人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

先日の胃カメラの結果が届きました。
「まぁ、特に問題はないでしょう」と言うことだったので、
チャ~ラ~、ヘッチャラ~ 気分で開封したら、オヤ?
見慣れない言葉が書き込まれていたんですよ。
「食道裂孔ヘルニア」だって。
005.gif ソレって、何?
気になったのですぐ調べてみました。

「食道裂孔」・・・字面だけ見るとなにやら恐ろしげですが、
食道が通るために、横隔膜に元々開いている穴のことだそうです。
この食道裂孔から、胃が胸腔がわに飛び出してしまっている状態を「食道裂孔ヘルニア」と呼ぶそうです。

原因ですが、生まれつきこの穴がゆるく、胃が脱出している人もいます。
または、加齢により体の組織が緩むとともに、その部分も緩んでヘルニアになる場合も。
三大症状は胸やけ、胸痛、つかえ感とか。
そういえば検査の後先生が「胸やけとかしませんか?」って聞いたのは、このせいだったのね。
幸いいずれも思い当たらないので、今のところは単にヘルニアがあるというだけのようです。
こうすればよくなるってのもないのでうっちゃっておくしかなさそう。 042.gif
それにしても、年取ってくるといろんなところがたるんだり緩んだりするけど、内臓までとはねぇ。
なんか、悲しい・・・
あらっ、いやだ、ワタシの場合はきっと先天的なものだわ。
うん、きっとそう。
せいぜい、腹八分目を心がけましょう。
(これが難しいのだけどね)
by noro2happy | 2009-07-29 22:49 | 日々のこと

ロシアつながり

夏休み、ロシア旅行に行った職場仲間の山Pから、チョコレートのお土産をいただきました。
海外のお土産って、どうしてもチョコが多いですよね。
ヘタなお菓子を買うよりも、とりあえずハズレがないから、ワタシもよく利用します。

c0096685_23314627.jpg
ロシアとチョコってあまりイメージがつながらないけど、意外と(失礼)おいしかった。
でも、考えてみると日本のお菓子には、ロシアつながりってのがあることに気づきました。
例えば、ロシアケーキ
うわっ、懐かし~い?
大ぶりのクッキーで、中央にイチゴジャムやレーズンや蜂蜜などが装飾されていて。
硬くなるとそのジャム部分が歯にくっついて咀嚼するのも大変だったような記憶が。

もうひとつが、シベリア
はい、これまた懐かしいですねぇ。
カステラで羊羹をサンドした、三角のお菓子。
甘すぎてあまり好きではなかったです。
何でこれらがロシアやシベリアなんかよく分からないのですが・・・
いずれもノスタルジックなお菓子で、今ではほとんど見かけなくなりました。

c0096685_23322964.jpgシベリアケーキにお茶でも飲んで

 銀座のキネマに行きたいなぁ

 踊ろうか(森魚) 踊りましょう(緑魔子)

 どうせ今宵限りじゃない


ロシアつながりでなにやら懐かしい歌まで思い出しました。

← こんな包み紙に包装された別のチョコレートもいただきました。
   間違いなくロシアの少女だわぁ。
by noro2happy | 2009-07-28 23:42 | 土産もん

c0096685_232721.jpg高田郁さん著の「銀二貫」を読みました。

★★★★

『人はこれほど優しく、強くなれるのか?

一つの味と一つの恋を追い求めた若者の運命は?

時代小説の新星・感涙の書き下ろし』


ちょっとばかりこういうのに弱いのよね。
新聞広告の宣伝文句にひかれ、図書館で予約したのですが、意外に早く手元に届きました。

まぁ、ワタシにとっては初めての作家さんだし、久々の時代物だし。
失敗したらとっとと返却しようなんて軽い気持ちで読んだのですが・・・
これがなんとも清々しく、読後感爽快。
ダーティーなおばちゃんの心のススを洗い流してくれましたわ。

大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちの場面に遭遇します。
仇の息子である鶴之輔は父を亡くし、あわやのところで自らも殺されそうになっていたところ、銀二貫で和助に救われます。
お金は和助が天満宮に寄進するつもりで工面した大金でした。
やがて鶴之輔は松吉と改め、和助の下で商人としてのいろはを覚えていくのですが、その間にはさまざまな苦難が待ち構えています。
たび重なる大火、それによる初恋の人との別れ。
試行錯誤を繰り返すも、思い通りに行かない寒天や羊羹の開発・・・
それでも、ひたむきに自分の仕事を全うし、ひたすら恋した人を思い続ける姿。

サラッとした文章なのに、やけに胸にこたえるんですよ。
そして、節目節目にキーワードとなる「銀二貫」がどんな役目を果たすのか。
ラスト2行の会話でついにワタシの目から水が・・・。

現代には希薄になりがちな人情だの、恩義だの、とにかく生真面目なテーマですが、すーっと心に沁みるのです。
人が誠実であることの素晴らしさをひしひしと感じます。
by noro2happy | 2009-07-27 23:12 | book

見て見て見て~ぇ

c0096685_19112564.jpg
058.gif 058.gif 058.gif アジ~~ィ!!
今日の東京は完璧な真夏。
朝から太陽がガンガンに照り付けていました。
風があったので、少しは救われましたが。
つい先日、梅雨明けしてないんじゃないの?って書いたばかりですが。
でも、月曜日はまた雨っぽいし、どうなんだろう?

さて、いまだに悩んでいる自転車用傘取り付け機「さすべえ」ですが(しつこい)
今日はもっとすごいものを見てしまいました。
005.gif うわっ、っと慌てて携帯のカメラを操作したので、アングルもひどいのですが分かるかな。
屋根つきのママチャリを発見しちゃったのです。 005.gif
一見ピザ屋さんのスクーターのようでもあります。
左側の写真、後ろの自転車が邪魔なのですが、見て欲しいのは前の黄色い幌つき自転車。
ハンドルのところから透明ビニールカバーが付き、黄色い屋根へとつながっているのです。
右は真後ろ。
荷台のところに取り付けられているみたいです。
ひやぁ~、世の中にはこんなんもあるんだぁ・・・
めっちゃ気になったのでネットで調べてみたら、近いものが一つだけヒットしました。


ねっ、すごいでしょ。
まさにこんな感じだったんですよ。
特に雨の日の映像、最強だよね。
イヤイヤ、「さすべえ」ごときで悩んでちゃあいけないわ。
とはいえ、ここまでアップグレードする気もないのですが・・・

あの自転車をまた見かけないかしら。
我が家の前で遭遇したので、もしかしたらまた会えるかも知れません。
もちろん、どこで買ったか聞いてみますよ。 018.gif
by noro2happy | 2009-07-26 19:21 | 日々のこと

c0096685_2251262.jpg
ようやく暗くなってきました。

c0096685_2262963.jpg
通りの向こうに大輪の華。

c0096685_2293273.jpg
フィナーレの連発です。


隅田川の花火をこんなに近くで見たのは何十年ぶりのこと。
股関節手術仲間で、本所に住む友人のお宅に招かれました。
家の前にテーブルとありとあらゆる椅子を並べ、 068.gif 飲みながらの花火見物。
懸念されていた雨もなく、風が強かったのであまり暑さを感じませんでした。

う~ん、江戸の夏だわぁ。
た~まやーーーぁーーー!!
by noro2happy | 2009-07-25 22:15 | 日々のこと

057.gif 降ったり 057.gif やんだり 057.gif
傘が手放せない一週間でした。
戻り梅雨とか行ってましたが、本当はまだ梅雨明けしてなかったんじゃない?
先週の夏のような日々こそ、梅雨の中休みだったりして。
って、ひそかに思っているんだけど。

チャリ通勤者としてはこの微妙な天気のせいで、毎朝10分くらいは悩んでしまう。
公共の乗物を使うとすると、20分は早く家を出なくてはならず。
見極めが難しいのです。
やっぱり買おうかな、「さすべえ」。
これもまだ悩んでいる。
いい加減にしろ!って、内なる声が。

まだしばらくこんな天気が続くみたいですね。
明日は友人宅で、隅田川の花火を間近に見ながらの納涼会なんだけど・・・
中止にならなければいいのですが。
058.gif 058.gif 058.gif
by noro2happy | 2009-07-24 22:59 | 日々のこと

はぁ~、腹イッパイ。
どうしてワタシは八分目でやめられないんだろう。
出されれば出されるだけ目イッパイ。
なにも苦しくなるほど食べなくたっていいのにね。
いつも反省するんだけど、毎度同じことを繰り返す、「いやしんぼ」です。008.gif
c0096685_22202084.jpg
今日行ってきたのは、木場駅から徒歩1分にある、ネパール・インド・アジアレストラン
「ネイチャーパワー」というお店。
なんか、素晴らしい名前ですよね。
絶対忘れられない。
店構えもかなり目立っています。
c0096685_22261649.jpg
ネイチャーパワーサラダとタンドリーチキン。

とりあえず今回は、コース料理にしてみました。
サラダはアボカドやレタスきゅうりなどいろいろな野菜に、インド風クラッカーがトッピングされています。
ソースはゴマ風味。
骨付きのタンドリーチキンは熱々でジューシーでとてもおいしかったです。
c0096685_22303739.jpg
バターガーリックフライドポテトとモモ、それに野菜のフライ。

ポテトはうっすらとカレー味で、ケチャップでいただきました。
モモはネパールの小龍包です。
2種類のソースがついて、ハーブのものとサウザンドレッシングふうの。
いずれも辛味が効いていました。
正直こちらは中華風に醤油で食べたほうがおいしいのでは?
野菜のフライは、想像通りでなんとも。
c0096685_22391661.jpg
ミックスチョウミンとチーズナン。

ミックスチョウミンはネパール風焼きそばです。
ナポリタンにウスターソースを混ぜて炒めたような、甘辛い焼きそばでした。
なかなかおいしかったです。
チーズナンは、コースになかったけれど、お店からのサービスでした。
イヨッ、太っ腹!
c0096685_22435282.jpg
プレーンナンとザグバニール。

本当はこのコースのカレーはシーフードとなっているらしいのですが、ワタシたち全員が
「えっ、シーフードかぁ」とひいてしまって。
お店の人が「だったら好きなの選べば」という展開になって。
あつかましくも、この店のカレーの中では一番お高いザグバニールを選んでしまいました。
ホウレン草とチーズのカレーで、具もモッツァレラチーズがタップリです。
一緒に行ったKちゃんが、「弾丸トラベラー」というテレビ番組で紹介されていたのを見てて、ぜひとも食べてみたかったんだそうです。

コースにはこのほかライスとマンゴープリンとお茶がついています。
しかも驚くことに、カレーとナンは食べ放題なんですよ。
なので、冒頭の腹イッパイ反省文になってしまったわけで・・・
それにしてもこれで1980円とはなんて安いんでしょう。
味もなかなかだったし、とってもお得な気分でした。
サービスも対応もよかったしね。
ネイチャーパワーもらっちゃったかな?066.gif 066.gif 066.gif
by noro2happy | 2009-07-23 23:10 | 味覚

「運命の人」全4巻

c0096685_23504157.jpg
★★★★☆
山崎豊子:著「運命の人」1~4巻
ようやく読み終えました。

1971年の沖縄返還協定にからんだ、
いわゆる「西山事件」がモデルとなっています。

当時学生だったワタシには、
この事件は外務省機密漏洩というよりも、
「密かに情を通じ」という言葉に象徴される
男女のスキャンダルとしてのイメージが強く、
ワイドショー的な目で見ていました。

それから2年後、西山記者が新聞社を退職した年、
ワタシは偶然にも同じ新聞社で働くことになりました。
9年後に退職するまで、
なんとなく耳に入ってきた西山太吉という人のこと。
懐かしいといっては語弊があるかもしれませんが、
「運命の人」は是非とも読んでみたかったのです。


毎朝新聞記者の弓成亮太は、沖縄返還交渉を取材している過程で、
外務省の女性事務次官から機密文書を手に入れます。
日本政府が、本来アメリカが負担しなければならない400万ドルを
日本側が肩代わりする方向で交渉が行われたことを示唆する文書でした。
ニュースソースを明かさず、
いかに政府のからくりを世の中に知らしめることが出来るか。
悩んだ末弓成は、内密に国会議員に文書を渡すのですが、
やがてそれが議会で取り上げられ、誰もが知ることとなります。
しかし政府はシラを切り通し、
弓成と女性事務次官は国家公務員法違反で逮捕されてしまうのです。
当初は政府を強く非難していた世論でしたが、
弓成と事務次官が男女の関係にあったことが発表されると、状況が一転。
弓成の社会的な地位も家庭も崩壊していくのです。

1~3巻までは弓成の取材の駆け引き、
新聞社の内幕、法廷闘争が生々しく描かれていきます。
政府関係者の名前なども、ほとんどが1文字違いなだけ。
すぐどの人物かが思い当たり、
事件をかなり忠実に再現していると思われます。

4巻はそれまでとは趣が異なり、完全なフィクションとなります。
すべてを投げ捨て、失意のどん底の弓成がたどり着いた地が沖縄でした。

人々の温かい思いに支えられ、いつしか心身ともに立ち直り、
やがて真の沖縄の痛みに気がつくのです。
戦時中、国内で唯一、地上戦が行われ、
島民の4人に1人が死亡した沖縄戦の悲劇。
本土復帰後も、民家を押しのけて基地が広がる光景。
米軍兵による犯罪などの被害。
弓成がもう一度ペンを取ろうと決心したところで完結します。

山崎さんの作品を読むのは「白い巨塔」「華麗なる一族」「大地の子」に続いて4作目。
いずれも大作なのに、一気に読ませる力は本当にすごいです。
読み応えがある、なんて使い古された言葉しか思いつきませんが、
まさに堪能しました。
おもしろかったです。

西山事件に関しては、
この作品のお陰で当時の好奇心がほぼ満たされたかなという感じですが、
沖縄の現実ということでは胸が痛む話の連続でした。
正直個別の小説を読むような気分。
知らなきゃよかったって部分もありますが、
日本人として考えなくてはいけないと山崎さんは
訴えているんですよね。




by noro2happy | 2009-07-22 23:55 | book

薄雲をまとった部分日食

だった今、部分日食見て来ました。
薄雲の間から弓形のお日様が時々姿を見せてくれました。
淡い光とタカをくくっていたけど、目を閉じると残像が…。
首も疲れたけど、肉眼で見ることが出来たし、なかなか神秘的で結構感動モンでした。
次は26年後?
多分ムリかσ(^_^;)?
by noro2happy | 2009-07-22 11:52

ロクシタンと椿油

c0096685_21561343.jpg

タイへ出発前、成田の免税店でロクシタンのシャンプー&リンス、それにボディ・ジェルを買いました。
友人にも同じものを頼まれたりしたもんだから、出国前に大荷物となって。
でも、おかげで化粧ポーチとサンプル品もらっちゃった。

このポーチは面の部分にギャザーがとってあります。
見かけよりもたっぷり収納でき、旅先で早速重宝しました。
上をリボンで結ぶってのも気に入りました。
欲を言えば、もう少し汚れにくい素材と色柄だったら申し分ないのですが。
サンプル品はクレンジングソープとミスト化粧水でしたが、まだ使っていません。

ロクシタンのシャンプー&リンスは香りが気に入ってます。
ワタシの髪、度重なるカラーやパーマで、ショートヘアのわりには傷んでしまっているんですよ。
で、美容院で勧められたのが、ロクシタン・・・ちゃう、ちゃう。
古来より髪によいとされている椿油
ドライタオル後のまだ濡れたままの状態で、椿油の原液を髪に数滴馴染ませます。
その後は自然乾燥させるだけ。
これがとっても効果的なんですよ。
パサパサごわごわの髪が翌朝にはシットリとツヤツヤ。
今までの手触りと全然違うのよ~。
後の手入れは手櫛でササッだから、ものぐさなワタシにピッタリ。

そんな、ありがたい椿油ですが、たったひとつのマイナス点が。
それは独特の油臭い。
なんか頭の上から揚げ物の臭いが・・・?
でも、ロクシタンなら、すてきなプロバンスの香りで油の臭いがなかったことに。
香りが強いって人もいるみたいですが、ワタシにはちょうどいい。 060.gif

でもやっぱりちょっと贅沢品よね。
免税品店で、少しでも安く買わないと。
因みにネットで免税品予約をして、成田で受け取ればさらに5%引きになるよ。
帰りは必ず機内預けにするのを忘れないようにね。
by noro2happy | 2009-07-21 22:14 | 日々のこと