、このような残り香を置いていってしまって。
その女性に謝りつつ個室を去らなくてはならないような。

by noro2happy | 2010-02-09 22:49 | 味覚

思い出したかのように、ポツポツと台湾旅行記。
今日は美容と健康編どすえ~。036.gif

★台湾式シャンプー&頭皮マッサージ
c0096685_2247836.jpg
先ずは、初体験の台湾式シャンプーです。
行ったところは、『ヘアーサロン林(Lin)』。
とっても広い美容室です。

鏡の前の席につくと、最初に首・肩・肩甲骨の辺りをマッサージしてくれます。
シャンプーはそこに座ったまま。
髪の毛を塗らすこともなく、シャンプーの原液(?)をブチュ~っと。
肩にはタオル1枚だけだし、大丈夫かと思いましたが、これなら液が顔に流れてくることもありません。
頭皮をぐいぐいマッサージしながら泡立て、ヘアーごとモコモコと頭のてっぺんに泡を積み上げていく感じ。
ロングの人は東京タワーが突っ立ってるよう。
ワタシはショートなので、せいぜいキューピーってとこ。
すすぎは日本のように仰向けスタイルの、お流し台へ移動。
シャワーの水圧がかなり高くて、これまた気持ち良しでした。
リンスもしてくれるのかと思ったら流すだけ。
もしかして、リンスインシャンプー?
先ほどの椅子に戻ってブローで終了。
この間20分ほどでしょうか。
確か250元くらいなので約700円。
お手ごろ金額受けられるヘッド・スパ。
日本にもあればいいのに。

他の美容室もそうなのかは知りませんが、ここは鏡の横にテレビが1台ずつ付いていました。
パーマやカラーの時には暇つぶしになっていいですね。
ワタシ担当のおにいさんは、シャンプーしながらずっと目線はテレビでした。
しっかりやれよ。

★足ツボマッサージ
c0096685_22301071.jpg
さて、お次はイタ気持ちいいの代表、足ツボマッサージです。
足を乗せる台の下に、足湯が格納されていました。
ちゃんとそれぞれにお湯栓がついています。
ポカポカしてきたところで、おもむろにマッサージ師さん登場。
ちゃんとした漢方の先生らしいです。
足ツボは何回か経験していますが、いつも痛いとこは同じ。
指先を1本ずつ引っ張られるのが苦手で、「ギャッ」って叫んでいました。
ふくらはぎまでジックリとマッサージしてもらったら、靴がゆるゆるになっていてビックリ。
むくみとかが取れたんでしょうね。
軽やかになりました~♪


★うぶ毛取り
c0096685_224817.jpg最後はこの写真。
『占い横丁』の道端でやっている顔のうぶ毛取りです。
口にくわえた2本の糸で上手にうぶ毛をはさみ、ぷちっ、ぷちっと抜いていくのです。

今でこそ有名ですが、その昔、もう30年以上前かな。
「なるほどTHEワールド」(懐かしいねェ~)で、糸でうぶ毛を取る技を見たんですよ。
それとおんなじでした。
が、残念、ワタシはやってません。
だって、顔に粉ふり掛けて真っ白になるって言うから。
このままホテルに戻るんならいいけど、バカ殿状態で歩くのはカンベン。
でも、次回行くチャンスがあったら、絶対トライしたい。
ツルリンになるらしいですよぉ♪
by noro2happy | 2010-02-04 23:01 | 旅行とプチ旅

台湾湯煙の巻き

c0096685_21471856.jpg
ウワァ~オゥ~
天気予報が大当たり。
都心でも雪が降ってきました ☃ ☃ ☃ ☃ ☃

朝の天気予報で、夜から雪になり23区内でも5センチくらい積もるって言ってましたが。
今朝は結構暖かかったし、またまたー、雨どまりじゃないの?なんてタカをくくっていたのですが・・・
この分では本当に積もりそう。
わーい、初雪だわ~なんて、とても素直に喜べない都会の雪。
明日は電車の遅れやら、道路の凍結やらで大変そう、グスッ。
えーん、おうちに居たいよぉ~ん。
なんてお子ちゃまぶっても可愛かないか。

気を取り直し。
雪といえば、露天風呂、温泉、ですよね。
やや強引なもってき方ではありますが、今日は台湾での温泉のことを。

そうです、台湾には温泉があるんです。
訪れたのは台北市内からすぐ近くの新北投温泉
ここは台湾三大名湯だそうです。
町には硫黄の香りが漂い、湯煙が上がり、いいじゃん、いいじゃん。
草津?箱根?ってなもんです。

ワタシたちが泊まったホテルは「水美温泉会館」
大浴場は5種類くらいの湯船があって、お湯は無色透明。
あんまり温泉ぽくはありませんでした。
浴室は薄暗く、ブラインドも閉じてあるので外はほとんど見えません。
まぁ、見えたとしても日本のようなオーシャンビューやマウントビューというわけには行かず、温泉街が見えるだけですが。
c0096685_2148911.jpg
でも、ここのホテルのお部屋がまたなんともいい感じでした。
アジアンテイスト溢れるとってもおシャレな雰囲気。
暗くて分かりにくいかもしれませんが、ベッドの向こうには畳の小上がりがあります。
ヤッパリくつろげますねぇ。
お部屋のお風呂ももちろん温泉。
二人いっぺんに入っても十分な広さです。
ヒノキのすのこが敷いてあって、写真には写っていませんが半畳ほどの洗い場にはハンドシャワーがついています。
大浴場は朝8時からなので、お部屋で朝風呂いただきました。

c0096685_2149483.jpg
1.洗顔ソープもボディソープもこんなにおしゃれな陶器に入っています。
2.木箱にはドライヤーやシャワーキャップなどのワンセットが収められています。
3.なんだか分かりますか?この中にペットボトルが隠れていました。
4.お茶セットもステキ。お持ち帰りしたいくらいでした。

町を流れる川も温泉。
公衆露天風呂がありますが、こちらは混浴なので水着着用です。
すぐ近くには能登の「加賀屋」さんのホテル建設が進んでいました。
今年の秋ごろのオープンを目指しているそうです。
北投温泉で加賀屋おもてなし、ぜひ泊まってみたいところ。
by noro2happy | 2010-02-01 22:23 | 旅行とプチ旅

まったりゆったり

休暇中の仕事がたまり、忙しいことは忙しかったけど、2日行ってまたお休みってのはうれしいこと。
予定は入れなかったので、家の片づけをしたら後は自由よ~ぉ。024.gif
夫ドッコイは仕事だし、爺さんはイレギュラーだけどデイ・サービスが入り、これまた自由よ~ぉ。032.gif
旅行中にあちらこちらでもらってきたチラシやパンフレットの類を整理・・・やるかなぁ?
やんないだろうなぁ。
後で見ることはほとんどないんだけど、とりあえず記念に持ってきちゃうことが多いです。
几帳面な人はきちんとファイルなどするのでしょうが、結局まとめて袋に入れたまんまってパターン。
「〇年〇月 △△旅行のいろいろ」袋がいくつもたまってます。
でもやっぱ、捨てられない。

そうそう、そんなことより最優先事項が。
録画しておいたドラマと映画を見なくちゃ。
あ~ぁ、一人のんびりと、勝手気ままにお気に入りの番組鑑賞。
至福のときを過ごしましょう。

056.gif   056.gif   056.gif   056.gif   056.gif   056.gif


写真だけはとりあえずPCに移動させました。
ゆる~~ぃ写真をいくつかアップです。
c0096685_23165282.jpg
本格仕立てが1枚2500円とは安いっス。
さすがオダメド???

c0096685_23174033.jpg
台湾のマック見っけ。
無理です、絶対読めません。

c0096685_230037.jpg
よくお店の入り口にある、濡れた傘を入れるなんてことない傘袋なんですがぁ。
右は長傘用で、左は折りたたみよう。
これは気配り感じませんか?

c0096685_230354.jpg
見れば分かる、お写真ポイント。
こっから撮るのが一番でっせぇ。

by noro2happy | 2010-01-29 23:22 | 旅行とプチ旅

c0096685_2221118.jpg
昨日台湾から帰ってまいりました。
家に着いたのが夜の11時半。
朝が早い夫ドッコイを起こさぬように、そーっと。
洗濯物だけ取り出して、後はスーツケースもそのままに。

当然ながら、今朝の正直な気持ちは「だ~りぃー、会社休みて」。
が、お仕事あってのワタシの旅。
決してあだやおろそかには出来ませぬ。
肝に銘じて、元気(?)に出勤いたしました。

またたび会、今年度初の海外旅行である台湾ツアー。
楽しかったです。
残念ながらお天気は曇りまたは雨、最後の日だけ晴れということで、あまりパッとしませんでしたが。
でも、食べ物はおいしかったし、ホテルはよかったし、温泉も堪能したし。
台湾の人たちはみんな感じがよくて、日本語もかなり通じます。
いよいよとなったら、共通文字の漢字を使えるのも強み。
たとえばレストランでお酢を持ってきてくれるように頼んだのですが通じません。
そこで紙に「酢」と書いて見せると「ああ、スー」と。
(だからスって言ってんジャン)
初めての国なので、ヘェ~、ホォ~の感想もいろいろ。
このあたりのことは、おいおい書いていこうと思います。

ところで、今回利用したのはチャイナエアライン。
初搭乗です。
安全面でイマイチ不安があったり、機内食がまずいというイメージでした。
しかも以前、事故が起こる周期が4年に1度、冬のオリンピックイヤーっていうのを聞いていたのです。
えーっ、今年はその年、、、、、。
正直、どうーよって思わないこともなかったけれど、くじに当たらぬワタシは、事故にも当たらぬ。
根拠のない強い信念で何事もなく。
by noro2happy | 2010-01-28 22:32 | 旅行とプチ旅