人気ブログランキング |

タグ:ミステリー ( 70 ) タグの人気記事

c0096685_17493229.jpg


★★★★☆
オリンピックの身代金   ・・・・・#1144

昭和39年夏。
10月に開催されるオリンピックに向け、
世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。
この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。
そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。
同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた。
しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。
警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、
一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ・・・。
(ハードカバー帯から)


おもしろかったなぁ。
奥田さんといえばライト系伊良部と、最近読んだ純平だったから
こんな重厚かつシリアスな小説を読めるなんて思いもしなかった。
無知無知、ヒジョーに恥ずかしぃー。
ただ、前半の勢いが終盤にやや衰えてしまったように感じたことが唯一残念でした。


前代未聞の身代金奪取を企てる大学院生・島崎国男。
その事件の捜査を行う警察官落合昌夫。
オリンピック最高警備本部の幕僚長の息子であり、島崎とは東大同級生の須賀忠。
若干のタイムラグを保ちながら、物語はそれぞれの視点で綴られていきます。

秋田の貧しい小作農家から東京へ出稼ぎに出ていた兄が、
オリンピックの工事現場で突然死したことがきっかけで
島崎は期間限定で、飯場の世界に足を踏み入れることになります。
彼がそこで知ったのは、あまりに理不尽な格差社会。
東京の繁栄を尻目に、全身塩まみれになりながら
ただひたすら肉体を捧げるだけしかない底辺の男たちの実情。
やり場のない憤りは、やがて国家権力へと向かっていくのですが
このあたりの心情がとっても丁寧に描かれていて、
ついつい島崎に感情移入してしまいました。 

昭和39年ってこんなだったんだねぇ。
オリンピックの成功は全国民の悲願。
そのためにはどんなことでも我慢するってムード一色。
リアルタイムと言うには幼すぎたけれど
街の様子、言葉遣い、生活感、実名登場の皆さん。
その時代、場所に居たものとしては共感や、懐かしさや
いろんな思いが胸に去来しました。

今後また東京でオリンピックが開催されたとしても
ここまでの盛り上がり絶対にはないだろうな。
奇しくも明日は開会式が行われた10月10日。

 五機のジェット戦闘機が編隊を組んで現れた。
 綺麗なカーブを描いて隊がばらけた。
 そして機体の尻から煙を吐いて、
 それぞれが大きな輪を空に描き始めた。
 一分ほどで五輪のマークが青空に浮かびあがった。


11歳の誕生日にこの目で見た光景は今でも鮮明に覚えています。

by noro2happy | 2011-10-09 17:56 | book

東野圭吾「麒麟の翼」

c0096685_22494756.jpg★★★★
麒麟の翼   ・・・・・#1132

夕べはあと50ページくらいで読了、というところで睡魔に勝てず撃沈。
ところが今朝はなんたることか、4時過ぎにすっきりと目覚めてしまいましたの。
おかげでどうやら読み終えることができました。
(何しろ後がつかえとるからね)

「赤い指」「新参者」に続く加賀恭一郎刑事シリーズです。
「新参者」(過去感想文はこちら)よりは読み応えがあって面白いと思いました。
タイトルの「麒麟」は日本橋(地名でなく本当の橋のほう)の橋梁にある像です。

その麒麟像の下で、胸にナイフを突き立てたまま男が倒れていました。
男は搬送先の病院で息を引き取ります。
それから間もなく、犯人と思われる若い男が見つかるのですが
職務質問をしようとしたところ逃走、その際に車にはねられ
意識不明のまま亡くなってしまいます。
自供を得られぬまま、被疑者死亡で書類送検し
捜査は終了するかに思えたのですが・・・

被害者が全く接点のない日本橋で殺されたことに、違和感を持つ加賀。
被害者の行動の裏に見えてきたのは水天宮と、日本橋七福神。
そこからあぶりだされたのは被害者の息子と、三年前の事故。
これらのつながりが明らかになるにつれ、事件は意外な結末に。

謎解き部分に若干の無理があるような気がするものの、
東野さんらしい読みやすい文章でスイスイと物語に入っていけました。
このスイスイは、加賀イコール阿部ちゃんの
ビジュアル効果もあるかもしれないけど。
東野さんも、加賀の表情などかなり阿部ちゃんを意識して書いてるのでは?
なんて思わせる部分もチラホラ。

スリルとサスペンスといったミステリー要素よりも
親子の情愛小説として読ませていただきました。

でも、一番興味深かったのは、舞台がほぼ地元ってこと。
さすがのド方向音痴のワタシでも
加賀の足取りが頭の中で描けるってのは読んでいて楽しい。
ですが、安産の神様として有名な水天宮が
水難避けの神様でもあったっとは知りませんでした。
このあたり、涼しくなったら改めて町歩きをしてみたい気にさせられました。
by noro2happy | 2011-07-27 22:57 | book

c0096685_2151495.jpg


★★★★
グラスホッパー   ・・・・・#1127

テントウムシさんから、「マリアビートル」を読むんだったら
その前に「グラスホッパー」を読んどくといいですよって、教えていただきまして。
さっそくレンタルいたしました。
かなり前の作品なので、すぐ借りられた。

けど、一方の「マリアビートル」はまだ155人待ち。
8ヶ月かかってやっと半分かぁ。
手元に来るのは来年かな。
トホッ。。。
それまでにこっちの内容を覚えていられるか不安。
なので、忘れないためのメモメモ的感想文。
ネタバレもありです。

妻を轢き殺された「鈴木」は
その犯人の父親が経営する非合法のヤバイ会社にもぐりこみ、復讐の機会を狙っている。
しかし、そのチャンスが何者かに横取りされた。
鈴木の目の前で犯人が車に轢かれたのだ。
その直前に、彼の背中を押した者がいた。
どうやら、人を押すことにより、間接的に死に至らしめる「押し屋」の仕業らしい。
鈴木は押し屋を追う。

一方、独特のテクで人を自殺に追い込む自殺屋「鯨」は、死者の幻影を清算するために、
そしてナイフ使いの殺し屋「蝉」は雇い主からの自由を求めるためにと
それぞれの別の理由から「押し屋」を追う。
果たしてこれは全て現実のことなのか。
最後に生き残るのは誰なのか。

鈴木、蝉、鯨の3人がかわるがわる登場し、各自の視点で物語が進行していきます。
語る人物が変わるごとに印鑑が入るので(読んだ人は分かりますよね)
混乱することなく流れがスムーズ、分かりやすかった。

やたらと人が死ぬし、かなり血なまぐさいはずなのにテンポのいい文章と、
かついつもながら会話のセンスがユーモラスなので、全然グロさを感じません。
殺し屋をかっこよく描く点ではハードボイルド小説なのかもしれないけど
真の主人公は、ちょっとヘナチョコだけど妻を愛する元教師の鈴木なんだろうな。

グラスホッパーって、バッタって意味だったんですね。
なるほどなるほど、納得です。
最後のオチも良かった。

そう数を読んでいるわけではないけれど、伊坂作品てやっぱ
ストーリーそのものより、伏線とか、会話とか小物使いの妙とか、
そういうのを味わうのが好きです。
とまたしても感じました。

by noro2happy | 2011-06-14 21:15 | book

真保裕一「奇跡の人」

c0096685_21391526.jpg
★★★☆
奇跡の人   ・・・・・#1123

自ら運転する車で交通事故をおこした相馬克己。
一度は脳死判定をされかかりながらも、一命を取り留めた彼を
他の入院患者や医師は「奇跡の人」と呼びます。
しかし彼は、事故の前の記憶を一切失っていたのです。
8年間の入院生活を経て退院した克己は
亡き母が残した実家へ戻り、徐々に普通の生活に慣れようとするのですが
なくした過去を知りたいという欲求は抑えられません。
消えた過去を探しに、東京へ出た彼を待っていた真実とは・・・

確かに、ある時期からの記憶がぷっつりと途絶えてしまったら
きっと気になって、気になってどうしようもないと思います。
ましてや主人公のように、もしその事故のせいで
誰かを傷つけたり、不幸な目にあわせているかもしれないと考えたら。
そんなわけで前半は、気持ちも分かるし
生真面目な好青年を励ましながら読んでいました。

ところが後半、東京に出てからの克己の印象が変わります。
生真面目さはそのままなのですが、それが逆に押しつけがましさになり
自分優先の自己中心で、不愉快な態度が目に付きはじめるのです。
特に、しつこいほど元彼女に連絡を取ろうとするところは
正直もう、いい加減にしたらといいたくなりました。
で、ラストではあんなに献身的になるモトカノの姿も納得いかなかった。
後半はすっかり勢いがそがれ、流し読みになってしまいました。

静かな感動を生む「自分探し」ミステリーと裏表紙にはありましたが
これをミステリーというにはどうでしょうか。
なんとなく予想される過去だし
ラストも衝撃というより、無理やりって気もねぇ。
by noro2happy | 2011-05-17 21:46 | book

乃南アサ「風紋」上・下

c0096685_21125214.jpg


★★★★
風紋(上・下)   ・・・・・#1115

文庫で上下巻約1000ページ。
ズッシリ読み応えあります。
それだけでなく、内容もズッシリ重い。
暗くてやりきれない部分もありましたが
でもなんか、結局ハイペースで読まされちゃたって感じ。

犯罪被害者に限定して言えば、
事件の加害者となった人間以外は全て、
被害者になってしまうのではないかと、
私はそんなふうに考えている。
そして、その爆風とも言える影響が、
どのように人の人生を狂わすものかを考えたかった。
--乃南アサ--
(風紋・上巻裏表紙より)

作者自身が語るように、この言葉が全てでしょう。
被害者の家族視点、あるいは加害者の家族視点。
それぞれの立場から描かれた小説は結構読んだ気がするけど
本書は事件に関わったさまざまな人たちの視点で描いた
まさに心情描写小説と言ったところ。

母親が殺された。
犯人は子供が通う学校の先生。
しかも母親とその先生とは男女の関係だったらしい。
事実がマスコミによって明らかにされるにつれ
被害者と加害者の家族は否応なく爆風にさらされてしまう。

犯人探しでもなく、ましてや犯罪への動機や心理でもなく。
たまたま関係者になってしまった人々の心の動きと言い切ってしまうには
すさまじく生々しい。
特に、ほぼ主人公とも言える被害者の次女真裕子の思いは痛いほど胸に迫ります。

被害者の家族が少しずつ立ち直っていくのに対して
加害者の妻のその後の転落が対照的。
逆じゃなくてよかった。
そして最後が余韻を含んだ気になる終わり方・・・
と思っていたらなんと、
事件から7年後のを描いた続編「晩鐘」の広告が最終ページに。

さっそく予約をしてしまいました。



by noro2happy | 2011-03-22 21:26 | book

c0096685_2212863.jpg


★★★☆

小児科医の押村悟郎のもとに、刑事から電話が入った。
18年間、音信普通だった姉・千賀子が銃弾を受け、
意識不明で病院に搬送されたというのだ。
しかもそれは、千賀子がかつて殺人を犯したことのある男との婚姻届を出した翌日の出来事だった。
姉は一体何をしていたのかーー。
悟郎は千賀子の足跡を追い始める


文春文庫の裏表紙に引かれて予約をしたのですが
うーーーん・・・

姉に起きたさまざまな出来事が、悟郎によって読者に伝えられていきます。
ずいぶん助けられたという人
魔女と呼ばれていたという人
男と大喧嘩する姿を見た人
一緒に泣いてくれたという人
かかわりのあった人々の証言から徐々に、千賀子が巻き込まれた事情が見えてきます。

初めのうちこそ引き込まれて読んでいましたが
姉の姿が見えてくるにしたがってどんどん冷めてしまいました。
というのも、どうしてもこの姉に共感できないのです。
あまりにもエキセントリックすぎて、かなりはた迷惑。
こんな人本当にいるのかと。

にもかかわらず、弟はその姉の言動にいちいち感動して
「あなたはなんてスゴイ人なんだ」を連発。
どこがそんなにすごいのだ?

で、挙句の果てのラスト近くに明かされる真実。
「最愛」のタイトルはこういうこと?
これまた驚愕、ワタシにはNGです。

ほとんど同時期に読んだ「使命と魂のリミット」も医者を主人公の物語。
こちらは医療サスペンスではありますが
東野さんのほうが断然面白かったです。

新保裕一さんは好きな作家だけに、ちょっと残念。



by noro2happy | 2010-12-17 22:21 | book

使命と魂のリミット

c0096685_2240217.jpg

★★★★
東野圭吾:著「使命と魂のリミット」



ひと言で面白い本といいますが、
片や行間までキッチリ読んで、
ジックリと咀嚼したいってタイプのものと
片や先が気になって、読み出したらとまらない。
多少は情景描写取っ払ってもズンズンと先に進みたいってのがあります。
「ツリーハウス」が前者なら、本書は後者のタイプ。

というわけで
サクサクーッとイッキ読みしました。

ここ最近読んだ東野作品ではワタシ好みでした。

帝都大学心臓血管外科の権威・西園教授のもとで、
研修医として働く氷室夕紀。
夕紀は、父の死の原因は手術に当たった西尾が
意図的に仕組んだものではなかったという疑念を持っています。
その一方で病院には
「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」という脅迫が。
目的は本当に医療ミスを公にすることなのか
あるいは別の理由が?
そして夕紀の疑惑は?

狭い範囲内での人間関係の偶然がありすぎたり
手術室を見ただけであそこまでの犯罪はムリだろうとか
いろいろと突っ込みは入れたくなるけど
引き込まれました。
根っからの悪人は出てこないし
ラストもホッとできる展開でよかった。
後味のよい読後感でした。

by noro2happy | 2010-12-14 22:47 | book

c0096685_22243183.jpg

★★★★
激流(上下) 柴田よしき:著

この方の作品を読むのは初めてです。
失礼ながらお名前を見て男性かと思ってました。

けど、はぁ~、読んだわ。
満腹満腹。
上下合わせて900ページ。
久しぶりにタップリとサスペンスを楽しみましたよー。

中三の修学旅行中、同じ班だった冬葉が忽然と消息を絶ちます。
それから20年後、それぞれの人生を送っていたグループのメンバーの元に
突然思いがけないメールが送られてきます。
「わたしを憶えていますか?  冬葉」

それと並行して、かつての同級生に次々と不可解な出来事が起こります。
これらのことは、20年前の事件と関係があるのか。
果たしてメールを送ったのは本当に冬葉なのか?
だとしたら何のために・・・

事件当時は思い出せなかったことが、20年たった今記憶としてよみがえる。
それぞれの破片を結びつけて、次第に核心に迫っていく過程がとっても面白かった。
さぁ、この先どう結論が出るんだろう・・・

はっきり言って、
楽しみにしていたわりにはチョットずっこけたかな。
決め手となるかと思った事件はただのフリだったり・・・

犯人役が登場するのは本当に終盤で
これでは予想しようがありません。
動機の点でも、チョット希薄なところもあるし。

しかし、それでも読ませるところがすごいんだけど。
結末については賛否両論だと思いますが、
同級生それぞれの、人生物語として読むのも面白いです。

by noro2happy | 2010-10-05 22:45 | book

矢口敦子『赦し』

c0096685_22345499.jpg

★★★☆
赦し 矢口敦子:著

数ページ読んだところで、ん?
これって、前に読んだ『償い』の続編かぁと気がつきました。

妻子を失った元医者の日高は、前作では自暴自棄のホームレス暮らし。
ですが今回は、日雇いをしながら定住の場所も得ています。
相変わらず世間の片隅でひっそりと生きているのですが・・・
下宿先の大家である老婦人ハナさんが突然倒れてしまうことで、
彼の日常に波風が立ち始めます。
これまで知らなかったハナさんの親族が現れ、
日高は否応なく、彼女の命にまつわるさまざまな思惑の中に巻き込まれていくのです。

同時に日高は、偶然知り合った母子家庭の事件にも関わっていくことになります。
子供が殺され、その容疑者となった母。
そしてその妹の不審な様子。

並行して起きる二つの事件。
ですが、それぞれはつながりません
複雑な謎解きの面白さもさほどありません。
むしろ、親兄弟の人間ドラマに重きを置いていると思われますが
そのわりにはなーんだかイマイチ焦点が定まらない。
『償い』で登場した真人君を、わざわざ出す意味がよく分からないし。
なんだか全てが中途半端な感じ?
で、結局どうなのよ!って突っ込みたくなるんですが・・・

『償い』を読んでいないと面白くないと思うな。


しかし、4作読んで分かりました。
矢口さんとか、湊かなえさんもそうですが、
サクサクと読めるんだけど、
どうもワタシには合わないようです。
読後にモヤッと感が残るのが苦手なんだな、きっと。
ファンの方にはえらそうなこと言ってスミマセンm(_ _)m



by noro2happy | 2010-09-27 22:52 | book

c0096685_21284235.jpg

シリーズ物とか、同一作家の作品を続けざまに読むってのが、
最近のワタシの読書傾向みたい。
今回は、絶賛上映中!!「チーム・バチスタの栄光」(海堂尊著)の続編
「ナイチンゲールの沈黙」です。

以前読んだ「バチスタ」は、“このミス”第4回大賞受賞作品に輝いたくらいで、
とっても面白く読みました。
なかでも、不定愁訴外来のグッチーこと田口公平先生ファンだったのですが、
映画ではどうしたことか竹内結子ですって?
ちゃうちゃう、アタシのイメージぶち壊しヤーってなもんで、
映画は見ないでおこうと思っています。

さて、「ナイチンゲールの沈黙」は、
病院中を揺るがした“バチスタ・スキャンダル”から9ヵ月後のお話。
眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。
眼球を摘出されてしまう彼らの、メンタルサポートの依頼が不定愁訴外来・田口にきます。
その渦中に、患児の一人の父親が殺され、
警察庁から派遣された加納警視正が院内捜査を開始。

小児科病棟や救急センターのスタッフ、
はたまた大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、
そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、
事件は思いもかけない展開を……。

デジタルハウンドドックの異名を持つ加納刑事や、
ジェネラル(将軍)速水晃一など、
またまた新しいキャラ登場でそれはそれで面白いのですが、
ちょっと登場人物が多すぎの感がありました。

ストーリー的にはあまりにも現実味がなく、
ファンタジーぽいのが好きな人なら良いかもしれませんが、
前作のような医療ミステリーを期待しているとアレレ、って感じ。
キャラ読みもアリかな、ってところです。

引き続き、田口・白鳥シリーズの3作目
「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読み始めました。
「ナイチンゲール」では分かりませんでしたが、
グッチーは同時進行でもうひとつ別の事件を調べていたようなのです。
タイトルから想像できる通り、ジェネラル速水にスキャンダル発覚。
読み始めたばかりですが、あれ、「ナイチンゲール」で読んだのと全く同じページだ。
テレビ風な手法が、またまた興味をそそられます。


by noro2happy | 2008-02-25 21:37 | book