<   2009年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日はハロウィン

c0096685_19472338.gif
c0096685_1947445.jpg
錦糸町オリナスへ行ったら、子どもたちが魔女の衣装を着て、あちらこちらでイベント。
でもって、グーグルのロゴもハロウィン。
先日友達にいただいたチョコレートもハロウィン。

そのはるか昔・・・ワタシが保育園に通っていたころ。
カトリック系の園だったので、クリスマスはもちろん、
イースターやハロウィンの行事は欠かさず行われていました。
すごいでしょ、50年も前の話よ。
でも、卒園後はすっかりお見限りりだったのに、ここ何年か前から?もっと?
いやいや、すっかり定着してきましたねぇ。

024.gif024.gif024.gif なんだか便乗商法に踊らされている感、大ですが。
マァ、微々たるモンでも経済が活性化すればよしとして。 070.gif070.gif070.gif

[PR]
by noro2happy | 2009-10-31 19:53 | 日々のこと

c0096685_23323625.jpg
またまた行ってしまいました。
もんじゃの「砂むら」へ。
今回は別の友人と。
もんじゃ食べたいけど、どっかなぁーい?
あるある、月島系ではないもんじゃ、ご紹介しましょう、ってなことで。068.gif

写真は、10月のスペシャルメニュー。
「特製ピザそぼろもんじゃカレーリゾット風」
和風かい、イタリアンかい、それともインド系かい、はっきりしやがれ、って感じでしょ。
なんだか一見、おいしいとこ取りだけど、もんじゃとしては掟やぶりの感も?
ご飯とサラミとが入ってるんだよ、もんじゃに。 005.gif

066.gif が、ヤバッ、うまいっす。
これは食材特盛り状態ネーミングを再考したほうがいい。
いろんなものが、いい具合にコラボレートしています。
結局のところ、もんじゃにしたところが正解。
ナニ系とはいえないけど、強いて言えばカレー味の印象が強いか。
おなかにガッツリ来て、あと引くおいしさ。

今回初めての友達も満足してくれたみたいで、よかった、よかった。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-30 23:44 | 味覚

昨日の続き・・・
c0096685_22481921.jpg
数々の美術品を堪能した後は、久々の六本木をブラブラすることに。
とにかくおなかがすいていたので、東京ミッドタウンでランチ。
とりあえず近くで目に付いたフォーを出すお店に入りました。
ミニ丼のフォーと、タイ風チキンカレーとデザートのレディースセットで980円。
フォーはおいしかったけれど、カレーがさめていたのが残念でした。
c0096685_22445214.jpg
国立新美術館が初なら、このミッドタウンも初めて訪れました。
けど、ワタシラ的には別にどうということもないのねぇ。
わざわざ覗いてみたいようなお店もなく。
であれば、もっと庶民的な麻布十番商店街へ繰り出そうということに。
芋洗坂係長・・・ちゃうって、係長を取って芋洗坂。
ブラブラ下っていくと「麻布十番商店街」の看板。
さらにブラブラ行くと、有名な「豆源」がありました。
その先には鯛焼きの「浪花屋」。
「豆源」の向かい側には「麻布かりんと」って新しそうなお店が。
柚子かりんとの試食をいただきつつぐるっと見渡せば、すごい、日本中のかりんとうが集まったって感じで、とにかくかりんとうだらけ。
ちょっと惹かれるものがありましたが結局ひやかしただけ。

基本、わが地元の商店街とそんなに変わらないじゃないとは思いつつも、決定的に違うのが、やたらと目にする高級車。
ベンツとか、外国の高級車が駐車しています。
外交官ナンバーもありました。
欧米系の外国人の姿も多かったしね。

それにしてもよく歩きました。
帰りの大江戸線では、久しぶりに車中爆睡してもうたわ。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-29 22:53 | 日々のこと

c0096685_22342825.jpg
秋晴れの1日。
休暇を取って国立新美術館で開かれている「THEハプスブルク」展に行ってきました。
c0096685_22433971.jpgそういえば、六本木のこの美術館へ来たのは初めて。
曲線が活かされた建物は現代アート風で、なかなかユニークです。

さてさて、ハプスブルク家・・・046.gif
ヨーロッパに行くと、ガイドさんの説明に幾度となく出てくる名前です。
チラシに書かれているコピーを読むと
「ベラスケスもデューラーもルーベンスも、我が家の宮廷画家でした。」と。
カックエェ~。
ははぁ、仰せの通りでございます。
13世紀から20世紀初頭まで、600年以上にわたりヨーロッパに君臨したハプスブルク家。
歴代の王たちは、優れた審美眼と熱意をもって芸術保護に乗り出しました。
お陰でこうして、ヨーロッパ美術の真髄を伝える質の高いコレクションをずらりと観ることが出来るのですね。

最初に展示されているのがハプスブルク家の肖像画。
いきなりの「11歳の女帝マリア・テレジア」と「オーストリア皇妃エリザベート」に圧倒されます。
う、美しすぎる。
陶器のような肌、手触りまでが伝わってくるような、ドレスの質感。
特に、エリザベートの絵はカンヴァスも大きいので見応えがあります。
先日TBSで放送された「伝説の大帝国 ハプスブルクの宝石~マリア・テレジアの夢とエリザベートの涙~」を見て学習したばかりだったのでなおさらでした。
そして最後の展示室に飾られているのがベラスケス描くマルガリータ王女とその弟クンのフェリペ。
薄幸な生涯を知ってしまうと、きらびやかな衣装も、あどけない顔もなにやら儚げなものを感じますねぇ。

興味深かったのは、、明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に友好のしるしとして贈った画帖。
1869年に日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国間で修好通商条約が締結された記念の贈り物だそうですが、140年ぶりの里帰りですって。
西洋画に慣れていた目にいきなりの浮世絵。
ミスマッチなおもしろさと、素晴らしくきれいに保存されていて魅入ってしまいました。

ところで、今回の名画の大半がウィーンの美術史美術館所蔵のもの。
ここは、2006年の12月の中欧旅行で行ったのです。
いくつかの絵は見覚えのあるものでしたが、冒頭のマリア・テレジアやエリザベートを見た記憶がない・・・
当時のブログを読んだら、美術館に関してはなんと1行でスルー・・・トホッ008.gif
どうやらクリスマスマーケットで頭がいっぱいだったみたいです。
でも、こういうのを見てしまうと、またまたヨーロッパへ行きたいなぁ、なんてウズウズ虫が。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-28 22:48 | 日々のこと

ねんきん定期便

家に帰ったらブルーの封筒が届いていました。
ねんきん定期便だって。
そうだった、お誕生月に来るって話だったっけ。

とりあえず将来いただけるであろう年金見込額を見てみたのですがぁー。
は、は~はぁ~っ・・・少なっ 007.gif
加入期間はは387月だって。
65歳でいただく額の3倍くらいを支払っているようだけど、元だけは取り返したいなぁ。

ただでさえ苦手な数字がたくさん並んでるし、正直見るのもシンドイ気もするのですが。
自分の老後のことだしね、今度時間があるときに、ジックリにらんでみようと思っています。

初任給、64,000円でしたか。
そんな時代だったのねぇ。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-27 23:23 | 日々のこと

先日のランチタイムの会話で、30代の同僚が、
「本を読んでいて『人身御供』という言葉の意味を、初めて知りました」と。

びっくりだぁ。005.gif
確かに日常会話で使う言葉ではないけれどね。
我々世代には常識言葉のいまさらジロー。
彼女は結構本も読んでいるし、いろんな言葉も知っていたのに意外でした。

同じく職場でですが、女性が残業をしていると、必ず帰るときに
「ネズミにひかれないようにね」と声をかける上司が居ます。
残念ながら若手社員にはまったく理解してもらえませんでした。
何、ネズミって・・・どういう冗談?
ああ、ちょっと上司がお気の毒。

そういえば10年以上前ですが、かつて勤めていた職場のリーダーに
「ケンモホロロに断られました」って言ったら
「それどういう意味ですか」って、真面目に聞き返されました。
ちなみにそのリーダー、20代青学出身。

こうして古き言葉が廃れていくのねぇ。
ついつい誰もが知ってるものとして話してしまいますが、もしかして、
「彼女の言ってる意味わかんない」なんて思われていたりして・・・008.gif
[PR]
by noro2happy | 2009-10-26 23:31 | 日々のこと

新参者

c0096685_2255983.jpg東野圭吾:著
「新参者」

★★★☆
覚えていらっしゃる方は・・・いないかぁ。
つい先日、東野圭吾の新作を図書館で予約したところ、623人待ちということを書いたのですが。
フフッ、持つべきものは読書好きの上司。
会社の私設図書館のあるじ、F氏がきっちり買っておりました。
かくしてワタシは早々に「新参者」を読み終えたのですよぉ~。018.gif

さて、その内容は・・・
日本橋小伝馬町で、ひとり暮らしの中年女性が絞殺されました。
状況から物取りや暴行目当てでなく、顔見知りの犯行らしい。
一体彼女の身に何が起きていたのか。
練馬署から日本橋署に着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回ります。

今回は内容というより、そのストーリー運びがいつもと違います。
9章それぞれが短編小説のよう。
加賀は煎餅屋、料亭、瀬戸物屋、時計屋、洋菓子店・・・など事件に関係ありそうなところへ足繁く通い、ほんの僅かな、取るに足りないような事実を確認しながら事件の核心に近づいていきます。
そのプロセス一つ一つが小さな物語として完結しているのです。
そしていずれもキーワードは「人情」。
最終章「日本橋の新参者」でそれぞれをどう結びつけるのか楽しみでした。

東野さん、こんな展開もありなんだぁと思わせるところはさすがです。
下町で生まれ育ったワタシとしては、いまどきこんな人情や風情なんて・・・といささか冷めた目で見たりもしましたけどね。

ただ、ワタシのお好みとしては、重厚な謎解きの過程でありますので、今回のようにサスペンスというよりお茶の間ドラマみたいな感じのものは、まぁまぁかなといったところでした。
どうも東野さんには期待してしまうので、ついついハードルを上げてしまうのですよ。

人形町 小伝馬町 水天宮 浜町公園、明治座。
おまけに隅田川を越えてわが地元深川木場。
いずれもなじみの場所なので親近感100%。
そのあたりではとても楽しめました。
加賀刑事の日本橋署ってのは久松警察かな。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-25 23:09 | book

あなたは私の婿になる

c0096685_2217443.jpg★★★★
「あなたは私の婿になる」を観ました。

ちょっとばかり重めの映画が続いていたので、いささかくつろげる映画大歓迎。

カナダ国籍のマーガレットはアラフォーのキャリアウーマン。
NYでやり手編集者としてバリバリ仕事をしていたのに、なんとビザ申請が却下され国外追放の危機に。
これを回避するためとっさに考えついた策が、部下のアンドリューと結婚して、米国籍を取得すること。
おっかない上司の命令には従わざるを得ない可愛そうなアンドリュー君。
自らの昇進もかかっていることだし仕方ない。
おばあちゃんの誕生日パーティを兼ねて、偽装恋人はいざ、ふるさとのアラスカへ。
そこでマーガレットが初めて味わったのは、温かい家族の絆でした。

最初は偽の恋人が、徐々に惹かれていって最終的には真の恋人になるというパターン。
予告編どおりのありがちなストーリーですが、あちらこちらで皆が笑えるツボが随所に。
小難しいことは考えずに素直に楽しめるラブコメです。

サンドラ・ブロックって、そんなに美人だとは思えないんだけど、なんか親しみやすいのよね。
アンドリュー役のライアン・レイノルズもいい。
彼はスカーレット・ヨハンソンのダンナさまなんだそうですね。
なかなかカワユイ 016.gif053.gif

ところで、ワタシの前に座った、明らかに小学生の男子3人組。
そう、全員椅子の上に置く座高が高くなる補助クッションを抱えて入って来た君たちだよ。
一体何ゆえにこの映画を選んだのかな?
一人の子なんて、その前に座ってるおばちゃんと妙に気があってたみたいで?
映画が始まる前から「これおもしろいんですよね」なんて、妙に盛り上がってました。

さぁ、次は「沈まぬ太陽」か「風が強く吹いている」かな。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-24 22:29 | 映画

今日のお弁当

c0096685_21472986.jpg
このところのランチタイムは川辺の遊歩道で。
オフィスの周りにはたくさんの移動お弁当屋さんが店を出しています。
今日はワタシにとっては初めてのお店で、これを買ってみました。
011.gif マグロステーキカツ弁当だぁ~。
大き目のカジキマグロを揚げたものの上に、大根おろしとネギ。
ほんの少し甘いポン酢しょうゆがかけてあって、サッパリとしておいしかった。
オクラのおひたし、コンニャクの煮物、それに炒り卵というか、甘いスクランブルエッグが添えてあります。
ご飯は五穀枚、高菜、梅、炒飯、あともう1種類くらいあったかな。
この中から好きなものを選べます。
因みに写真は梅ご飯です。

メインのおかずは10種類くらいありましたが、どれもおいしそうに見えて目移りしちゃった。
ボリューム満点で、さすがのワタシも十分お腹が満ち足りました。 003.gif
お味噌汁の小袋付きで500円。
値段のわりには大満足でした。
暫く通うかなー。060.gif
[PR]
by noro2happy | 2009-10-23 22:02 | 日々のこと

日記

保険料の控除証明書が送られてきて。
年賀状印刷のチラシが目に付くようになって。
早くも年末が近づいてきたなぁって気になります。
文具売り場にはカレンダーや手帳が並べられているし。

来年は日記帳をどうしようかと、ただいま思案中。
手作りの5年日記を使っていたのですが、ついに今年で満期となるのです。
(くはぁ~、顧みればあっという間の5年間だった・・・)
システム手帳のルーズリーフを5年分に仕切っただけのものに、一言メモのように日々の雑感を書き込んでいました。
5年間の今日という日が一目瞭然で、それはそれで面白いし便利なのよね。
ほうほう、3年前の今日はこんなことがあったのかぁ、なんてね。
うん、アリバイ証明にもいいかも(って、アンタは何する気じゃあ) 021.gif

3年日記とか5年日記って、結構値が張るのですよ。
ずっと使うもんなんだからケチるな、って気もするんだけどね。
まぁ、もう少し考えようっと。

そうそう、それでね、3年前の昨日、ブログを開設したのでしたよ。
ふふっ、そのこともきっちり書き込んでありました。
4年目に突入いたしました。
いやいや我ながら長続きしてるなぁ、なんてね。037.gif
今じゃあそのブログが十分日記の役目を果たしているんですが。

こうしてみるとワタシってのは、結局のところ記録魔なんだわねぇ。
[PR]
by noro2happy | 2009-10-22 22:37 | 日々のこと