<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

スペインから帰ってきて1週間。
バタバタと仕事に追われ(自業自得)、落ち着いて旅行日記がかけません。
このままじゃ、どんどん忘れていってしまうわ。
とりあえず日程に沿って写真を中心にご紹介です。

2月14日、バルセロナ市内観光ですが、ガウディの世界が満載でした。
まずはそのひとつ、世界遺産『グエル公園』へ。
グエル伯爵の依頼でガウディがデザインした公園。
朝いちの見学だったのが幸いして、いつもは観光客でごった返しているのに、割とすいていました。
おとぎの国みたいな可愛い公園でとても気に入りました。
c0096685_21463159.jpg
     正面階段にある有名なドランゴン。
     お土産ショップにも、このドラゴンをデザインしたものがたくさんありました。
c0096685_21465228.jpg
          傾いた支柱は椰子の木がモチーフですって。高低差のある園内を結ぶ陸橋です。
c0096685_21471133.jpg
                上を見上げると、いたるところにこんな美しいモザイクが。
c0096685_21473717.jpg
     まるで砂糖をまぶしたお菓子の家みたい。

このあとモンジュイックの丘の上から町を一望し、いよいよ『サグラダ・ファミリア』へ。

c0096685_21483023.jpg
     バルセロナ観光のハイライト。ガウディといえば、これですよね。
     すべてをカメラに納めるのはなかなか大変。
c0096685_21485094.jpg
     「誕生の門」ガウディ存命中に唯一完成した門。重厚さに圧倒され、言葉もありません。
c0096685_21493045.jpg
     細かい彫刻が、びっしりと施されています。

c0096685_21494856.jpg
     いまだ建築中の門。すべて完成するのは、200年先という話も。

                     058.gif 058.gif 058.gif 次回につづく。。。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-28 22:31 | 旅行とプチ旅

今朝の情報番組を見て、ワタシは思わずのけぞりました。
なぁ~に~~~ぃい?
玉置と石原真理子が入籍だってぇ?!
005.gif 005.gif 005.gif
ビックラこいた~ビックらこいた~♪

かれこれ20年前ぐらいのことでござます。
玉置浩二にウツツを抜かしていた時代がございまして。
コンサートはもちろん、良い席を取りたいがゆえにファンクラブにも入り。
そのころちょうど玉置は、薬師丸ひろ子と再婚し、さわやかな記者会見などを拝見し、ああ、幸せになって欲しいなんて健気にも思ったものですよ。

ばってん、ばってん、石原真理子はありえんばってん~。
(何なんだ、アタシは)
24年の愛を貫くみたいなこと言ってたけど、そんな切ない韓流ドラマみたいのとはエライ違いだぞ。
かつての修羅場があり、例の暴露本でしょ。
DVなんてでっち上げにきまってる。
何のコメントもしなかった玉置はエライ、あんなアホな本は無視するが正解。
そう思っていたのに、アホはワタシだったのね。
007.gif 007.gif 007.gif
全部事実だって認めちゃって、ずっと謝りたかっただなんて・・・
しかもやっと結ばれただとぉ?
アンタ、元妻たちの立場はどうなるんだ。

再会から数日で入籍ってのも信じられない。
病気で気弱になっていた玉置が、石原真理子に迫られちゃったのかなぁ。
もうDVの心配はしてないのかなぁ。
何もかもがヘンだ、あの二人。
ヘン同士で意外と長続きしたりして。

玉置さん、あなたの考えについていけなくなりましたが、唄だけはまだ愛していますよ。
せめてこれを機に、かつてのような胸キュンの唄を作ってくださいまし。038.gif
[PR]
by noro2happy | 2009-02-26 21:44 | 日々のこと

コルドバの「花の小道」

今週に入ってからずっと、傘を片手のすっきりしないお天気が続いています。
スペインの真っ青な空が恋しいワァ~なんてね。
好天に後押しされて、今度の旅行では写真を撮りまくりました。
へたくそなカメラマンでも、絵はがきのように美しい出来映え。
まだ全然整理も出来ていないのですが、ちょっとずつ旅路の報告をしたいと思っています。

ところで、先日皇居の帰りに迷子になった話しをしましたが、女性に方向音痴が多いのは、DNAレベルで決められているらしいですよ。
狩りの必要がないので、方向感覚が発達しなかったんだって。
だから、いいのよって話じゃなく、なぜ唐突にそんなことを書くかというと、
コルドバの歴史地区を歩いていたとき、つくづくワタシはここに一人で入ったら一生出られないわって思ったから。
小道、小道、いたるところに小道で、まるで迷路。
「ヒダリニマガリマ~ス」「ミギニマガリマ~ス」と歌うような調子で案内してくれた
(事実彼女は鼻歌を歌いながら歩くのですが)
ペネロペ・クルス似の現地ガイドさんのあとをひたすら付いていったのですが、どこをどう歩いたのやら。
c0096685_2258268.jpgその、歴史地区旧ユダヤ人街の人気スポットが「花の小道」。
花はないけど、白壁の家がずらっと並んでいて、それはそれはかわいいたたずまいです。

←「花があんまりない小道」

でも、土産屋さんの店先にあった絵葉書を見てびっくり。
「うわ~ぉ~、時季が時季ならこんなにお花があるんだねぇ!!」
「間違いなく『花の小道』だぁ」
「次はこんな季節に来たいねぇ」
「えっ?気温45度近くになるって?」
「やっぱ今でいいわ」
「でもこの美しさ、カメラに残したい」
c0096685_22595717.jpg
というわけで、こっそり(といっても、かなり大胆に)絵葉書の写真をデジカメに。
060.gif 060.gif 060.gif
ど~よ、って、絵葉書買えっつうの。
(ひとりツッコミ)

←「花がある小道」

056.gif 056.gif 056.gif
[PR]
by noro2happy | 2009-02-25 23:19 | 旅行とプチ旅

『右岸』と『左岸』

c0096685_21285229.jpg
★ ★ ★ ☆

夕べは、というか、正確には今日ですが、妙に目がさえてしまい、結局夜中の3時ごろまで読書タイムとなってしまいました。
辻仁成さんの『右岸』と江國香織さんの『左岸』
ようやく読了。
どぅほぉぉ~~~っ、疲れたぁ。
久しぶりにズッシリきましたねぇ。
いや、内容というより総文章量においてだけど。
2段組、左右あわせると1000ページにも及ぶわけでして。
読みでがあったわぁ。

辻・江國コンビといえばもちろん「冷静と情熱のあいだ」ですよね。
愛し合いながらも離れてしまった男女の心の動きを、それぞれの側から綴ったラブストーリー。
竹野内豊とケリー・チャンで映画にもなって。
こん時のタケタケがまた素敵でさぁ~☆☆☆016.gif 016.gif 016.gif
いかん、話がそれそうだ。
今回もそんなのを期待していたら、まったく違うものでした。

『右岸』では特殊な能力を持った男性「九」の半生を描いているのですが、霊魂とか輪廻とかっていうスピリチュアルな世界。
それはそれなりにおもしろく読めたのですが、ラブホテルの屋上が森になったり、宙に浮かんだりするあたりから、あまりにも現実離れしてしまって。
おまけに、酒の飲みすぎで太ってひげも髪もぼうぼうって、どっかで見たような・・・?
ビジュアル的にはまるでショーコーじゃない。
ちょっとうーん、て感じになってしまいました。

一方の『左岸』は九の幼馴染みであり、ずっと思いを寄せていた女性、「茉莉」が主人公。
その男性遍歴を含め、「チョウゼンとしていればいい」という生き方がとても印象的です。
どちらを先に読むかというところですが、ワタシは右岸から読んだので、人物関係などが良く分かったように思うのですが。

「冷静と~」では辻さんのほうが好きだったけど、今回は江國さんの方が面白かったかな。
期待が大きかっただけに、両方合わせて星3.5個ってとこで。
全編を通じての博多弁がなんとも言えない味を醸し出しています。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-24 21:39 | book

久しぶりに爺さん登場。

今さらなんだけど、つくづくアルツハイマーってのは不思議な病いです。
最近ワタシが見ている爺さんはいつもボーッとして覇気がなく、ほとんど寝たきりが多くて。
排泄の始末とかも大変だったりしたの。
でも、今日は饒舌で、驚くほどしっかりしていました。

バスで5分ほどのところにあるスーパーまでお出かけしたらしいのです。
買いたいものを5つほど列記したメモを握りしめてね。

爺「200円払ってさぁ、バスに乗ってスーパーまで行ったんだよ。
  ところが、何にも買わずに帰っちゃってさぁ。
  まったく何しに行ったんだか分かりゃしねぇよ。
  つくづく、俺もボケたもんだって思ったねぇ」
私「アタシだって冷蔵庫の前まで行って、何取りに来たか忘れることしょっちゅうだよ。
  年相応じゃないの?」
爺「そうか、あんたにそう言われると安心するよ」
003.gif 003.gif 003.gif
また、ニュースを見ながら
 「アカデミー賞とかってのは、なんだい?
  世界的なモンなのかい?
  日本がとったって言ってるけど」

おしゃべりだけ聞いてると、普通の老人の言葉にしか思えないのに、こんな日はごくまれです。
ずっと分からないままなら、介護するほうもあきらめがつくのに、たまにこんなふうに以前の爺さんがよみがえるので、もしかしたらって期待してしまって。
罪な病気だわ。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-23 20:56 | 日々のこと

c0096685_2102876.jpg昨日は昼ご飯後の2時ごろに、猛烈に眠くなって。
ほんのちょっとの昼寝のつもりで横になったのだけど、なんと起きてみたら5時過ぎじゃありませんか。
ビックリしたぁ。
なんだか1日をボーっと無駄に使ってしまったよ。

今日もまた同じような時間帯に睡魔に襲われて。
コリャいかん、昨日の二の舞いは演じるまい。
で、ジム友Kちゃんに誘われた、皇居までのウォーキングに付き合うことにしました。070.gif

歩くにはちょうど良い暖かさで、咲きかけた緋寒桜など見ながらのんびりと。
さすがに皇居はジョガーのメッカ(?)だねぇ。
老若男女、人種もいろいろ、走ってる、走ってる。
のんびりタラタラのワタシたちをどんどんを追い越していきます。
時間的に皇居を1週するのは難しそうだったので、途中北の丸公園にちょっと寄り道してUターン、Uターン、Uターン(しつこい)のはずだったのに・・・
005.gif 005.gif 005.gif
どこをどう間違ったのか、日本橋方向に歩いているつもりが、あら? 明らかに有楽町方面でない?
ひぇ~、帰り道が分からなくなちゃったよ。
こんなとこで迷子になるなんて。
足は疲れてくるし、いい加減夕飯のしたくも気になる時間帯だしで、仕方ない。
東京駅からJRで両国までたどり着いたのでありました。
012.gif (小銭を持ってて良かった)

三浦しをんさんも言ってたっけ。
方向音痴は近道しようと思うな!って。
まっこと、そん通りでありました。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-22 21:08 | 日々のこと

ここ1ヶ月前くらいからかなぁ、親指の付け根が痛くて。
始めは左手だけだったのが、そのうち右の方も痛くなって。
ひどい時は、夕飯の包丁を握るのも嫌になることもあったの。
人によっては、左右対称はリュウマチの特徴だから、早く診てもらった方がいいよなんて脅されたり。
でも、ワタシの場合は朝より夜の方が痛むので、単純に親指の使い過ぎによる腱鞘炎くらいに思っていました。

Excite エキサイト : 社会ニュース
今日のネットのニュース見ていたら、う~ん、どうやら「ドケルバン病」ってやつみたい。
「親指を酷使すると起きる腱鞘炎の一種で、手首の親指側が痛む症状が特徴」だって。
患者が増えているのは、PCや携帯の使い過ぎもあるらしいです。
そうなのよ。
旅行中はほとんど痛みを忘れていたもの。
それに、こうしてみると確かにスペース・変換キーを押す時が一番痛い。

「妊娠時や産後、更年期の女性がかかりやすく、ホルモンバランスとの関連があるといわれているが、詳しい仕組みは分かっていない」かぁ。
チェッ、言いたかないけど、更年期障害のひとつってわけね。

親指を使わないのが一番効果的らしいけど、仕事では一日中PC使ってるし、ちょっと無理。
しゃあない。
スペースキーを親指以外で押す練習をすることにしました。
ちょっと慣れるまでやりにくいけど、これ以上ひどくなって、注射や手術なんてことになったらもっと困るしねぇ。
008.gif 008.gif 008.gif
[PR]
by noro2happy | 2009-02-21 22:57 | 日々のこと

057.gif成田に着くと、雨???
しかもサブ~イ()´д`()

帰ってまいりました、無事スペインから。
結構強行ではありましたが、堪能しました。
058.gif058.gif058.gif素晴らしい旅でした。
旅行記はまた写真(とにかく天気が良かったので、絵葉書みたいな風景がいっぱい撮れました)などとあわせ、おいおいご報告したいと思います。

さて、旅行に関連しているのですが、空港の荷物検査を受けた時のことを。
ロンドンのヒースロー空港のセキュリティチェックは厳しかったです。
EUでは一番厳しいのではないでしょうか。

行きはよいよいだったんですが、昨日、帰りのトランジットのとき。
いつもは必ず金属検査のときポーンと鳴り、女性の検査官のボディチェックにあうのが当たり前のワタシ。
多分これは両股関節に入っているチタンのせいだと思うんだけど・・・
この時は本当に珍しくもパス。
ヤッター、スムーズに入れるわん、と思ったのもつかの間。
何故かワタシの手荷物だけが、途中から枝分かれして別の道へ。
ショルダーバッグと手提げバッグをすべて開けられて調べられました。
ポーチの中身や、財布の中身、スリッパの袋とかも一つ一つ取り出されて。

日本語が堪能の男性検査官は、現金ゼロの財布を見ながら
「カワイソウネェ、オカネナイネェ」(大きなお世話だっ)とか。
幸い妙なものは入れていなかったんで公衆の面前で空けられても大丈夫だったけど、なんとなく恥ずかしいものです。
結局何に反応したのかは分からないままだったのですが、思うに、ポーチの中の爪切り?
でも、検査官はこれを手に取ったんだよ。
それでもスルー。
おそらくキーホルダーとしか思わなかったのかもね。

この間15分くらいだったでしょうか。
手荷物検査はどこのブースも長蛇の列なのに、無駄話しては手が止まり、なーんとなく緊張感に欠けるところもあり、日本人の感性ではちょっと考えられない光景でした。

さぁて、早くもこの時間(21:50)で猛烈に眠くなったので、ここらでお休みなさいとさせていただきます。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-20 22:01 | 旅行とプチ旅

トレド

c0096685_5403538.jpg

早いものでスペインの観光も今日が最後(/_・、)
ここはトレドです。
16世紀の街並みがそのまんま残っている素晴らしいところ。

それにしても、何を観ても感嘆驚愕の連続でした。
「スゴイ」「素晴らしい」っていう言葉しか出てこなくて。
自分のボキャブラリー不足を痛感してしまったわ。
(~▽~@)♪♪♪

今までにないくらいお天気にも恵まれたし。

明日の飛行機が早いのでなんと2時半起き。
真夜中だよ!有りえ~ん(>_<)
[PR]
by noro2happy | 2009-02-19 05:40 | 旅行とプチ旅

ドン・キホーテの村へ

c0096685_194528.jpg

今日は移動日。
バレンシアからグラナダまで550キロ位のバスの旅です。
途中ラ・マンチャのドン・キホーテゆかりの町に立ち寄り、唯一の観光。
有名な風車が有るところですね。
相変わらず空が青い。
旅日和。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-16 01:09 | 旅行とプチ旅