人気ブログランキング |

<   2012年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

感謝の気持で締めます

c0096685_19584272.jpg

生まれて初めてのお一人様の大晦日。
静かな年越しです。
皆さんはきっとご家族団欒で。。。ウル、ウル
ニャ~ン(*^_^*)
ってわりになんなんだ、このニコ顔文字は。


最後の最後はしつこいようですがまたこれだわ。
せっかくだから、好きなモノを作らせていただきたい。
今年ほどスンドゥブを食べた年もないくらい
よく登場しましたわ、ホンに。

ちなみに今日は、新大久保に行ったときに買った
スンドゥブ用ヤンニョムを使ってみました。
かなり美味しくできました。

***

2012年の締めにあたって。
去年は我が人生最悪に近いほどの年でした。
(ここでは書けない、実にいろんな辛いことがあったんだ)
踏ん切りをつけて新たな再出発の年でした。

ここ何日かで書いているように
お陰で、全体的にはいい年だった気がする。
気がするじゃなくて、よかった。
折れない精神力を授けてくれた両親に感謝。
乗り越えさせてくれて有難うございます。
これからも前だけを見て歩いて行きます。

そして、家族ともども健康で1年間過ごせたことが何よりでした。
心から感謝します。

***

今年も最後の最後までお付き合いくださいまして
本当にありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい!!!


来年も元旦より営業いたします(つもりです)(@^^)/~~~

by noro2happy | 2012-12-31 20:22 | 年の瀬

今年最後がまだあった

東京はまだ雨が振り続いてます。
しかもかなり激しく。
今日は一日中雨で、年末のこの時期まるまる降るなんて
珍しいような気がするのですが。

まぁそのお陰といいますか、こりゃ大掃除は出来んわなー
なんて大義名分のもと、チマチマと引き出しの整理なんぞでごまかしてました。
しかし、この引き出しや棚の整理と言うのがなかなか侮れない。
捨てるか活かすか迷い、はたまた思い出に浸りと
いい加減面倒になりました。

***

さて、昨日は今年最後の忘年会でしたが
見事に今日は今年最後の二日酔いとなりました(爆)
昼過ぎまで死んでました。
大阪「おくだ」以来でしょうか。
てか、ずっとなかった二日酔いをここ2ヶ月の間に2回とは
もしかして、ワタシの肝機能に問題が生じたか
なんてちょっと不安になりましたわ。

しかも昨日はワイン。
きっついわぁ~。
いきなり、突然に酔いが回ってフラフラ。
幸いに会場が我が家から、歩数数えられるほど近くにあるイタリアンバール。
そんでも友達に支えられないと歩けなかったつぅんだから
もう、超のつく酔っ払い状態でした。

この日のメンバーは3人で
1年以上お久しぶりのゴスペル仲間。
Nッチは嵐ファン、Mさんは織田くん(ってわかる?フィギアスケートです)
でもってワタシはBBと。
ちょっと会わないうちにいずれもが立派な追っかけとなっていたのにビックラ。

で、それぞれが勝手にご贔屓のことを熱く語るの図。
K-Pop、ジャニ、フィギアと全く別物だけど
お互いの熱い思いとお金かけてるのは一緒。
ガールズトーク花盛りでした。
が、そんな合間にも病気ネタがちらっと混ざるところが実はオバーズトーク。

そうだ、オバーズとしてはもっと健康に気をつけて
二日酔いなどにならない美しい飲み方をせねば。
午前中、私が臥せっている間に、夫ドッコイは大阪へ行かれ
ワタシは布団の中から
「行ってらっヒャ~~ぃ」
「グゲ~ギボヂワリィー」
とか言いながらお見送り。

やれやれとんだ今年最後の挨拶となりました。
深~く反省。

来年しょっぱなの新年会は昼酒。。。
これは気をつけねば。
by noro2happy | 2012-12-30 19:53 | 年の瀬

今年最後のあれやこれや

今年最後の買い物をしにヨドバシに行って来ました。
ついに、タブレットデビューだぁ、Nexus7を
と思って勇んで出かけたんだけど・・・

なんと、ヨドバシでは扱っていなかった。
確か前はあったと思ったのに。
頭ン中では手にした状況のみを思い描いてたのに
こんな肩透かしを食らってせっかくの攻めモード一気に消沈。

これはもう少し待ってってことかな?
とか
今どうしても必要な物か?
なんて
またまた振り出しに戻って思案中になっちゃった。
逆に、色々見て回ってるうちに、
今使ってるのがミニPC(しかもいまだにXP)なので
もっと大きめな最新OSのノートPCを買うべきか?とかね。

可能であれば両方欲しいところ。。。

で、そのかわりではないですが
同じビル内のメガネ屋さんで中近両用メガネを衝動買い。
でもって中近レンズは、ブルーライトをカットするっていう
話題のPC用レンズにしました。

毎日10時間以上は確実にPCの前にいる割りには
あまり目が疲れるとかドライアイとかに悩まされることはない丈夫なお目目。
てか、ドンちゃんで気づかないだけかも知んないけど。
それでもPC専用レンズにすると楽って話も聞きますし。

ブツが手元に届くのは3週後とまだ先の話だけど。
その時は効果の程をご報告したいと思います。

さて、今晩は地元で今年最後の忘年会。
と、その前に今年最後のスポーツクラブへ行ってきま~す。
by noro2happy | 2012-12-29 15:39 | 年の瀬

2012年を振り返る②

職場の納会を終えて帰宅。
外へ出ると天気予報どおり雨になってました。
もしかしたら白いものに変わるかもということですが
そこまでは寒くない感じです。


さて、今日も引き続きの私的2012年。
まずはブック編。
拙ブログを覗きに来てくださる方の95%が読書つながり。
(最近はBBつながりに負けとりますが)
ですが、今年は少なかったなー。
ちなみに去年は56作品だったのに対し
今年は37作品。
20作近く減ってる。。。

そんでもそれなりに今年はこれぞ!
ってのがあるもんでして、
去年は池井戸潤さん作品と阿弖流為。
でもって、今年はといえば
やっぱ「ミレニアム」三部作かなぁ。
文句なしに面白かった。
その昔は翻訳物しか読まない時代があったから
久々の洋物を味わう気分は懐かしかった。
思わずローレンス・ブロックのマッド・スカダーシリーズ最新作を予約してしまった。
来年は翻訳物を意識して読もうかな。
もう少し読書時間を増やすようにしよう。
と、一応書いとくけど。。。自信なし。

読書とともに2大カテゴリーといえば旅行。
今年はよりマニアックというか、お仕着せのツアーはほとんど無く
食や趣味に合わせたオリジナリティな旅が出来たのが楽しかった。
がしかし、諸般の事情により、お小遣いに余裕が有るのも
来年の1年に限定されそうなので
悲しいけど。。。ええぃ、メチャ遊んでやる。

減ったものもあれば増えたものも。
ライブは結構行ったなぁ。
BB除いてもガガ様に始まりMAROON5、B'z、陽水。
どれも心に残るというか、今思い出しても蘇る感動。
やっぱりライブはいいなーって改めて認識した年でした。
来年行ってみたいのはNe-YoとCNBLUE
(ゲッ、両方仮名入力したのに変換できた)
単独ライブがあれば絶対行きたい。

c0096685_21561654.jpg
エンタメ系ラストは映画。
今年劇場で見た映画は10作品でした。
少ないなー、来年は20本を目標にしとこ。

うち、韓国及び日韓共作が3本。
邦画は2作品と少なかった。
印象としては邦画がイマイチ。
残りは洋画だけど、こちらはまぁ満足したかな。

特に最後に観た「レ・ミゼラブル」はここ最近の映画では最高でした。
写真の冒頭シーンから入り込みました。


そうだ、ライブに加えとかなきゃ。
舞台版ミュージカル「レ・ミゼラブル」絶対観たい。
by noro2happy | 2012-12-28 22:27 | 年の瀬

2012年を振り返る①

c0096685_2212733.jpg

本年のお仕事は残すところ、あと1日となりました。
例年なら30日まで業務があるのですが
今年は28日が金曜日ということで、早く年末休暇に突入です。
ヤッター。
で、年始は4日が業務開始なのですが
年末か年始のどちらか1日お休みを取れるので、4日を公休とし、
なんと怒涛の9連休でこれまたヤッター。
というより、予定真っ白でまぁ、まぁ、どーしましょ。

今日で仕事納めの人もいたので、「良いお年を」のご挨拶が飛び交い
ようやく本格的年末モードになってきた感じ。
だからといって何をするでもなく、
ただひたすら早くこの「何かをしなくちゃいけない」ムードから抜け出したいわ。
もう大晦日なんぞ取っ払ってとっとと新年にGoして欲しい。

***

ということで、今年も恒例の1年を振り返るコーナー~パフパフ♫
って、思いっきり自分のための備忘録なので悪しからず。

今年を象徴するものといえばもちろん。。。
そうだす、それで冒頭の写真だす。
ごめーん、ウザくてすんまスンリ。(だからそれがウザいっ)
よくもここまでのめりこんだと思うほど
(多分中学2年のウォーカー・ブラザーズ以来って、どこまで遡るんだ)
どっぷり浸かっちまったウリBIGBANG。


思えば去年の今頃なんてまだメンバーの名前すらあやふや。
ただただ、歌が好きでひたすら聞いていただけ。
どちらかっちゃぁ、まだグンちゃん引きずっとりました(*´∀`)

ここまでハマったのはやはり6月の大阪城ホールの初ライブ。
予想通りというか、それ以上の素晴らしさで
あっという間にドツボに。
ドンだけの時間とお金を費やしたことか(いやらしいわぁ)
けど、面白かったなー。
って過去形で語ってはイカンね。
ingよ(てのがこれまた怖いんですけどー)
来年も突っ走りますことよ(って宣言)。

そんなこともあり、ネットに張り付く時間も増えました。
そのお陰でオンライン友からオフラインの
リア友へとお付き合いが進んだ方々もいらして。
こんな経験ができるなんて当初は思わなかったから
新鮮かつ刺激的で楽しい1年でした。

こうしてみるとやはりオンライン生活に比重がかかった年だったって思います。
それに比例して、読書時間は激減したけど。

それに関してはまた後日。
by noro2happy | 2012-12-27 22:37 | 年の瀬

昨日までのジングルベルに変わって
今日のお買い物BGMは「もういーくつ寝ると~♫」のメロ。
とともに、野菜がググ~~~ンと高騰してるではありませんか。
トホホ(ToT)
これからしばらくは品揃えも正月仕様。
なんの準備も必要ない我が家としてはなんだかなー。

それにしても今日はさびぃ~~かったぁ~~~。
ワタクシ的体感温度でいいますと
この冬一番寒く感じた日でありました。
帰り道なんぞ、むき出しの耳が引きちぎれるかと思いましたわ。

***


c0096685_20335887.jpg

シリーズ化しつつある、本日の社食ランチ。
相変わらず不味げなスマホカメラでソーリー。

メニューには「スンドゥブ豆腐チゲ」と。
て、言われないとわからんでしょ^_^;
豆腐豆腐と連呼しているのでどんな豆腐かと思えば
写真の通り。

スンドゥブにかけちゃ、西に君臨するテビ様ほどではありませぬが(誰よ?)
ワタシとて勝手に東の姫(だから誰なの?)
とりあえずはお試ししたくなるってモンです。
それがかなりのチャレンジャーであることも覚悟の上で。

深くは語りません。
出直してきて欲しいです。
500円でした。

***

さて、今朝のひとこまといえば先週に引き続き
橋の上でまたまた止められました、撮影部隊に。
これで3週連続。

どうやら今日の撮影は橋から飛び降りんとするシーンか?
欄干よりわずかに低い台の上にスタンディングする詰襟男子クン。
顔は良く見えなかったけど、小柄でやせっぽちの少年。
強風が吹いたらそのまま隅田川に落ちるんでないの?
撮影とはいえ、心配になりました。

わずかな時間だけど毎度つき合わされると
なんのドラマか知りませぬが
一回くらいは観てやろうかという気になりまする。

***

<おまけ>昨日おバカなMちゃんとバイバイして
日本語アプリをGクンに代えたと書きましたが
なんと「てび」と入力して「大妃」が
「すんどぅぶ」と入力して純豆腐が。
なんなんだこの子は賢すぎるぞ。
いずれも初めて入力する文字だからして
学習していたわけではありません。
元々の辞書に持ってたってことですわ。
う~ん、恐るべしGクン。
by noro2happy | 2012-12-26 20:50 | 日々のこと

メリ~クリスマス!!

c0096685_2121486.jpg

今日のスカイツリーは、ポインセチアに雪って感じかな。
いつもと違った雰囲気でなかなか良かった。


c0096685_2134570.jpg

せっかくなのでこちらも。
ヒルズ展望台からの東京タワー。
十分派手なので装飾はなし(笑)

***



PCの日本語アプリをgoogleに変えてみました。
文字候補を選択するのにTabキーを使うのにまだなれませんが
MSさんよりずっと賢くてイライラしなくなりました。

ところがさっき、単語登録した文字を出すのに、まだGさんに移行していなかったので
その間だけMさん使ったら、Gさんに行かなくなっちゃった。
ツールバーには出ても、入力しようとすると
Mさんがこんにちは。

ありゃりゃ~、あとでゆっくり見直そう。

数日前の新聞で「デジタルデトックス」なる言葉を発見。
体内から老廃物を排出するデトックスのように
ネット依存の状況をリセットすることを指す言葉だそうです。
そのためにはデジタル環境から離れること。
年末年始の休みを利用して、オフラインの生活を実践しては?
と提案する記事でした。

ふーん、そうなの?
ワタシなんか正月連休を利用して、旅行スケジュールを立てようと思ってたんだけど。
でもって、そのために何より必要なのがオンラインなんだけど。

大体今時、ちょっとした情報を得ようと思ったら
なんだって「詳しくはウェブで」ですもんね。
意味もなくウェブを徘徊するのはいかがなもんかも知れないけど
目的があればこれほど便利なものはないです。
ヒマだからネットじゃなくて
必要だからネットなんだけどねー。
by noro2happy | 2012-12-25 21:16 | 日々のこと

c0096685_189674.jpg

「レ・ミゼラブル」を観てきました。
クリスマスに「感動」のプレゼントをもらった気分。
最後の最後にこんな素晴らしい映画に出会えてよかった。
今年見た映画の中では、(ッて、大した数を見てるわけじゃないけど)
間違いなくナンバーワンでした。

邦題「ああ、無情」という児童書を読んだのは
多分、肘の骨折で入院していた小学校3年生のときだと思います。
結末なんかあやふやになっていたのに
ジャン・バルジャン、ジャベール、コゼットの
名前だけは何故か忘れませんでした。
あと、この時覚えた「燭台」って言葉も。
不思議だぁ。

ってことで、今さらいうまでもなく
原作はヴィクトル・ユーゴーが書いた同名小説。
改めてジャン・バルジャンの数奇な運命に触れたのですが。。。

まず、冒頭のシーンから圧倒されました。
大勢の囚人たちの過酷な環境を示す映像と唄。
メチャメチャ暗いんだけど、このワンシーンで引きこまれたと言ってもいいくらい。
そこからはもうミュージカルの世界へドップリ。

とにかくヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、
ラッセル・クロウを始めとする全ての人のパフォーマンスがハンパない。
事前にレコーディングをすませ、撮影では口パクというのが通常のようですが、
この映画では敢えてライブ撮影を行ったそうです。
演技と唄が一体となり、ミュージカルのよさが最大限に生かされてます。
子役の二人もすばらしいし。
何度も何度も感動の涙でウルウルでした。

人間の魂の尊厳と救済と浄化。
全ての意味でジャン・バルジャンの苦悩が解放されるラストは
思い出してもまた泣きそうになるくらい胸を打たれました。

エンディングはまるで舞台を見ているかのようで
思わず拍手をしたくなる気持ちを抑えるのが大変。
(しても良かったんだろうけど、地元のややショボのシネコンでは恥ずかしい。。。)

全篇唄なんて有りえないというタモさんのような方は別として
そうじゃない方は是非大画面でご覧になることをオススメします。
ワタシは今度は是非舞台を観たくなった。
by noro2happy | 2012-12-24 18:14 | 映画

オーマイガッ!!

c0096685_22171096.jpg
六本木ヒルズ内「毛利庭園」のイルミネーション


日曜日はスーパーへ出かけ~パクチーを買いに行ってきた~♪
トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ~♪
なんて歌ってる場合ではありません。

通常2束イチキュッパーで売ってるってのに
なんとそこにはヨンキュッパーのプライスカード。

OmG~~~_| ̄|●

ま、まちがいではなかろうかぁぁ(>_<)
なして?クリスマス価格?
もちろん買いませんわよ。
いくら好きでもパクチーごときに500円は出せませぬ。


同じくその夜のこと。
ってついさっきだけど。
イルミネーション見物に六本木へ。
ヒルズのプラネタリウムと展望台、そして毛利庭園のコース。
時間があったらミッドタウンへ寄ろうねー
なーんて今思えば無謀な計画。

OmG~~~_| ̄|●

おバカでしたねぇー。
おばちゃんにゃー関係なくたって、世間はクリスマスのイブイブよ。
甘い。
甘すぎました。
ひとひとピッチャンひとピッチャン~♪
だから、唄ってる場合じゃないっつうの。

ヒルズはともかく東京ミッドタウンの方はイルミ見るだけで長蛇の列。
とんでもなく遠いところから「最後尾です」プラカード。

しかも右を見ても左を見ても
カップル、カップル、カップル、カップル
しつこいくらいカップル、カップル。

結局、建物の中からチラ見して終了。
お疲れさんでした。



c0096685_222373.jpg
夕飯はミッドタウンでフォー。
パクチー諦めきれず、ここで大盛り所望。
100円追加料金取られましたぞなもし(o´д`)
by noro2happy | 2012-12-23 22:39 | ちょっとお出かけ

「花宴」あさのあつこ

c0096685_1951090.jpg★★★☆
「花宴」  ・・・・・#1237

今年最後の読書感想文かな?
もしかしらた、もう1冊くらい読めるか。。。

昨日借りてきたのだけど、
読書日にはふさわしいお天気で(夕方になって晴れたけど)、
雨の音を聞きながら一気に読んでしまいました。
この手の淡々系(なんじゃそりゃ)は
読んだ直後に書かないと忘れますので即アップ。

センテンスが短くて、同じ言葉や音を繰り返す感じは
以前読んだ「たまゆら」(感想文はこちら)に似ています。

勘定奉行を務める西野家の一人娘・紀江は
父の門弟だった三和十之介との縁談が決まっていましたが
三和家のお家の都合で破談となってしまいます。
紀江は十之介を忘れることができないまま
同じく門弟の藤倉勝之進を婿に迎えます。
妻となり、母となりながらもかつての婚約者を忘れられない紀江に
さらに悲劇が襲います。
その裏には権力を巡る男の陰謀が。

といっても、その陰謀が分かり始めるのはほぼラストのところ。
明らかになったら終わってしまったってのが正直な印象。

紀江が初恋の人を思う心情は分からないでもないけど
逆に十之介や勝之進の人物像が今ひとつつかめません。
よって読者としては紀江にも寄り添えない。
同じくあさのさんの「弥勒の月」のシリーズでは
これでもかってほどキャラクター設定が明確なのに、
これはわざとなんでしょうか。
物足りません。

さらに、ドラマでも本でもとにかくハッピーエンドが好きなので
余韻は残るけど切ない。
ストーリーを楽しむというより
きれいな文体を眺めるって感じだったかなー。
なーんて言いつつも、頭の中では思いっきり
綾瀬はるかを浮かべて読んでました(^_^;)
by noro2happy | 2012-12-22 20:03 | book