人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

台風一過って言葉があるように、
普通なら今日はとってもいい天気なのに・・・
なんだかスッキリしない一日でした。

このごろ、まとまった時間ができると
何かしら部屋のマイナーチェンジをしている気がします。
まぁ、見かけはさほど変わらないから
はなはだ自己満足の域ではありますが。


♪こんなん見つけた
c0096685_2141825.jpg
小倉トースト味のプリッツ。
そりゃ手が出るでしょ。
なんたって、ほぼ毎日トーストにゆで小豆乗せて食べてるアタシだもん。
いつの間にかプリッツになってたのね。
何故か名古屋スイーツ。
ほんとだ、プリッツをくわえているのは
金のしゃちほこだ。

で、期待して食べた割りには・・・
なんつうか、ビミョーでした。
小倉の味がほとんどしない。
どちらかと言うとただのトーストプリッツ、かな。

まぁ、こんなこともあるね。
by noro2happy | 2010-10-31 21:47 | 日々のこと

野沢那智さんの訃報

美術観賞ブログで終わるはずだったけど、
Yahooニュースで野沢那智さんの訃報を知りました。

折りしも目の前のテレビでは「ダイ・ハード4」をやってます。
なっちゃんじゃないブルース・ウィルスの声は違和感あります。

ワタシがなっちゃんの声を初めて聞いたのは多分
「0011ナポレオン・ソロ」のイリヤ・クリヤキンの声。
あの番組見てたのはいつのころだろう、
小学校か中学1年くらいかしら。
ソロよりイリヤ派だったワタシは、
デビッド・マッカラムとなっちゃんがワンセットでした。

でも、声優としてのなっちゃんよりずっと身近で好きだったのが
深夜放送のパーソナリティ。
「パック・イン・ミュージック」白石冬美さんとのナチチャコ・コンビは
我が青春の1ページでもあります。
中でも特に印象深かったコーナーはなっちゃんが朗読する「金瓶梅」
深夜にふさわしい、かなりHなお話しでした。
チャコちゃんのナイス・リアクションがこれまたおもしろかった。

72歳、肺がんだったそうです。
ご冥福を祈ります。
by noro2happy | 2010-10-30 22:20 | 日々のこと

c0096685_20502274.jpg

江戸東京博物館で開催されている『隅田川ー江戸が愛した風景』を観ました。
親友OSのお誘いだったのですが、期待以上に面白かったです。

川そのものが江戸名所であった隅田川。
その風光明媚な景観は、江戸時代を通じて数え切れないほどの絵に描かれています。
今回の展示は、そんな「隅田川」をキーワードに集められた浮世絵、屏風、絵巻などが160点。

平日だったこともあり、メチャ混みではなかったので
1点、1点をジックリ観賞することができてよかった。

c0096685_20524260.jpg
やはり一番多く描かれているのは花火の絵でした。
立錐の余地もない両国橋の上から花火見物を楽しむ江戸庶民。
川にはこれまた何艘浮かんでいるのかと思うくらいの屋形船。

おおっ、屋形船の上にうつ伏せになってるフンドシ一丁のオッサンは何?
と思ったら、長い竿を。
そっかぁ、アレで船を操っているわけなんですねぇ。
よく屋根から滑り落ちないなぁ、なんて妙なところで感心して。

他にも、花見に蛍狩りや雪遊び、縁日、お祭りなど
隅田川は、江戸の年中行事に欠かせない場所となっていたんですね。
そういえば、名所と合わせてよく登場するのが富士山と筑波山。
富士山は分かるけど、筑波山は意外。
昔はこのあたりから両方のお山が見えたんだぁ。
なんか、いいな~。

今回ワタシが一番興味を引かれたのが「影からくり絵」と呼ばれる作品です。
『伊達騒動 隅田川高尾吊し切りの図』と
『両国橋夕涼花火見物之図』の2作品。
いずれも作者不詳で江戸後期から末期の作品とされています。
一見普通の版画なのですが、絵の背後から灯りを入れると
花火や家々の窓、屋形船のちょうちんなどが明るくなる仕組みです。
幻想的でとてもきれいでびっくりでした。

c0096685_2054888.jpg
とにかく、活気あふれる江戸っ子たちと隅田川とのかかわりの多彩さを改めて認識したって感じでしたね。
当時の様子に思いを馳せ、ワタシもまた月曜日から元気に川辺を歩きましょうっと。
by noro2happy | 2010-10-30 20:58 | 日々のこと

日本は広い

寒くなりましたねぇ~。

ついこの間まで 068.gif068.gif と騒いでいたのに。

今日なんぞは思わず焼酎のお湯割りで暖をとってるアタシ。

・・・と思っていたら、

昨日まで沖縄旅行に行っていた職場のKちゃん、

「30度くらいありましたよ。

海にも入れました。

東京帰ってあまりの寒さにビックリ」って。

ええっ、そんなに気温差があったか。005.gif

c0096685_22395788.jpg

お土産にもらった『紅芋タルト』。

これおいしいんだよねー。

ワタシが沖縄行った時もお土産にしました。

また行きたいナー。
by noro2happy | 2010-10-28 22:43 | 土産もん

今朝「めざましテレビ」を見ていたら、
懐かしい顔が出ていました。
マイケル・J・フォックスです。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は今でも大好きな映画の一つ。

マイケルといえば全盛期にパーキンソン病を発症し
現役から退いていました。
母が同じ病気だったこともあり、
自らの闘病を綴った「ラッキーマン」も読みました。
大変な病気なのに、このタイトル、
前向きな内容にもとても感動したっけ。

マーティー時代とほとんど変わっていない笑顔に安心しました。
あのまま、少年のように年を重ねているんですね。

063.gif  063.gif  063.gif


懐かしいといえば、いつだったかデイビー・ジョーンズ来日のことを書きましたが。
先日ふと見た番組にそのデイビーが・・・
なんとSMAPと一緒に「デイドリーム」を唄っていました。

こう言ってはナンですが・・・
こちらの方は・・・
見なければよかった・・・みたいな。

すっかりお歳を召してしまわれて、
昔から小さいと言う認識はあったけど、さらに縮んだ?
お腹周りもメタボで。
はっきり言って、お唄の方もなんだかナーだったし。
清志郎の日本語バージョンでも唄ってたけど
あれはいただけませんでした。

それにしても、何で今ここへきてモンキーズなんだろ???
by noro2happy | 2010-10-27 22:29 | テレビ

c0096685_23231416.jpg★★★★
有川浩:著『ストーリー・セラー』

先日「フリーター、家を買う」を読んだばかりで
またまた有川作品です。
けど、今回の有川さん、チト違います。

ほぼ1日くらいで一気に読みました。
まず、装丁見てください。
本にリボンがかかってます。
金色のシールもステキです。
ストーリーを売る人からのプレゼントって感じでシャレています。

すでに小説新潮に掲載されてた「Side:A」。
単行本化のために、新たに書き下ろされた「Side:B」の2編で構成されています。
読み始める前は、同じ物語を別視点で描いたものかと思っていました。
「冷静と情熱の間」みたいな。
ですが、2作はまったく別のお話しです。

さて、ここからはネタバレありありです。

二つのお話の共通点は、主人公が女性作家。
共にダンナがいて、お互いに唯一無二の存在となっていること。
なのに、「A」では主人公の女性作家が死んでしまう。
「B」では女性作家の夫が死んでしまう。
切なくて悲しいお話。

ところがこの小説、単なる悲恋話じゃないのです。

「Side:A」で最愛の妻を失った夫の気持ちになって
ぐっ、かわいそ過ぎる、なんてウルウルしていたら・・・
なんと「Side:B」の書き出しが
「前は女性作家が死ぬ話しだったから、
今度は女性作家の夫が死ぬ話にしたら」とは・・・

ひぇ~、そういうことか。
主人公の女性作家が、さらに、
女性作家を主人公にしたお話を二つ書いているって言う状態なんだ。
ややこしいけど、小説の中の小説みたいな感じ。

なるほど「A」と「B」はこうしてつながってくるのか。
そのあたりを納得して、引き続き「B」へ。
またまた切ないお話しだけど、途中で止められない。
ところが・・・なに、こっちは本当のことか?

でもって、最後のページ、編集担当者が
「このお話しは--どこまで本当なんですか?」
ワタシもそっくりそのまま有川さんに問いたいけど
まさかそんなことないですよね。
なんて思わせるなんて、まんまと彼女にはめられたか?
by noro2happy | 2010-10-26 23:34 | book

c0096685_22471828.jpg今日は近頃お気に入りのお菓子をご紹介。
というと、スイーツ系とお思いでしょうが、おかき、です。

ブルボンのチーズおかき。
えっ?普通?
ですがぁ、柚子こしょう風味です。

チーズおかきって、結構、旅行の友。
ビールのつまみにもなるし(思いっきりオヤジ状態・・・)
もちろんお茶うけにも。
これだけでも十分おいしいんだけどね。

柚子こしょう風味はさらにおいしいと思う。
おかきの中に柚子こしょうが入っているんだけど、
結構辛味あります。
それがチーズと一緒に食べるとマイルドで、
へぇ~、意外に合うんだッて感じ。
のりわさび味も悪くないけど、柚子こしょう、イケますよ。

写真とっていないので、ブルボンさんから無断借用いたしました。
褒めてるから、見逃して。
by noro2happy | 2010-10-25 22:48 | 味覚

以前から気になっていた、息子の部屋のカーテンを替えました。
ってか、もうワタシの部屋。

そのために、ちょっとしたカラーボックスやチェストをどかさなくてはならなくて。
今まで見て見ぬふり?
いや、極力見なかったことにしていた諸々を見る羽目に。

うわっ、汚な~~っ。
よくよく考えたら、息子がいなくなってから一度もカーテンを洗ったこともなかったし、
(あっ、因みに洗える射光カーテンだったのですが)
窓下のものを動かしたことなかった。

何より掃除が嫌いなワタシなのに、またしても大掃除のようになってしまいました。
今年の大掃除には絶対この部屋は対象外だな。

でも、真新しいカーテンは気分がよく、
スッキリした窓下には、観葉植物でも置こうという気になりました。
by noro2happy | 2010-10-24 20:55 | 日々のこと

c0096685_2219172.jpg★★★★
村上春樹:著 1Q84 book3

やれやれ、よかった。
よかったって言うのは、ハッピーエンドでというのと
book2でのあのモヤッと感がいささかり解消されてと言う意味で。
なにしろbook1・2の感想が、
だからどうなのよぉーでしたからね。

1・2に比べるとずっと読みやすかったと思います。
「青豆」「天吾」に加え今回は「牛河」の章が。
そうです、牛河さん。
あそこまで二人に接近していたのに、あんな最期とは。
チョットかわいそう過ぎる。
描写がリアルすぎて、こっちまで息苦しくなりましたわ。

けど、ワタシはあの冷酷なタマルが好きなのよね。
謎のキャラクターに惹かれます。
悪い人だけど、妙な魅力があって憎めない。
青豆と同じ心境。

1・2よりはすっきりとはいえ、相変わらずの???は残ります。
二人は無事1984年に戻ってこれたみたいだけれど、
ふかえりのその後は?
さきがけのその後は?
なんで牛河さんの口からリトル・ピープルが出てくるの?
で、天吾の本当のお父さんは
青豆があっちの世界へ送ったリーダー?
1Q84年のその後が知りたいけど、これでもう完結なんでしょうね。

不思議なお話しだったけど、ワタシとしてはおもしろかったです。

それにしても、すごいなぁー、「エネーチケーです」が。
NHKの集金人、インパクトあるなぁ。
NHKの人はどんなリアクションなんだろう。
by noro2happy | 2010-10-23 22:26 | book

今日の出来事

008.gif気まずい
朝晩すっかり涼しくなってきました。
今の時期の服装って、季節感バラバラ、実に多彩。
ワタシはご存知のとおりウォーキング通勤なので
いまだに家を出る時は半袖Tシャツ。

今朝すれ違った人は首にはもこもこファー(本物)。
ウールではないけど、ロングのコート。

ワタシ「うわっ、もうファー?」
アチラ「うわぁ、いまだに半そでシャツ?」

すれ違う時、お互いをチラ見。
心の声を聞き合った感じ。

005.gifス、スゴすぎる
朝刊の社会面に出てました。
チャリロト(って、言うんだねー、競輪のロト)で、9億円だって。
配当は貯まりに貯まって国内最高額。
いやー、お見事。
けど、こんなにいただけません。
さすが使い切れません。
ど、どうしよう・・・と小市民のワタシ。

この方の人生、これからどうなるんだろう。

022.gif決戦の金曜日
今年の4月からワタシの上司になったツッチー。
彼のことは以前一度だけ書きました。
6ヶ月たち、ヤツの傍若無人ぶりは留まるところを知らず。
ついに我らが室員の過半数が
彼に対してリコールを求めることになりました。
それぞれの思いを書き出してもらい、
それをまとめて上に提出してきました。
事務職最年長と言うことで、
女性代表はワタシ・・・

うわぁ~、走り出しちゃったよォー。
今後の展開は果たして・・・
by noro2happy | 2010-10-22 22:24 | 日々のこと