<   2012年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ハズレなしのソウル飯

ソウルグルメ編ですが、ひたすら食べたものの羅列とちょっぴり感想。
自分のための備忘録なのでゴメンチャイ。

c0096685_215664.jpg
初日の夕食はオモリチゲ・乙支路店。
夜も11時近くになってましたが、24時間営業というのは有難いねぇ。
しかも、今回泊まった国都ホテルからも歩いて10分ほど。
確か、帽子アジョシの看板が目印だったっけ、と思ってたらすぐに見つかりました。

c0096685_216145.jpg
メニューが豊富なので、何にするか迷ってしまう。
でも、まずは皆にもこの味を知ってほしかった。
甘めのソースがたっぷりかかったシコシコ麺のチャジャンミョン。
ソースを絡めると、コシのある麺がチョー重っ。
オーバーではなく、手首の筋トレになりそうよ。
ずっしりと腹にもたまりそうだけどやっぱりおいしい。

c0096685_216513.jpg
こちらは熟成キムチのチヂミ。
基本的にイカとかが好きではないので、キムチとニラだけで薄く焼き上げたこのチヂミは
めちゃめちゃワタシ好みでした。

c0096685_2181712.jpg
オモリキムチカルビッチム。
オモリチゲは前回食べたので、お店の人のお勧めもありちょっと目先を変えた煮物?
肉厚カルビとキムチとジャガイモを甘辛く煮込んであります。
肉にもカムジャにもたっぷりと味がしみこんでいて、うんめぇ~。
ビールがすすむクンで困る。
ご飯にもとっても合いそうです。


2日目の朝食はコムタン専門店の河東館(ハドングァン)。
こちらも有名店ですが、ワタシは初めて。

c0096685_2192918.jpg
テーブルの上にドンと置かれたネギ・塩・胡椒で自分好みの味にしていただきます。
特にネギと胡椒はたっぷりとね。
その後はカクテキが漬かってる汁をいれてお味の変化を楽しみましょう。
お店の人が、やかんに入ったカクテキ汁だけを配ってました。

c0096685_21102850.jpg
昼食です。
店名が「明洞栄養粥・栄養餃子」という、まんまなネーミング。
お粥はあわび粥です。
チェジュで食べた緑がかった、肝入り粥のほうがおいしかったかな。

c0096685_211163.jpg
朝食もどちらかというと粥系だったので、ワタシだけは冷麺に。
上にクラッシュした氷が乗ってチベタイ。
味は普通でした。

夕飯は「漢江クルーズ」とのセットで「長寿参鶏湯」というお店に。
テンジャンチゲ、キムチチゲ、冷麺、石焼ビビンバのなかから
好きなものを選べます。
こちらも味は普通でした。
(って、ボキャブラリー不足しとるなー)


最終日です。
まずはリニューアルしたばかりの「武橋洞 プゴグッチッ」。
今月アタマにソウル入りした友人は店が閉まってた~~って嘆いてた。
けど正直、どこ・・・直したの?
あんまりよくわかりません。
そういえば明るくなったような気もするけど。
あっ、椅子が違ってたのは分かりましたけど(^-^;

c0096685_21343774.jpg
店を出たらさらに列は長くなっとりました。


昼食の予定は清澶洞の「チョンダムゴル」で太刀魚定食を食べたかったんだけど
あの砂嵐と雨で、大幅変更を余儀なくされました。
帰りのピックアップ時間を考えて、どんな天候になってもいいように
なるべく近くまで戻っておこうということになりました。

ならばどこで食べるか・・・
東大門で「タッカンマリ」だぁ。
三女が鶏NGなので、すべての鶏系をあきらめてたのですが
ダメ、無理。
やっぱ、ここまで来てアレを食べないなんて、悲しい。
次女と末っ子で三女を説得。
しかし三女は喫茶店メニューで時間つぶしてるから3人で行ってきてと。

c0096685_21203332.jpg
アクをとりつつ、トックが上がってきたら食べちゃうヨー。
ビールと焼酎で昼間っから盛り上がり、ここへ来て初めてゆっくり食べたって感じでした。
ああ~ん、ホントうまい!

この後は広蔵市場の麻薬キンパを見つけ出しテイクアウト。
ここ、以前は屋台だったけどお店になっていてお持ち帰りのみのようだった。
なので、長蛇の列だったけど、早い、早い。

しかし、干しダラスープとタッカンマリはホントてっぱんだよねー。
多分知らないだけでまだ他にもたくさんあるんだろうけど
それでもやっぱ、はずせないと思いますのよ。

あっ、今度はぜひ新堂洞のトッポッキ通りにも行ってみたい。
安くて旨くて、体重増加だけが悩みだぞー。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-31 21:53 | 旅行とプチ旅

6月に渡韓を控えた友人から「漢江ナイトクルーズ」の詳細を教えよ、とのメールがきました。
よって、グルメの予定でしたが変更しまして、本日はちょっと悲しい観光レポを。

☆その1 ありっ?これで終わり・・・?
二日目の夜は、あらかじめソウルNAVIで予約をしておいた「漢江ナイトクルーズ」へ。
レストランで夕飯を食べてからライブつきの遊覧船に乗り込み夜景を楽しむというツアー。

待ち合わせの5時半ギリにロッテホテル2階のツアーデスクへ。
20人ぐらい集まってたのかな、そこそこの人数でした。
ヨイドの船着場まではガイドさんから噴水ショーの時間とか
水に濡れないようにとのご注意を受けていざ下車。

c0096685_2231989.jpg

土曜日ということもあってか、桟橋付近は大賑わい。
カップルさんも大勢さん。
我々もガイドさんについて、ウキウキ気分でAだかBだかの乗船の列に並びました。
しばらく待っていると、急遽船の変更があり、乗り場がBだかCだかに変わったとの連絡。
再び並びなおし、ともかく乗船。
船内の窓際席をゲットして、カメラも夜景モードでスタンバイさ。

日本語アナウンスもあって、橋の名前や説明なども聞けます。
少しすると、アマチュアらしいけど男性ヴォーカルのライブも始まりました。
韓国の方たちは一緒に唄って盛り上がってます。
ボツボツ黄昏てきて、橋のライトアップもイイ感じになってきました。
c0096685_2226133.jpg


いよいよ噴水ショーかしら、というところで船上へ出てみることに。
今か今かと待ち構えているうちに、なんてこと!
船は桟橋に戻りましたとさ。
チャンチャン。
って、オイッ、コラッ、噴水ショーはどないなっとんねん。
橋のライトアップなら隅田川でも十分。
観たかったのはギネス認定のあれよ、あれ。
音楽とともにレインボーに変わるこれ!  ↓
c0096685_22285132.jpg

バス内でガイドさん平謝りしつつ、船が変わった時点で
噴水コースとは別コースを回るツアーになってしまったと、わけのわからん苦しい弁明。
雨で中止なら諦めもつくけど、別のコースだったら見れたのに。
納得いかないわ。
一緒にいた関西圏のおばちゃんはボソッと
「返金してほしいわぁ~」言うてはりました。
「そや、そや」ってワタシも言いました。

c0096685_22301064.jpg←あなたに罪はないけれど・・・

結局ラストに長渕を熱唱したしょぼいライブを聴きに来たような気も。
クソーッ、今度来るときは絶対陸地から見てやる!
固くリベンジを誓ったのでした。


☆その2 砂まみれの~キョンボックン♪
c0096685_2236316.jpg

最終日はワタシのリクエストで景福宮へ。
もちろん「景福宮の秘密コード」に触発されたから。
10時からの無料の日本語ガイドにぴたりと照準を当てGo。
c0096685_2237257.jpg
定刻どおりガイドさん。
お顔も可愛いし、日本語もお上手。
こういうサービスは実にありがたいです。

ほぼ1時間の無料コースは無事終わり、あとは自由散策ってころになって
あんなに晴れてたのに、一転にわかに掻き曇り・・・
向こうの空が真っ黒。
これは来るなーと思ったけど、雨の前に来たのが突風。
そりゃもう、すさまじいまでの風が地べたの砂を巻き上げてくのよ。
あたかも龍神さまのお怒りかと。

目は開けてられず、口も耳の中もジャリジャリ。
「のりまきさん、頭が白髪に」いわれて気付いた。
ヘアクリームをつけてた髪の毛は砂にまみれてアッシュグレーよ。
アタシはロッカーじゃない。

そうこうするうちに雨が降り出して、もう観光も何もあったもんじゃない。
韓国も日本と同じような異常気象なのね。
ああ、アタシはもっと余韻に浸りたかったのにぃ。
絶対もう一回じっくり見に来るぞ、とこれまた固くリベンジを誓ったのよ。

それでは最後にご覧下さい景福宮の砂嵐。
別行動で北村へ行ってた末っ子がこっちに合流直前の時。
ピークはこの後でしたが、by末っ子photoももはやこれで限界でしたとさ。
c0096685_22512465.jpg

[PR]
by noro2happy | 2012-05-30 23:05 | 旅行とプチ旅

c0096685_23294039.jpg

今朝出勤すると(一番近いくせに、一番出社が遅い)
みんなが地震の話で盛り上がってた。
久々に夜中、しかも大きめの揺れで飛び起きたと。

へっ?ワタシ知らない・・・
そういえば旅行前から睡眠不足が続いてて
自分としては珍しくも疲労感が取れないので夕べは眠剤を飲んだ。
寝たのが11時半ごろだったから、ちょうど爆睡中だったんだ。

よかったー、知らなくて。
と、思ったけどもっと大きな地震だったらどうなったんだろう。
さすがに気付きはするだろうけどその後の対応、判断力とか大丈夫かなー。

***

なんてことを書くはずではなかったんですが
今、NHKの「はつ恋」(第2話)ってドラマで
麻酔から目が覚めた木村佳乃を見てたらついそんなこと思い出しました。

ついでに、全身麻酔から目覚めた佳乃ちゃんのお顔がお美しいこと。
ワタシなんて目やにでまぶたがくっついて開かなかったし
頭思いっきりボーっとして人の言葉なんぞ理解できなかったぞ。
と、軽く突っ込みも入れたりしてますけど
久々に日本のドラマでこれはおもろいかも、って期待してる。
ちょっと韓ドラチックでもあるし。

「ちりとてちん」の草々さんや「おひさま」の蕎麦屋の義父さんといった
懐かしの役者さんたちもいい感じ。
しかし、青木崇高とイ・ミンホが被るのはワタシだけでしょうか。

で、そのイ・ミンホといえば、今日から「シティ・ハンター」始まりました。
完全にアクアビクスの時間なので、しゃあない、録画見だわ。
Gyaoでは「個人の趣向」が配信中で、これまたけっこうおもしろい。

イッチー仲間だったKちゃんもついにイ・ミンホにつかまりました。
今は何をおいてもイ・ミンホだって。
ほんとにある日突然落ちるんだよねー、韓国男子にイッツ・フォーリン・ラブ。
これだからおもしろい。

なんて雑記帳のようになってしまいまして、写真と本文まったく関係なし。
明日はソウルグルメ・・・の予定???
[PR]
by noro2happy | 2012-05-29 23:40 | テレビ

今年二度目のソウルへ

c0096685_21483913.jpg

中3日ぶりのご無沙汰でございました。

2泊3日の週末ソウルへ行って来ました。

今回の旅友はスポーツクラブ仲間4人。
またしてもどちらさんともお初の旅行でした。
それにしても前回の韓国旅行もスポクラ仲間でお初旅。
うちのスポクラはどんだけ韓国好きが多いんでしょね。
ただ、この度のメンバーは韓流スターもk-pop もまったくご縁のない方々です。

で、便宜的に長女、次女(ワタシ)、三女、末っ子とさせていただきますが
長女と三女が渡韓自体も初めて。
そんな二人にどれだけ楽しんでもらえるか・・・
グルメ、買い物、観光を詰め込んで頑張ったよ。
なんて、エラそうなこといってますが、毎度のことながら
結局方向音痴のワタシはスケジュール担当。
道案内は出来ませぬゆえ、マンネに頼りっぱ^_^;

初日、ロッテ免税店とロッテマートでお買い物の後汗蒸幕。
その後の夕飯はホテルからも徒歩10分ぐらいの「オモリチゲ」。
ホテルに戻ったのが12時過ぎ。

2日目は河東館でコムタン朝食のあと、明洞でお買い物。
そして次女と末っ子はアートメイクのリタッチ。
長女と三女はマッサージ。
夕方からは漢江のナイトクルーズツアーに参加。
そしてまた明洞をブラブラ。
元気があったらチムジルバンを予定してましたが、
またしてもすっかり遅くなってしまったので、翌日のことを考えてギブアップ。

3日目。
干しダラスープ朝食の後、末っ子を除く3人は景福宮観光。
そして新沙からアックジョンを予定していたのですが
アクシデントにより大幅変更。
お陰でというか、予定になかったタッカンマリ、麻薬キンパッを
再び食べることが出来てそれはそれでよかった。

というような日程であったわけですが、
他人が読んでもまったくおもろーない旅行メモです^_^;

今回はどちらかといえば買い物が主だったでしょうか。
大きな声ではいえない☆ピー屋さんでの頼まれ物をあさりもあったしね。

グルメは前回からのリピがほとんどでしたが、満足満足で改めて後日に。
ついてなかったのは観光だよ。
たった2ヶ所しか入れてなかったのにちょっとオヨヨの展開となりました。
これまた後日に。


楽しいソウル旅行は終わりましたが
今週末はまたまた、ある意味それ以上にドキドキの大阪訪問を控え
なにやらせわしなく忙しい1週間になりそうです。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-28 22:06 | 旅行とプチ旅

「蜩ノ記」葉室麟

c0096685_2231864.jpg★★★★
「蜩ノ記」   ・・・・・#1223

「ひぐらしのき」と読みます。
「たいのき」ではありません。
分かっていても、文字を見るたびに
頭の中で「たい」と変換してるおバカなワタシ。

去年の直木賞作品です。
葉室さんの作品を読むのは初めてですが、なかなかよかったー。
ひと言で言えば静かーな印象なんですが、それだけに琴線に触れるというか
時間がたってからジワ~ッと感動の波が寄せてくるような感じ。

7年前、前藩主の側室との不義密通を疑われた戸田秋谷。
10年後の切腹を命ぜられると同時に、その間は山村に幽閉され、お家の系譜編纂作業に当たっています。
もう一方の主人公、檀野庄三郎は城内で刃傷沙汰に及ぶのですが、
秋谷の仕事の補助と監視を引き受けることを条件にからくも切腹を免れます。

庄三郎は秋谷を監視しつつも彼の清廉さに触れ、やがては無実を信じるようになります。
そして7年前の事件は、お家の後継者争いに巻き込まれた事実無根のものであることが分かります。
何とか切腹を回避させようと思う庄三郎に対し
あくまでも沈黙を守り、死を受け入れようとする秋谷。

命の期限を告げられながらも、見事に武士としての生き様を見せた男の潔くも切ないお話し・・・。
胸が痛い。
秋谷が守ろうとしたものはなんだったのか。
その答えは秋谷の息子郁太郎と、庄三郎が城内へ出向いてからラストまでの展開で明らかにされます。
深い、余韻の残る作品でした。

葉室さんの描く主人公はこんなタイプが多いそうで
他の作品も読んでみたくなりました。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-24 22:23 | book

まだ頑張れるぞ!

自分のもののようで、実は人工。
それがワタシの両脚の要である股関節。
人工ったって、まったく本人には違和感がないのですけどね。
まっ、考えようによっちゃあ、インプラントや入れ歯と一緒かぁ。

今日はその人工股関節の定期検診の日でした。

あ、その前に(なんの前?)money money money~♪の話しを先に。
毎回書いてますが、病院通いは半年に1回。
前回の検査日は11月30日。
実はこのとき、診療費明細書にいわゆる保険がきく治療費とは別に
特定療養費1575円という数字があることに気付きました。

特定療養費って何?
心当たりがないので病院に電話をして聞いてみたところ
どうやら初診料らしい。
ジャスト6ヶ月来院しないと初診扱いになるとのこと。

ずっとそうだったのかしら。
だとしたら、今頃気付くなんてマヌケな話なんだけど。
その仕組みを聞いてしまうと千ナンボはもったいないナーって気がしてきて。
だったら、半年より1日でも前の予約にしとけば
よけいな費用がかからないですむってことよね。

もちろん予約の変更よ。
本当は6月の予定だったんだけど都合により前倒し。
お陰で特定ナンチャラはかかりませんでした。
たった1日違いで治療上なんのメリットもない出費をまぬがれて
ワタシとしては満足。

ただ、変更のせいで朝イチがとれずに11時の予約になってしまった。
ようやく診てもらったのは2時過ぎ。
ヤレヤレよね。
でもまぁ、ランチも取らずに診察するH先生はもっと大変だ。
一人一人丁寧に話しを聞いてくれるからよけい時間がかかるんだけど
そこが好きだから我慢する。

むろん次回の予約も6ヶ月未満で・・・
と思っていたらなんと
「変化ないから1年後でもいいよ」だって。

あっ、そ、そうなんだ。。。

でも、これってグッドな結果よね。
右股関節13年半
左股関節8年。
よく頑張ってるねってH先生。
うれしいおす。


待ってる間に同病のオバタンたちがお話ししてました。
以前は痛みさえなくなればって思ってたけど
それが叶うと、今度は杖なしで歩きたい。
杖が取れれば、きれいに歩きたいって欲望には限りないわねって。
まったくまったく、まったくの同感です。
ワタシもどうしても若干の跛行だけはなくならないし、やっぱ気になる。

「おばちゃんの歩き方なんて、誰も気にしちゃいないよ」
って、以前息子に言われたけど。
まっ、その通り。
たった10分でも立っているのが辛かったあの時期を思い出し
高望みせず、今の幸せを噛みしめましょうぞ。
(2時間のオールスタンディングだって今はOKさぁ~って、そんなことかい)

そうそう、骨密度も前回よりも2.1%増えてましたわ。
それが実際どうなのかといわれるとよくわかりませんが
エビスタ飲んでるお陰かしら。
って、あまり真面目に飲んでないんだけど。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-23 22:44 | 変形性股関節症

c0096685_2146526.jpg
スカイツリーがオープン初日の今日、東京は朝から雨。
せっかく狭き門を突破して展望台に上った方は残念っだった、かな。

けどまぁ、昨日じゃなくてよかったよ。
どっちがビッグイベントかったら、そりゃあ金環のほうがねぇ、やっぱり・・・。

夕方からは雨脚もさらに激しくなり
うわぁ、こんな日にアクアビクスかよ、ってめげそうになりました。
どうも、火曜日の雨の日確率タカシ君です。

この教室には親友のOSも一緒に通っているのですが
こういうときはやはり相方がいると励みになります。
一人ならまっ、いいかー、ヤーメッぴ、ってなるところですが
ヤツも来るだろうなぁと思うとエイヤッって気になります。

一人じゃないって~ステキなことーねぇ♪

しかも今日はそのOSから石垣島土産もらいました。
ついに手にしたペンギン食堂の「石垣島ラー油」だい。
実はチョット期待してた、キャハッ(*^.^*)
だって、話だけでなかなかお口にする機会がなかったのよ。
うれしいな~、超うれしいな~♪
お有り難うごぜーますだ。

食べラーブームはこっから始まったといっても過言ではない。
ひところの勢いはなくなったとはいえ、
ペンギンさんのラー油だけはまだまだ希少価値。

明日はこれでモヤシのナムルだなー。
桃屋さんの時はよく作ったけど、味違うかなー。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-22 22:00 | 土産もん

c0096685_21114415.jpg
Googleだってほれこの通り

やはりなんたって今日は、金柑日食(おっつぅーコラッ!)金環日食の話題ははずせないでしょ。
太平洋側にお住まいの方々はご覧になりました?

ワタシは自宅ベランダからしっかと見ましたよ。
日食グラスがなかったので一応サングラスをかけ、
レースのカーテン越しに覗きながらそのときを今か今かと待ち構えてました。
時々雲に隠れるものの、なんとジャストの時には邪魔者が消えうせ金環のお出まし。
本当にきれいな輪っかになるんですねー。
肉眼で見たときはやっぱり感動モノでした。

東京では今後あと300年以上は見られないそうです。
すごいよねー、こんな貴重な体験ができるなんて。
というわりに、金環日食とはの基本がまったく理解できていなかったワタシ。
今日の夕刊の解説がお役に立ちました。

『太陽と月、地球が一直線上に並んだ時に起きる現象。
月が地球と太陽の間を横切り、太陽の中心部を隠す。
太陽の直径は月の400倍。
で、地球から太陽までの距離も月までの距離の約400倍。
よって、地球から見た太陽と月の大きさはほぼ等しいが
月は地球の周囲を楕円軌道で回っているため
地球から月までの距離が1割ほど変化する。
近いときは太陽全体が隠れる皆既日食となるが
遠い時は見かけ上の月は小さくなるので、太陽全体を隠しきれなくなって金環日食となる』


うーん、ちょっとだけわかった・・・気がする。
なんにしても壮大な宇宙の神秘、ロマンです。


さぁ、この金環日食を記念してなにかせねば。

生まれて初めてのラッキョウ漬けにトライ。
東京で見えた173年ぶりの金環日食デーは、我が家初のラッキョウ記念日。

だからなんなんだそりゃ。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-21 21:27 | 日々のこと

失敗あったればこそ

c0096685_20503290.jpg

メシバナ続きますが、本日はイタリアンランチ。
錦糸町の「トラットリアTOMTOM」というお店にいってきました。

こちら1000円のランチ。
3種類のメインはパスタ、お肉料理、ライス系から選べまして
ワタシは豚バラの煮込み柚子こしょう風味をチョイス。
パン(orライス)、サラダ、コーヒーはメインの種類関係なくついてます。
パンはクルミとゴマとフランスパンでおかわり自由。
バターだけではなく、オリーブオイルも付いているのはうれしい。

この前「テルマエ・ロマエ」を見た帰りに寄ったのですが
2時を回ってたというのにまだ並ばなくては入れなかった人気店。
今日も11時の開店と同時に入ったのに
禁煙席はすべて予約が入っていて、喫煙席しか空いてませんでした。
因みにテラス席はワンコ同伴OK、今日もいろんなワンコがいました。

c0096685_20511980.jpg

せっかくなのでメイン豚バラ肉ちゃんアップで。
香草でよく見えませんが、サツマイモや根菜類と一緒に煮込んでありました。
が・・・とろっとろの三枚肉を想像してたけど
ちょっと硬く、ナイフで切るのが大変でした。
今回はチョイスを誤ったかな。
味はいいんだけど、残念。。。



さて、本日のランチのお相手ですが
息子の保育園時代のママ友Tさんとお久しぶりの再会でした。
もう先月の話になりますが
長文のメールをまったく別人に送ってしまったという
ドヒャーな話を書いたのですが、ご記憶でしょうか。

いえ、忘れてもらったほうがいいんだけど
ともかく、その間違いメールを送りつけられたのがTさんというわけ。
ゴメンメールを送ったついでに
これもご縁ということで、久しぶりに会いましょうってことになったのでした。

さすが、転んでもただ起きない?
禍転じて?
よくわかりませんが、あの事件がなければ久々の再会はいつのことやらでした。
なので、結果オーライっつうことでよかった♪
[PR]
by noro2happy | 2012-05-20 21:06 | ちょっとお出かけ

c0096685_2112057.jpg
ハナ金・・・
懐かしさすら覚える言葉。
最近トント耳にしませんねぇ。

そんでも、翌日のことを気にしないでいいので
飲むぞー、食べるぞー、しゃべくるぞーって気合が違います。
気分的にはやっぱりハナ金です。

昨日は職場の友人とタイ料理食べに行きました。
場所は上野の「トンカーオ」。
ワタシは5回目くらいのリピ。

30代、40代、50代と年代バラバラの3人。
一人は会社を辞めて5年ぐらいになるし、
もう一人とも部が違うので、今では職場でおしゃべりすることはほとんどありません。
それでも1年に1回ぐらいこうしてお食事会のお声がかかります。

c0096685_21151562.jpg

たまには目先の変わったものをと思いはするんだけど
結局いつも定番メニューになってしまうのよねー。
家では絶対に作らない、生春巻きははずせないし。

海老とトマトと卵炒めは海老がプリプリしてておいしかった。
それと幅広麺のセンヤイを使ったパッタイもはずせません。
モチモチ感がたまりませんわ。
これは全然辛くないので誰でもOK。
ワタシはナンプラーとタイ酢と唐辛子をたっぷりかけてカスタマイズ。


30代Kちゃんは先月バンコクに遊びに行ったばかり。
40代Kさんはかつてご主人の仕事の関係でバンコクに住んでいたことがありと
つまり、3人ともタイ好きメンバー。
しかも、これまた最近の共通点に加わったんだけど
韓流好きでも一致してた。

そんなわけで、4時間のおしゃべりタイムのほとんどがバンコクと韓ドラの話で大盛り上がり。
いやいやよく食べよくおしゃべりして楽しかった。
[PR]
by noro2happy | 2012-05-19 21:26 | ちょっとお出かけ