c0096685_16544346.jpg




江戸東京博物館で5日から開催されている
「大妖怪展ー土偶から妖怪ウォッチまで」を観てきました。
昔から幽霊や妖怪のたぐいが好きだったので
楽しみにしていました。

妖怪ウォッチなんてお子ちゃま狙いなところもあるし、
夏休みに入ったらめちゃくちゃ混みそうな気がしたので
今日しかないと思ってチャリ走らせたのですが。。。
激混みでしたァ~。008.gif

考えてみれば展示が始まって最初の日曜日。
甘かった。
お子ちゃまの心配してたら、圧倒的に若者が多かったです。
どうやら鬼太郎世代なんですね。



c0096685_17370064.jpg



でも、楽しかったです。
絵巻物や錦絵に描かれた妖怪たちは
オドロオドロしいというより
可愛いし、面白い。
昔の人の発想の豊かさに感心します。
ただ、土偶を妖怪に位置づけるってのはどうなのかな。




c0096685_16551448.jpg


グッズも充実してました。
コットンバッグ大好きnorimakiとしては
「一つ目小僧」と「のっぺら小僧」のトートバッグに
ものすごく心惹かれたのですが。。。
4,320円というお値段に躊躇。
結局買わずに帰りました(¯―¯٥)





c0096685_17000302.jpg


帰り道、フト空を見上げたら
ウォ~~~、まるでRISEのような太陽→TAEYANG→ヨンベ
(無視してください)
日輪っていうのを初めてみました。



:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
★Instagram★
↓click
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


[PR]
by noro2happy | 2016-07-10 17:40 | 日々のこと

今日は健康診断の日でした。
午前中で終わってしまうのですが
午後休を取ってチョット行きたかったところへ。

会社指定のクリニックは上野にありまして。
ならばついでに東京国立博物館で開催されている
「ほほえみの御仏」に行こう!
なんて数日前から楽しみにしていました。

でもまずはなんたって、お昼ごはん。
昨夜の食事は早い時間に軽めに。
その後は飲まず食わずでお腹が減りすぎてます。

で、これまた昨日のうちからタイ料理にしようと決めてました。
クリニックから東博までの途中にある
「シャー・トムヤムクン・ポーチャナー」です。




c0096685_16314361.jpg

迷わずカオマンガイセットにしました。
もちろんwith beerもね。

「今日はアルコールは控えめに」と
バリウム検査のあと、言われていたにも関わらず
そんなことすっかり忘れて
覚えているのは「水分たくさんとって下さいね」
っていう自分の都合にいいコトだけ。(^_^;)


カオマンガイはご飯の味付けもちょうどよく
鶏の旨味がジワッときて美味しかった。
これでパクチーがテンコ盛りされてたら言うことなしなのに。。。




c0096685_16440073.jpg

お腹もタップリ満足したところでお目当ての東博へ。

日韓国交正常化50周年を記念して
それぞれの国宝半跏思惟像が2像公開されています。


c0096685_16453778.jpg

韓国からは「国宝78号」と称される仏像が。
日本からは、ワタシの大好きな仏様の一つである
奈良・中宮寺の「半跏思惟像」です。

なにしろ2体だけの特別展という贅沢さ。
2つの仏像は四方がガラス張りのケースに納められ
向かい合わせに展示されています。
説明文も短く、とにかく仏像だけをしっかり見て下さいって感じ。

見ましたよ、だから。
韓国と日本の半跏思惟像の間を
何度も行ったり来たりして。
チョット離れて、くっついて、
しゃがんで下からも360度。

どちらも伏し目がちに指を頬に当て思案しながら
穏やかなほほ笑みを浮かべて
鎮座してらっしゃいました。

大きさ自体は中宮寺の半跏思惟像のほうが大きくて
全体のスタイルもバランスがとれ、美形。
その点韓国のはザックリ言ってしまえば顔がでかい。←コラコラ
でもね、腕や胴体がシュンとして、ずっと見てるといいんですよ。
それぞれの個性を見比べるのも楽しいと思います。
でも、なんたってタイトル通り、微笑みによる癒やしだな。
救われるって感じがよく分かる。

会期が異常に短いので(7月10日まで)
気になる方はお早めに。
因みに今日は平日だったせいか、
そんなに混んでなくてじっくり見ることが出来ました。

***

一旦家に戻りましたが、今夜は武道館へ。
FTISLANDの追加公演とれちゃいましたので
またまた行ってきまーす。
忙しい、忙しい。





[PR]
by noro2happy | 2016-06-24 16:53 | 日々のこと

c0096685_19440518.jpg

OSと一緒に、江戸東京博物館で開催中の
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」特別展を観てきました。

ダ・ヴィンチは画家としてはもちろん、
解剖学、地質学、建築家としても名を馳せ、
まさに天才として知られる人です。
それだけにいろんな分野にスポットを当てた展覧会があり、
これまでもいくつか観てきました。
その中では、今回の特別展は、比較的地味めな印象を受けました。

ダ・ヴィンチ自身の作品としては、手稿や素描が中心だからですかね。
あとはその影響を受けた、その他の画家さんの絵がたくさん。

目玉は日本初公開の「糸巻きの聖母」です。
モナリザに繋がるぼかし技法が用いられている
極めて貴重な絵画ということです。
英国外に出品されるのは77年ぶりだそう。
ま、そんな希少な作品を間近で見たということで満足しました。




c0096685_19474564.jpg

心満たされた後は、お腹を満たさねば。
ランチは以前から気になっていた
「両国テラスカフェ」でいただきました。
ここにはアスリート食堂も併設していて
一汁三菜の健康的なラン食を提供しています。

店の片側はこたつカフェとなっていて
ズラーっと掘りごたつが並んでた。
靴脱ぐのが面倒くさいのでテーブル席へ。



c0096685_19445847.jpg

アスリート定食にしてみました。
まさに一汁三菜。
三菜は3の三乗(で、あってるのか?)27通りのパターンから選べます。
量少なめの小鉢を想像していたら
一品、一品がそこそこボリューミー。
メインはサバの唐揚げ。
上に乗ってるカリカリ梅や桜桃?など手が込んでいましたよ。
全体に味付けは薄味でしたがいかにも身体によさ気。

といいつつも、ワタシたちはランもせず
(あ、ここまではチャリンコできましたけど)
もちろん、写ってないけど泡もね。
ハートランド旨しでした。



c0096685_19452730.jpg
お店のすぐ裏手は安田庭園です。
そういえば、こんなに近いのに中に入ったことが一度もなかった。
なので、この機会に行ってみました。

清澄庭園ほどは広くなく
お世辞にも管理が行き届いてるともいえませんが、
無料だし、のんびりベンチでおしゃべりするには良いところでした。

うーん、庭園のバックには国技館が見えてるのに
あのマンションが、Pic的にはチトおじゃまでございました。





[PR]
by noro2happy | 2016-03-05 20:25 | ちょっとお出かけ

すごかったですねー(関東地方限定ですが)
今日の明け方の雷。
ゴロゴロ、バリバリ、ついでにガラガラゴーと。
たまらず目が覚めてしまいました。

そういえば
「くわばらくわばら」というのは
江戸時代の雷除けの呪文だったと
以前何かで読みました。
そりゃ、昔の人は今以上に雷を恐れたでしょうから。

ということで、ムリヤリ感なきにしもですが
勝手につかみはOKとして
昨日行ってきた東京江戸博物館に話を移します。

リニューアルされた常設展がなかなか楽しかったので、ほぼ写真のレポです。
そのわりに、見てみたら写真の出来がよくない。
結構暗かったしぃ、って言い訳しても始まらないので
とりあえずアップ。



c0096685_19392309.jpg
長~いエスカレーターを登った先は
建物の最上階、6階。
って、写真下りだしぃー(_ _;)





c0096685_19425889.jpg
いきなり視界に入るのがお江戸日本橋~♪
存在感あるわぁ。

日本橋を渡りますと、江戸の町並みが広がります。





c0096685_19454172.jpg
精巧なジオラマ。
備え付けの双眼鏡で細部まで見ることが出来ます。
模型の人形がとってもリアルに市井の人々の様子を再現しています。




c0096685_19593445.jpg
実際に担いだり振ってみたりの体験も。
左上の天秤棒は・・・肥桶。
26キロ。
そんなへっぴり腰じゃぁ、てめえにかかっちまうぞ
って、大変だわ。^^;

火事場の纏は16キロ。
魚の天秤棒は14キロ。
男は? 腰っ!! byでぃらいと




c0096685_19475217.jpg
出たっ!越後屋。
ごめん。
越後屋って言えば
「おヌシも悪よのぅ」しか出なくてホントわりい。




c0096685_20383498.jpg
錦絵ができるまでの工程も興味深い展示でした。





c0096685_20134906.jpg
江戸城本丸
大広間、松の廊下、白書院。


6階と5階の半分を占めた江戸ゾーンに続いては
江戸から東京へのゾーンが広がります。





c0096685_20225331.jpg
浅草12階こと「凌雲閣」の模型。
当時の12階建て建物って相当だったんでしょうね。
関東大震災まではあったらしいけど
何故か、子供の頃よく歌った唄。。。唄?
は、よく覚えています。

歌います、というか唱えます。

いろはに金平糖(こんぺいとう)
金平糖は甘い
甘いはお砂糖
お砂糖は高い
高いは12階
12階は怖い
怖いはお化け
お化けは消える
消えるは電気
電気は光る
光るはオヤジの禿頭。

世代だなぁ・・・
って、アタシ何時代よ(T_T)
こんなどーでもいいこと、絶対忘れてていいのに。



c0096685_20261244.jpg
家具調テレビに
高度成長期、あこがれの団地の一室、魔法瓶、平凡パンチ
懐かしいものいろいろ。

この辺りからはシニア限定。
思わずフレームつけて懐かしのアルバム風に。

ツボすぎて、ちょっとうるさいです。




c0096685_20274864.jpg
きゃー、洗濯機。
2本のロールの間に洗った洗濯物を挟んで
右のハンドルで巻き上げて絞る。
のしイカ状態でロールの間から出てくるんだわ。
薄っぺらいものならよかったけど
厚ぼったくて大きなものは子どもの力ではハンドルが回せず
苦労したわよ。



c0096685_20290225.jpg
ううぉ、右側の小さいのは冷蔵庫。
上の段にでっかい氷を入れて冷やす。
我が家はかつて甘味屋をやってたので
この3倍くらいの業務用の冷蔵庫があって、
爺さんがかき氷を作ってました。



c0096685_20295137.jpg
教室の机と椅子。
でも、一人がけになったのは中学になってだな。
小学校の時はこれがつながった二人用。
真ん中に線書いて、はみ出したのなんのっていっちゃあ
隣の男子と喧嘩してた^^;


c0096685_20291669.jpg
スバル360。
高校ン時の担任の先生が
これ乗って通勤してた~♪
既にその時は時代遅れでしたけど。笑





c0096685_20303292.jpg
ついこの間って感じだわ。

中央にあるのはiMac。
これ欲しかったんだ。
デザインが可愛くて。
左のVHSは「東京ラブストーリー」
かんちっ!ヾ(*´∀`*)ノ

「TOKYO」という雑誌に記憶ないけど
表紙は竹野内豊だね。

iMacの右にあるのは命短しだったポケベル。
♪ポーケーベールがならなくて~
ヒィ~~~、あったなー、そんな唄(^_^;)


なんか、途中から昭和懐古調になってしまいましたが
とにかく楽しい常設展でしたよ。




c0096685_20402189.jpg
ミュージアムで千代紙買いました。
さっそく1枚を四六版用のブックカバーに。
一番下の黄色のものはお店の包装紙です。
こちらも可愛いのでカバーにできる♪

あと、Tシャツを悩んだのだけど、とりあえず保留。
ここならいつでも買いに来れるからね。





[PR]
by noro2happy | 2015-05-21 21:06 | ちょっとお出かけ

トントンと予定を消化

年に一度の股関節の定期診断のため、病院へ。
よって、本日はお仕事休業。

検診の結果はいつもの通り。
ワタシの人工骨は経年通り順調にすり減っているようです。^^;
レントゲン写真に
(といっても、放射線科からオンラインで送られてくるPC画像ですが)
先生が分かりやすく線を入れて
X軸とY軸との座標から割り出した所によると
16年半たった右足の骨頭は3ミリほど上にずれてました。

プラスチックのお椀を金属のスリコギで
日々ガリガリとやっているようなものだからね。
そりゃ削れていって緩んでいくのも納得。

20年はもたないと思ってねー、って先生。
今すぐどうのではないけれど
パーツの入れ替え手術、
2年、3年ぐらいを視野に入れといたほうがよさそう。

となるとやっぱり仕事してるうちのほうがいいかな。
入院期間は2週間ぐらいなので
病気治療限定でしかつかえない、積立休暇30日分を充てられるし。
なーんて事をおぼろげに思ったりして。

まぁ、いっか。
再来年あたり、真剣に考えよう。


***


さて、続いての予定は病院のすぐ目と鼻の先にある東京江戸博物館へ。
GW中は激混みの中で観た「大関ヶ原展」も既に終わり
いまはNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」をやってました。
でも、ワタシはそっちは興味ないのでスルー。
お目当てはリニューアルされた常設展。



c0096685_16530161.jpg
日本橋をセンターに「お江戸」と「東京」に分かれています。

いやー、うわさ通りの面白さ。
時代劇のセットのような江戸の街並みや
大掛かりなジオラマはもちろんですが
意外にツボだったのが「現在の東京」。

激変する1960年台から現代までを10年刻みで紹介してるんだけど
もろリアルタイムで育ってるワタシとしたら
もう懐かしいもののあれこれ。

常設展、1日中とは言わないけど
確実に半日は楽しめそう。
ここでは長くなるので、後日改めて詳しく書くつもりです。


そして本日の締めは「まる玉」のラーメン。
フフフ、ここまできっちり予定通りさ。



c0096685_16523767.jpg
あおさラーメン味玉入り、with レモン~💕
あは~~~ん、旨い!美味しい!!
時々モーレツに食べたくなる
白濁鶏スープに極細麺。
ああ、満足満足。


今日は自転車で回ったけど
まさに薫風、風が爽やか。
でも、日差しは強い。
また焼けたかな。


帰ってからたまらず泡泡、プシュッと缶をね(^_^;)
で、そのまま昼寝。
で、2時間後(ゲッ、そんなに寝たんだ)
これ書いてます。
あー、ひとりの午後、至福すぎて嬉しすぎた。

お仕事中の方、ごめんなさい。



***


おまけ:
やっぱり「LOSER」日替わりクリップなのね。
本日はTAEYANG!
実はヨンベのストーリー一番気になってたの。
見たいような、見たくないような・・・
午後9時 要チェックですぞ。




[PR]
by noro2happy | 2015-05-20 17:00 | 変形性股関節症

行列の末に

c0096685_16093226.jpg



ブランチを兼ね、たまにはカフェで読書タイム@ALLPRESS ESPRESSO
大人の時間だねぇ。
おだやかに時が流れていきます。

ブルーボトルコーヒーとの相乗効果で
それより古くからあった個性派カフェもさらに注目を集め
いまやすっかり注目のカフェの街になったわが地元です。


063.gif


昨日の続きを書かせていただきます。

でね、あれから
延々並んだわけですよ。
もう、することもなく、本もないので
ひたすらWMでBIGBANGのXツアーの音源聞いて。
これは、公開リハ待ちよ。
あるいは出待ちよ。
得意の妄想劇場で耐えること120分。

ようやく、ついに、甲巻始まりの場所へ。
このとき午後8時55分。
立ち止まらないよう促されるので
できるだけゆっくり歩きながら観賞。
にもかかわらず、見終わって時計を見てみると
たった、2分\(◎o◎)/!

この展覧会、前期と後期に分かれてまして。
各巻とも、前期は前半部分のみが本物で、
後期に展示される後半部分は写真パネルなのです。
(>_<)(>_<)(>_<)
因みに、19日からの後期は、この逆になります。

なんで一度に見せてくれないのでしょうか?
会期が半年ぐらいあるのならまだ許せるけど
たった、1ヶ月と10日。
まとめて見せてくれよ~ん~(T_T)

ということで、本物賞味時間はといえばたった1分。
距離にして5メートルでしょうか。
なんという時間効率の悪さ。

驚いたことに、会場を出てみるとまだ最後尾は120分待ちの札。
閉館は11時を回りますね。
トーハクの職員の方々もお疲れでしょうねぇ。
目が埴輪になってました。。。

ワタシとて、5時に会社を出てから4時間半。
飲まず食わずの立ちっぱ、歩きっぱ。
日頃ライブで鍛えておいた?足腰とはいえ
さすがどっと疲れました。

c0096685_17385893.jpg

それにしても、
これまでいろいろな行列に並びましたよ。
でも、我が人生でもここまで頑張って並んだのは初めてではなかろうか。
そして、目にしたものは、待ち時間に匹敵するものだったのか。
問題はここですね。

正直微妙です。
もちろん4巻は期待していたとおり良かった。
なかでも待たされた甲巻は特に。
擬人化された動物たちが愛らしかったり、
生意気そうだったり、とにかく生き生きと描かれて、
ユーモアと癒やしと安らぎの絵でした。

でも、それにしても短すぎる。
あっという間に終わっちゃう。
もっとゆっくりと、好きなだけ眺めていられれば
感動もひとしおだっただろうに。

そのあたりが、同じく並んだ末に鑑賞できた
日光月光菩薩とか阿修羅像と違うところ。

引き続き、後期を見に行こうという強者はどれだけいるんだろうか。




[PR]
by noro2happy | 2015-05-09 17:44 | ちょっとお出かけ

c0096685_18590084.jpg


懲りもせずに上野にやって来ました。
とっとと退社して、目指せトーハク。

今日は金曜日なので夜8時まで開館。
この時間帯なら、こないだのようなことにはならないよねー。
前回100分待ちだった、館内に入るまでの時間、
やった、待ち時間なし。
よっしゃーと喜び勇んで入館。
しかし、そこで待っていたものは、一番人気の乙巻を観るまで120分だとぉぉぉ(T_T)
ああ無情。

しかし、ここまで来たらもう引き返せません。
甲巻のみ、8時までに並んだ人は開館時間を延長して観れるそう。
乙丙丁はその限りではないというので、
とりあえず先に待ち時間が少ないそちらを観ることに。
(それでも30分位は待ったかな)

で、只今はと言うと乙の列に並んで30分ほどたったところ。
本持ってくればよかったな~。
まさに、暇なう。
そうだ!
暇つぶしのブログ更新。←オイッ

しかし、みんな偉いね。
文句一つ言わずにお行儀よく並んでいます。
ワタシのようなお一人さまが多い。
この分じゃ、グッズもすごいならぶんだろうなー。



[PR]
by noro2happy | 2015-05-08 18:35 | ちょっとお出かけ

今日も暑かった東京です。
何もいきなり毎日毎日夏にならなくても。。。

c0096685_19073437.jpg

上野公園、噴水池のところには涼を求める人がたくさん。
この写真を撮るちょっと前には
10人ぐらいの子どもたちがこの中で遊んでました。
もちろん立入禁止なのですが、親も黙認。

間もなく警備の人が拡声器を持って呼びかけました。
「水の中に入ってはいけません。
きれいではありません。
お子さまが病気になるかもしれません」

病気ってwww

写真の正面に見えるのが
トーハクこと、東京国立博物館本館。
そうです。
その奥にある平成館の『鳥獣戯画展』を観に来たのですが。。。
100分待ち。
100分か・・・長い。
風はあるけど日差しが強い。
こんなところで100分か・・・。

やめた。
今日のところはやめとこ。
上野ならいつでも来れるさ。
おばちゃんは諦めるのも早い。

でもせっかく来たのだからと
隣りの表慶館でちょっと興味深い展示があったので
そちらを観て来ました。



c0096685_20142446.jpg
表慶館は西洋チックな重厚な建物。
中央と左右にドームがあります。


c0096685_20225983.jpg

中はこんな感じ。
バロック様式っていうのかな?
よく分からないけど。


c0096685_20243803.jpg

でもって、興味を惹かれたのはこれ。
「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

このポスターのロゴが強烈じゃないですか?
インドのイムって読むんじゃないよ 041.gif
手塚治虫さんの「ブッダ」チックとも言えるか(^_^;)

展示物はなかなかよかった。
普段は奈良や平安、鎌倉時代の仏像ばかりだけど
原点はインドですものね。

ガンダーラで発達した釈迦の生涯をたどる仏教説話の美術が面白かった。
キリスト誕生を祝う宗教画と似てますね。

鋳物や木彫といった日本のものと違って
ほとんどが石に彫られたものでした。
お顔も彫りが深いイケメン多し。
面白いのは女性の形で表された仏様たち。
豊満な胸と細いウエストをくねらせた
セクシーブッダもいらっしゃいました。


c0096685_21372581.jpg

お気に入りはこちらの摩利支天立像。
すごいパワフルでカッコいい。


グッズ売り場ではインドの仏カレーなんちゅう怪しげな(?)レトルトカレーも。
でも、630円て、高くない?


てなわけで、3日連続の美術展ネタになってしまった。
のわりに、大した中身がなくてすみませぬ。






[PR]
by noro2happy | 2015-05-04 21:47 | ちょっとお出かけ


c0096685_20201772.jpg

昨日ですが、両国の江戸東京博物館で開催されている
「大関ヶ原展」を観て来ました。
徳川家康没後400年記念特別展です。


c0096685_20195257.jpg
会場に入るなり、このバックとなっている合戦絵巻屏風がお迎え。

あまたの古戦場の中でも
とりあえず、名前を知らない人はいないであろう「関ヶ原」。
天下分け目の「関ヶ原」。
どんだけ長い戦いだったのかと思いきや
合戦自体はわずか1日の出来事。
でも、その1日が日本の運命を決めたんだなぁ。
歴史って面白いね。

もともと戦国時代から江戸幕府開府あたりまでが
ワタシのツボでもあり、
かつ、去年まで観ていた黒田官兵衛のドラマの記憶も新しく
説明ボードを読みながらほうほうと頷いてました。

松坂桃李君演じる黒田長政が、父親を越えられずに悩みながらも
関ヶ原の戦いではいい仕事してましたよね。
それをしっかり裏付ける書状などもあり
なかなかの策士ぶりも伺えてニンマリ。

後ろで喋ってた若者がえらく詳しいので
思わず聞き耳を立ててしまいましたが
どうやら、戦国ゲームの影響のようでした。

それはいいんだけど
普通の美術展はせいぜいヒソヒソと感想を語る程度ですが
この展覧会、やたら私語が多いぞ。
歴男・歴女・ついでに歴ガキも、うんちく語りたいのか、
どちらかと言えばヲタ系の濃い会話が聞こえてきした。笑
ま、勉強になりますけどね。

それにしても、甲冑などの保存の良さはすごいのね。
なんであんなにキレイなまま残っているのか謎だわ。

昨日は11時半に入口に並びましたけど
ちょうど30分ほどで入館できました。
GW中としては良いほうかな。
でも、見終わって出てきた時には・・・

c0096685_20205542.jpg


増えてた(^_^;)

常設展もリニューアルされたので
見てしまいたかったのですが
関が原終了後に改めて出直すことにしました。
自転車でチョチョイの距離なのでね、
こういう時は楽ね。


***

おまけ;
今日もいいお天気でだったのでメインミッションの衣替え。
毛玉がたっぷり着いたセーターとか
家で着ることもって思ってたけど
結局着ないので捨てることに。
ゴミ袋2つ分くらいを断捨離。

明日はいよいよ鳥獣戯画展、行けるかなぁ。
着々と予定を消化してるぞ。




[PR]
by noro2happy | 2015-05-03 20:38 | ちょっとお出かけ

c0096685_21413526.jpg

今年新年に掲げた目標。
「抹香臭い女になる」と書きました。
はい、はい、誰も覚えちゃいませんね。
いいんですけど、別に。

そんな、目指せ!仏女のアタシとしては
押さえておきたい展覧会。
上野の東京国立博物館で開催されている
「みちのくの仏像」展を鑑賞してきました。

東北の三大薬師と称される、黒石寺(岩手)、
勝常寺(福島)、双林寺(宮城)の薬師如来像をはじめ、
東北6県を代表する仏像が出品されます。
(パンフレットより)

「東北6県を代表する仏像が集結!」
とあるのですが
本館の特別5室という展示室に
全部合わせても19品という小規模な展示。
雨が幸いして?
混雑具合もそれほどではなく
仏像の裏まで覗き込み
荒々しいノミ跡ひとつひとつまで
じっくり詳細に鑑賞することが出来ました。



c0096685_21501324.jpg

筋骨隆々の十二神将立蔵に荒々しさと躍動感を感じ
最後の円空作の地蔵菩薩立像のホッコリ感に癒やされました。

そして、別の意味で食いついてしまったのが
黒石寺の薬師如来座像。
説明文に坂上田村麻呂という名前をみつけた。
愛読書「火怨」のアテルイとの因縁を思い出しました。
坂上田村麻呂がアテルイの降伏を勝ち取ったあと60年後に
田村麻呂から東北支配を受け継いだ人々によって
薬師如来座像が作られたそうです。
眼差しは鋭いのですが、包み込む優しさがありました。

美術的価値がどうとかというよりも
全体に、人に寄り添った温かい印象を受けました。
悟りとか、教えってよくわからないけど
やっぱり仏像って癒やされるなぁ。


ラクラクと鑑賞できたので余力あり。
常設展の方もサクッと見て回りました。



c0096685_21504676.jpg

写真撮影はどれも不可と思ったけど
こちら12神はOK。
今にも動き出しそうな躍動感。
なんか、このフォーメーションEXOだぁ~?
(知らないけど)
センターポジション取ってるのはアタシの巳。



[PR]
by noro2happy | 2015-02-08 22:17 | ちょっとお出かけ