人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

母の三回忌

暖かく穏やかな日でした。

母の三回忌を営みました。
アッと言う間だったような気がするし、もうずいぶん昔のような気もするし。
確実なのは、母の記憶がどんどん薄れていくことです。
あんなに献身的に尽くした爺さんですら、
「今日は三回忌法要だよ
もうすぐ2回目の命日だよ」
耳元で大声を張り上げたけど、
「そうか、もう忘れちゃったよ」って。
こちらは病気のせいもあるんだけど。

お坊さんの読経を聞きながら、母のことをいろいろ思い出してみました。
一番最初に浮かんだ顔は、微笑んだ遺影の顔。
次が赤ん坊の息子をベビーバスに入れているときの顔。
あと、ワタシの結婚式の時の顔。
どれもが、アルバムに残っている、一瞬をとらえた顔ばかり。
思い出はいろいろあっても、その時の動いている表情が浮かばなくなってしまった・・・。
未だに忘れないのは、晩年のベッドで寝たきりの顔っていうのが切ないです。

夢の中にも出てこないし、見えないけど側にいる、って気もしないんだけど。
おばあちゃん、あの世ってどんなとこですか?
そちらからはワタシ達が見えますか?
いずれワタシもそっちに行きますが、その時は会えるのかしらねぇ。
by noro2happy | 2008-11-30 20:50 | 日々のこと

c0096685_21184599.jpg

3年くらい前まで席を置いていたゴスペルグループ「スター・オブ・ソウル」
略してSoSのライブがありまして、今日はそのお手伝いに行ってきました。
会場は先だって、なぎら健壱の「フォーク夜話」が行われた区の文化センター。
ナンかこのところしょちゅう来ている感じだわ。

ここでのライブは毎年恒例で、ワタシも何度かステージに上がったことがあります。
そのころは無料だったし、座席もゆったり配置してもチラホラ空席があったりしたのですが。
今日は1000円の有料ライブ。
しかも300人用意した席は満席。
なんか、なぎらっちん時より混んでいる・・・
思えば、ワタシが入ったころはまだ、区のカルチャースクールの一講座にすぎませんでした。
講座終了後は自主運営となり、今年は10周年の記念すべきライブ。
017.gif
ピアノ伴奏にベースとドラムスが加わり、さらにパワーアップした素晴らしい歌声でございました。
あーぁ、ワタシも続けていれば、このステージに立てたのに、って感なきにしもあらずで・・・
が、悲しいかな、かつて何度も練習した歌なのに、すっかり忘れている。
曲は覚えているのに、歌詞が出てこない。
身体がリズムを刻むのに、やっぱり歌詞が出てこない。( ̄□ ̄;)!!
ダメねぇ、歳とってから覚えたのって、ちょっと離れただけでもう記憶のかなたに埋没してしまうみたいですよ~。
トホホ・・・007.gif
それでも今日のライブに触発されたか、なんか大声あげて歌いたい気分です。
060.gif060.gif060.gif
by noro2happy | 2008-11-29 21:33 | 音楽

三の酉

いよいよ12月かぁ。
って、まだ2日あるけど、11月のお仕事は今日までだったから。

そういえば明日は酉の市ですね。
三の酉。
三の酉の年は火事が多いって昔から言いますが。
鶏のトサカは一つでも赤いのに、三つもあれば真っ赤っ赤。
トサカの赤と火事をかけたもの、だそうです。
というのは、先日の「フォーク夜話」でなぎらさんが教えてくれました。
(ほかにも諸説あるみたいですが)

ついでに、粋な江戸っ子の熊手の買い方についても語ってましたねぇ。
例えば3万円の熊手。
値切りに値切って「よっしゃあ、1万円に負けた」
って言われたら・・・
ホントに1万円しか出さないのは無粋な人。
1万円プラス、元の熊手の代金3万円をご祝儀として上乗せするのが通なんだって。
通と言うより、江戸っ子の見栄っ張りって感じですけどね。

あの熊手、ビジュアル的にはすごいもんがありますよね。
大判小判、おかめに米俵、鶴に亀。
古今東西のおめでたいものオンパレード。

そういえば、我が家は商売家だったのに、不思議と熊手はなかったなぁ。
そうか、熊手に使うなら年末ジャンボに走るってタイプだったのかも。
by noro2happy | 2008-11-28 23:17 | 日々のこと

貸切プール

寒いわぁ~。
予報通り、雨もポツポツ降ってきちゃったし。

今、スポーツクラブから帰ってきたとこです。
焼酎のお湯割り、チビチビやりながら書いています。

さすがにこんな日は、わざわざ泳ごうって人もいないらしく、広いプールはワタシの他に、あとひとりだけ。
贅沢な貸し切り状態でした。
帰る頃になってようやく、一人1コース分の人が入ってきたけどね。

ワタシも今日はプールの前にサウナへ直行し、十分暖をとってから入りました。
こうすると、ちょうど水風呂替わりで、プールの水が気持ちいいのだわ。
以前、その話をジム友にしたところ
『サウナで毛穴全開になった状態でプールに入ると、皮膚が塩素を思いっきり吸収しちゃって、よくなないんだよ』
って言われちゃった。
本当かしら。005.gif005.gif005.gif
理屈としてはわからんでもないけど。
そのことによって、ワタシのお肌が漂白されたってこともないし。
もっとも、あったら怖い・・・
by noro2happy | 2008-11-27 23:04 | 日々のこと

清澄庭園のライトアップ

c0096685_22515125.jpg
     期間限定、たった1週間だけ行われる清澄庭園のライトアップを見に行ってきました。
     去年は気がついた時には終わってしまってました。
     近いからいつでも行けると思ったら大間違いですね。
     ここへ来たのは何十年ぶりだろう。
     夜の庭園は昼間の顔とは全然趣が違っていました。

c0096685_22465412.jpg
     ライトアップされているから赤いのか?
     本来の紅葉がどれくらい進んでいるのかわかりません。
     でも池に写るハゼの木(?多分)が幻想的です。

c0096685_22554913.jpg

c0096685_22561990.jpg

c0096685_225773.jpg

c0096685_22574613.jpg
     ライトアップされた樹々をじっと見ていると、ここが都会の真ん中とは信じられない気が
     してきます。
     まして、家のすぐ近所なんて。


c0096685_22563949.jpg
           行く道々を照らしてくれる優しい灯り。
           残念ながら今度の日曜日までです。

     
by noro2happy | 2008-11-26 23:33 | 日々のこと

東野圭吾「聖女の救済」

c0096685_2241686.jpg★★★★
「容疑者Xの献身」に続く、ガリレオ湯川の長編2作目です。
とはいうものの・・・ワタシの中では「X」はガリレオシリーズではありません。
あの小説の主役はあくまでも石神であるから。
でも、あえて続編というならば、いずれも「愛」ゆえのということにな
りますか。
もちろんその深さは、石神のそれには遠く及ばないし、凡人のワタシには理解不能の「愛」でもあります。

自宅で毒物により殺害された男。
はじめから犯人は、離婚を切り出されていた妻・綾音であろうということが分かります。
ところが、彼女には鉄壁のアリバイが。
調査を進めるのはお馴染み草薙刑事と、ドラマから誕生したキャラ内海薫。
内海は女性ならではのカンで、綾音に疑いを持つのですが、草薙は密かに綾音に引かれている様子。
内海は湯川に捜査協力を求めます。
そこで湯川が出した推理は「虚数解」。
理論的には考えられるが、現実的にはあり得ない・・・
トリックに驚くというより、この仕掛けを完遂するために、1年もの間考えられないような緊張を強いられた、女の執念にただただ唖然としてしまうのです。

予想通りといいますか、残念ながら「X]を越えるにはいたりませんでしたが、着目点、発想の奇抜さで十分楽しめました。
それにしても「X」では全く感じなかったのに、今回の「聖女」では湯川がもう、福山にしか見えなくなってきました。
(ドラマも映画も見ていないのに)
東野さんがどんどん福山に近づけて行ってるって感じ。
場面場面もテレビを見ているようで、始めから映像化を意識して書いたのかしらと思える節も。
内海がiPodで聴いてる曲が福山雅治、なーんてドラマファンへのサービス精神も旺盛です。
by noro2happy | 2008-11-25 22:50 | book

c0096685_20264543.jpgやったぁ!! COLDPLAYのチケットが届きました。
001.gif001.gif001.gif
来年2月のさいたまスーパーアリーナ。
ちょっと遠いけれど、今回は一緒に行く友人山Pもいるので楽しみだわぁ。
そう、どちらかといえばコールドプレイの曲を聴くようになったのは、山Pの影響大。
あまりしつこくすすめるので、ファーストアルバム「PARACHUTES」を聴いてみたのですが、始めは正直それほどでもありませんでした。
ところが、何度か聞くうちに、不思議なくらい心の中に馴染んできてしまうのです。
ボーカルも、抑揚のあるも曲調も独特だったりするんですが、妙に染み入るのよね。
以来、ワタシの中の要チェックってバンドでした。
そして最新アルバム「Viva La Vida(美しき生命)」で決定的に。
ワタシはこれまでで一番気に入ったアルバムでしたが、昔からのファンにとっては、サウンド変わっちゃったって感じなんでしょうか。
山Pは前の方が好きだって言っていましたが。
060.gif060.gif060.gif
そういえば、去年の11月もMAROON5のチケットをゲットって書いてたわ。
年に1度の洋楽ライブか。
by noro2happy | 2008-11-24 20:32 | 音楽

c0096685_193578.jpg
★★★☆
宮部みゆき・著
おそろし「三島屋変調百物語事始」

宮部みゆきさんはの時代小説を読むのは、「孤宿の人」に次いで二作目です。
恐ろしいけど、見てみたいという、怪談大好きなワタシ。
装丁の「おそろし」の文字からしてなにやらおどろおどろして。
でも、期待に反して(?)「おそろし」感より「かなし」感が勝っていたかな。

実家で起きた不幸な事件がきっかけで、心を閉ざしていたおちかは、江戸で袋物屋「三島屋」を営む叔父の家に身を寄せることになります。
なんとか力になりたいと思う叔父は、ある日おちかに重要な役割を言いつけます。
それは、摩訶不思議な恐ろしい体験を持つ者たちが語る、百物語の聞き手となることでした。
「黒白の間」で語られる人間の業や悲しみを聞くうちに、いつしかおちか自身も過去の闇と向き合えるようになっていくのですが・・・

1話から4話の短編がオムニバス形式でつながっていて、最終章ですべての登場人物が顔を出します。
一応それで完結するのですが、それまでのゾワッとした印象から、突然元気文章。
ゲーム好きな宮部さんらしく?RPG冒険風になっていてちょっと違う感じです。

ワタシが一番興味をそそられた物語は2話の「凶宅」でした。
ほかのお話は何となく怖い「モノ」が分かるのですが、「凶宅」はモノの本質が分からず、それが怖かった。
それにしても、ストーリー展開っていうか、設定?
よく考えますよねぇ。
誰もが抱く、ちょっとした欲や善意や疑心、いうなればささやかな日常がちょっと歪んだ時に、おそろしが始まるんですね。

サブタイトルが「三島屋変調百物語事始」となっているので、シリーズ化されるのかな。
by noro2happy | 2008-11-23 19:12 | book

トム・カー・ラーメン

c0096685_21451895.jpg
バンコクにいる息子に、ちょっとした荷物を送るように頼んだところ、一緒にトム・ヤムトム・カーのペーストが入っていました。
よしよし、母の好みを知っているねぇ。
トム・ヤムは言わずと知れたトム・ヤム・クンの素。
トム・カーは、それに鶏肉とココナッツミルクを加えるとワタシの大好きな、トム・カー・ガイが出来上がります。
この二つは何かと重宝するペースト調味料なので、タイの食材店へ行ったときは必ず買いこんできます。
でも、トム・カーはあまり見ないのよね。

早速今日のランチはトム・カーをつかってトム・カー・ラーメンを作ってみました。
ココナッツミルクがなかったのでペーストをお湯で溶き、あとは冷蔵庫に残っていた白菜と豚コマを一緒に煮ただけのスープ。
この中に茹でた中華めんを入れます。
辛酸っぱくて、生姜とレモングラス風味がきいた、ちょっと変わったラーメンの出来上がり。
ココナッツミルクを入れれば甘・辛・酸の三拍子そろったスープになったんですけど、なくても十分おいしかった。
メチャメチャ自己流だけど簡単、かつウマイヾ(@^▽^@)ノ
トム・ヤム・ペーストを使ったラーメンもおすすめです。c0096685_21453869.jpg

←タイのポストパック(ゆうパック?)の専用封筒はなんか可愛らしい。

スタンプもゾウさんの絵柄でした。

by noro2happy | 2008-11-22 22:01 | 味覚

独りごと

最近とみに多くなった気がします。
独りごと。
以前、スーパーでサンマをカゴの中に入れるか入れないかを、ずっと独りごとを言いながら悩んでいるおばちゃんがいて。
「サンマねぇ。
ああ、でもあれがあるから・・・
そうね、安いわ、
うーん、後にしようかなぁ」
面白いからずっと横にいて聞いていました。

でも、だんだん笑えなくなりつつある。
ワタシだって今日、気がついたら独りごと言ってたもの。
まぁ、前のおばちゃんみたいに長くはないものの、
「もう一品は何にしようかな」なんて。
これって、加齢現象?

それで思い出しましたが、併せてワタシは始終唄を歌っているみたい。
鼻歌ってやつですが。
確かに自転車なんか乗っていると、無意識に口ずさんでいるのを自覚します。
それも、月がきれいだなぁって思えば
♪月がとっても青いから~
とか、
風が冷たいと感じれば
♪北風吹きぬく 寒い朝も~
なんてね。
朝の情報番組で聴いた歌は、その日の午前中いっぱいずっと歌っています。
うーん、何なんだろうねこれは。
by noro2happy | 2008-11-21 22:33 | 日々のこと