<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

夜行観覧車

c0096685_22404195.jpg★★★☆
湊かなえ:著 夜行観覧車

湊さんを読むのは、あのデビュー作「告白」以来。
いつだったか「王様のブランチ」での筆者インタビューを見て、久しぶりに新刊を読む気になりました。

舞台は高級住宅地の「ひばりヶ丘」。
この町では一番小さな家に住む遠藤家。
経済的に裕福な医者一家の高橋家。
さらに、長年この地に住み、婦人会のボス的存在の小島さん。
この3つの視点で物語が進みます。

殺人事件がおきたのは高橋家。
主人が殺され、妻は自分がやったと自供。
正当防衛か?
それとも誰かをかばっている?
事件の後行方不明となった次男も怪しい・・・
こう書くとサスペンスですが、
「ブランチ」で筆者は、描きたかったのは家族の再生物語と語っていたかと思います。
しかし、感想としては・・・
これで本当に再生できるのか?

以下は自分のための備忘録です。
ネタバレありなので薄色で。

高級住宅地にマイホームを持つこと。
息子が将来、夫と同じ医師になること。
息子夫婦と一つ家に暮らすこと。
三者三様の幸せの概念に縛られた末の悲劇。

やっぱり毒がありますね。
主要人物の誰一人として共感を覚える人がいないのです。
それどころか、ハラたつなーって人ばっかり。
中でも遠藤家の癇癪もち中学生、彩花。
あの生意気な口の聞き方、読んでいるだけで不愉快。
おせっかいな小島さんにもイライラするし。

はっきり言って、読んでいて楽しくはなかったです。
そんなことは初めからわかるだろって話し。
ならば「告白」だって、と言われるかもしれませんが、
あちらはストーリー自体にインパクトがあったから。
まぁ、ブツブツ言いながらもササーッと読み終えてしまいましたわ。

[PR]
by noro2happy | 2010-08-31 22:51 | book

味の持続と香りの持続

以前から気になっていたのですが 013.gif
ガムって噛み始めてからどんくらいで味がなくなりますか?
わりと早いですよね。
5分ももたないような。

『お口すっきり』だの『息さわやか』もいいけど
味が059.gif何分続きますって言うのはないのかな
って思っていたら・・・

なんと、あの
♪タ~ケ、タ~ケ、タケルゥ~♪
でお馴染みのロッテのフィッツで
♪味が長持ち40分♪
ってやってるじゃあありませんか。
ウッソー40分ってホントかい?

にわかには信じられない超持続性。
けど、話半分としても20分かぁ。
それでも大したもんだと思うので、これは近々検証してみねばね。

で、これと似たようなことを感じていたのが、トイレやお部屋の芳香剤。
これも、香りが続くのってせいぜい1週間くらいじゃないですか?
液はタップリ残ってるところがまた腹立たしいんだわ。

そうしたらですよ、これも最近のCMで見ました。
香りが60日間持続する消臭芳香剤。
ファブリーズ系だったかな。

ようするにね、こういう情報が欲しかったのよね。
香りとか味は人それぞれで好みが違うけれど
持続性をより具体的に表してもらうと選択しやすいと思うのです。

けど、これまたホントに60日間?
誇大広告の疑念を持ちつつも、次はこれかな。
ああ、まんまとはまってしまってるぅ?
[PR]
by noro2happy | 2010-08-30 23:10 | 日々のこと

簡単蒸し鶏レシピ

昨日だったかな? 一昨日?
悲しいことに1日たつともう、いつのことやら怪しくなります。
とにかく、テレビで見たんですよ。
蒸し鶏の手抜き料理を 001.gif

拙ブログをご愛読していただいている方には
どんだけワタシが料理に手を抜いているかご存知かと。
この蒸し鶏は、ご飯を炊くついでに出来てしまうようなので
さっそく今日試してみました。

炊き上がりました~♪
写真では分かりにくいですが、玉ねぎのみじん切りと鶏の胸肉が。
c0096685_20524051.jpg


盛り付けるとこんな感じ。
蒸し鶏の上には最近ワタシが重宝している、ネギ塩ダレとして市販されているものを。
c0096685_20534122.jpg


一見おいしそうでしょ 011.gif

でもね、実は失敗です。
いや、味はいいのよ。
完全蒸し鶏だったし。
ネギ塩ダレともよくあってたし。
では何かといいますと・・・
おコメの水加減。

テレビではそのあたり明確に触れていなかったと思うのよ。
まぁ、HPを見ればよかったのでしょうが、めんどくさ~。
いつものワタシの悪い癖。
おコメ1.5Cに対して胸肉2枚入れるんだから普通よりやや多目ぐらいよね。
なんてテキトーに炊いたところ、アチャー、ご飯柔らかい(^^;)

そうです。
玉ねぎの水分を計算に入れていなかったのね。
普通に炊く水加減でよかったんだわ。

しかし、多少柔らかくたって味が悪いわけじゃないしね。
今晩のメイン料理となりました。

次は絶対失敗しないぞ。

そうそう、レシピ、レシピ。
って言うほどのモンじゃありませんが。

普通にご飯を炊く要領で、玉ねぎのみじん切りと塩コショウした胸肉を一緒に炊きます。
後は炊飯器任せ。
鶏チャンの肉汁のだしが出ますが、ちょっと物足りなければ
あらかじめ塩少々入れておけば、シンプルピラフが同時に完成です。



話はガラッと変わって、今日の「龍馬伝」もよかったですねぇ。
何かを決意した時の福山龍馬の表情って、ほんと惚れ惚れ。016.gif
次回はいよいよ寺田屋騒動ですわん。
[PR]
by noro2happy | 2010-08-29 21:01 | 味覚

存在の美しい哀しみ

ここに来て、図書館から次々と予約本が舞い込みまして。
夏休みを前にうれしい悲鳴です。
(と、ここで唐突に余談ですが、かつてある先輩から
「『うれしい悲鳴』などという手垢のついた表現を安易に使うな」って叱られました。
ヘヘー、使っちゃってるモンねぇー)

とはいえ、期限があることなのでそうそう悠長に構えてもいられず
かなり読書な生活を送っております。
幸いなことに(ってか、これを幸いと呼ぶのか?)
このところずーっと、ずーっと一旦眠ったあと、2時間ほどの覚醒タイムがありまして。
その無意味な時間をひたすら読書に費やしているわけで。


c0096685_2118557.jpg
★★★☆
小池真理子:著
存在の美しい哀しみ

久しぶりに小池真理子さんの作品を読みました。
きれいで、静かな恋愛小説です。

異父兄がいることを母から告げられたのは、榛名が二十歳になった年。
それから8年後、母が亡くなったことをきっかけに
榛名は「兄」の住むプラハへ出かけます。
この第一章を伏線として、全7章がそれぞれの独立した主人公の視点で描かれていきます。

各々のストーリーはさほど目新しくもなんともないのですが、
しっとりと美しく、読み終えると「存在の美しい哀しみ」というタイトルがとてもふさわしく思えてきました。

それぞれの登場人物に感情移入するところまではいきませんでしたが、
ラスト七章の「ウィーン残照」で一章の決着がついたことで
物語の余韻を楽しめたのはよかった。

まぁ、なんたって魅力はプラハとウィーンでしょうね。
いずれも4年前の中欧旅行で駆け足で通り過ぎた町でしたが
こんなストーリーがあっても不思議ではないようなすてきなところでした。
[PR]
by noro2happy | 2010-08-28 21:21 | book

そうめんの食べ方は?

「秘密のケンミンSHOW」を見てました。
絶対見ねばってほど強い意志はありませんが、
忘れてなければチャンネルを合わせてしまう。

これでいつも面白いと思うのは大阪vs東京。
今日もやってました。
ブツはそうめん。
大阪のそうめんの上にはさまざまな具が鎮座ましまして。
これを東京の人に見せたらほとんどが「冷やし中華」と答えてました。
そう、ワタシもそう思いました。

逆に東京風、普通のそうめんに対する大阪人のリアクションは
「貧乏臭い」だって。
アハハ、笑ったなぁ。
大阪での夏を経験したのは2回だけだし、気がつかなかったわ。

そういえば、夫ドッコイにそうめんを出した時
「これだけ?」って聞かれたような気がする。
ワタシは昼ご飯だから、そうめんだけで何が不足じゃ?って思ったけど、
そうめんの上に具はないの?って意味だったのね。
それならそうと言ってくれればいいのに、ドッコイは寡黙だから・・・
今になって納得しました。

けど、ワタシの好みから言えば大阪スタイルに軍配を上げたい。
確かに、そうめんだけだと飽きてしまうのよね。
栄養的にも問題ありだし。
我が家では、昼にそうめんを食べるより、
断然、夕食の白米の代わりにすることが多い。
おかずとそうめん。
アルコールにも合うしね。
そうそう、そうめんチャンプルーもおいしいよねー。

今年はこれだけ暑いのに、まだそうめん食べてなかったわ。
近々登場させようっと。
[PR]
by noro2happy | 2010-08-26 22:19 | 味覚

汗かいたあとは・・・

3月まで通っていたスポーツクラブの
ビジター用割引券の使用期限が明日まで。
無駄にするのはもったいない。
久しぶりに今日、行ってまいりました。

運動45分、サウナ30分くらい。
サウナの汗はまた別です。
何が悲しくてこんな暑いところにとどまってるんだろうねぇ、なんて言いながらも
身体の奥深いところから出てくる汗はまた格別。
でもそれは、そのあとのお楽しみがあるからさ。

久々の中華「楽蜀房」で軽くね。
生ビール2杯と焼きそばと小籠包。
068.gif068.gif ああ~旨し、旨し。

理屈ぬきで、あ~生き返ったって感じです。
今週もあと2日、頑張るぞー!!049.gif
[PR]
by noro2happy | 2010-08-25 23:16 | 日々のこと

やっぱりチョコガ好き

c0096685_2225322.jpg

今さら~?って言われるかもしれないけど、
先日初めて食べました。
ローソンのプレミアムロールケーキ。

おいしいとは聞いていましたが、
ほとんどコンビニに行くことがないので
すっかり忘れてました。

人によっては堂島ロールケーキに匹敵とも。

う~ん、そうかなぁ。
なんか味が違う。

で、その数日後。
宅急便を出しに再びローソンへ。
そこで発覚。

どうやらワタシが食べたのは
プレミアムチーズロールケーキだったらしいの。
ああ、だから少し酸っぱかったのね。

そんなに種類があるとは知らなかったので、
てっきり普通のロールケーキだと思ってました。

残念ながらプレミアムロールケーキはこの日も売り切れ。
代わりに見つけたのは
プレミアムチョコロールケーキだぁ♪

ああ、おいしなぁ♪
今回はこれですっかり満足。
けど、近々プレミアムロールケーキも絶対食べてやるぞ。

[PR]
by noro2happy | 2010-08-24 22:51 | 味覚

桐島、部活やめるってよ

c0096685_22554493.jpg★★★☆
朝井リョウ:著
桐島、部活やめるってよ


かなり話題になっていたので、なかなか順番が回ってきませんでしたが
ようやく図書館からやってまいりました。
思ったよりも薄くて、すぐ読んじゃいそう。
(実際すぐ読めちゃう)
価格を見たら、えっ1260円かぁ・・・
なんか・・・お高い・・・
おいおい、読書感想文だろってか。

『桐島、部活やめるってよ』
先ずこのタイトル。
上手いですよねー、斬新。
同時にワタシの頭に浮かんだ言葉は
「ふーん、桐島部活やめるってか、なんで?」
なんて、アカの他人なのに好奇心そそられる。

で、当然主人公は桐島クンで、彼がなぜ部活をやめるに至ったのか
あたりのことが描かれているのかと思ったのです。
けど、違ってました。

桐島クンはバレー部のキャプテンですが、それ以上の情報はほとんど出てきません。
彼が部活をやめることによって直接的あるいは間接的に影響を受けた5人の話が
その目線で描かれているのです。
桐島と深く関わっている子もいれば、
ほとんど話をしたこともない子もいます。
運動部のキャプテンがいきなり部活をやめるってことはそこそこ話題になるけど、
基本的にはそれぞれが主人公なんだってとこがおもしろい。

今どきの高校生としてはリアル感あり。
よって、10代20代の人には高支持率なんでしょうね。
確かに、良い意味で期待を裏切るストーリー運びですが・・・
その前に読んだ「永遠の出口」ほど
我が身をリンクさせるってことはありませんでした。
[PR]
by noro2happy | 2010-08-23 23:00 | book

c0096685_20435710.jpg
こう暑い日々が続きますと、何が旨いって
ビールほど旨い飲み物をワタシは知りません。
しみじみ、あ~ぁ、酒飲みでよかった・・・と思うわけでありますよ。

c0096685_2045451.jpgそんなワタシが気になって仕方なかったのがスーパードライ・エクストラコールド。
話題の氷点下ビールです。
凍結した専用のドラフトタワーから注がれるマイナス2度のスーパードライ。
ねっ、ねっ、一度試さねばって気持ちになりますよね。

銀座の期間限定バーはいつも行列らしいけど、
アサヒビール本社のお膝元ではすぐに飲めるらしい。
親友のOSを誘って、ちょっと吾妻橋までランチビールへ行ってきました。

いいですねぇ、昼だと言うのにみんなビールを注文してる。
やはり一番人気はエクストラコールド。
キンキンに冷えてるのだから、グラスに水滴ついて、見るからに冷たそうなのかと思ったら違うのねー。
見た目はフツー。
そして飲み心地は・・・

口に含んだ瞬間はえっ?ってくらい冷たさを感じません。
感じるのは舌の奥から喉ごし。
ああ、なんて滑らかなヒヤッとした喉ごしなの。
普通のスーパードライよりマイルドな感じ。
ガツンとくる苦さをご希望の方には物足りないかなぁ。

ワタシはとても好きでした。
泡もクリーミーで、最後の一口まで味が変わらないところがいい。
うん、何杯でも飲めそう。
けど、ここは2杯で辞めときましたが。

せっかくなのでまたまたスカイツリーの写真を。
アサヒビールビルのミラーガラスに写ったスカイツリー。
c0096685_2046561.jpg


墨田区役所、スカイツリー、アサヒビールの3点セット?
c0096685_20474545.jpg

[PR]
by noro2happy | 2010-08-22 20:58 | 味覚

永遠の出口

c0096685_22545293.jpg★★★★
森絵都:著 永遠の出口
大腸内視鏡検査の長い長い待ち時間に読了しました。
ある意味、忘れられない1冊?

ウソです。
そんなん抜きにして、懐かしさと瑞々しさと蘇えらせてくれる。
そんなパワーを感じる、ちょっとい~い感じに胸キュンのお話しでした。

主人公紀子の小学校3年生から、高校3年生までの成長を描いた9編の連作集。
フフッ。。。名前からして思いっきり親近感。
『私は、<永遠>という響きにめっぽう弱い子供だった』
この書き出しで、シッカリつかまれました。

小学校のお誕生日会。
徹底的に恐ろしい担任。
ちょいグレしたかと思えば、バイトに精を出し。
そして見事に砕けた初恋。

誰もが一時期通過する懐かしい日々。
上手に生きてはいないけど、その時にしか味わえないキラキラした感情。
その描写がとっても繊細に描かれていて、思わず引き込まれてしまいました。
誰もが必ず、ああ、これ近い近いと、自分の体験を投影できるはずです。

終章、たった3ページのエピローグで現在の紀子の様子が伺えます。
永遠の出口は見つかったけれど、未来はまだ続く。
『だけど、私は元気だ。
まだ先へ進めるし、燃料も尽きていない』

ああ、今のワタシにはまぶしいセリフだわ。
[PR]
by noro2happy | 2010-08-21 23:04 | book