人気ブログランキング |

<   2008年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

c0096685_20311117.jpg072.gif072.gif072.gifプラス0・5

旅行記はまた後日として、旅の道づれと言えば、迷うことなく音楽と読書。
今回持参した本は「雨の日も、晴れ男」
あの「夢をかなえるゾウ」の著者・水野敬也さんが書いた最新作という事で、即予約しておいたのですが、間に合ってよかった。
と思ったのもつかの間、あまりにスイスイ読めてしまうので1時間もかからないで終っちゃった。
文庫でページ数も少ないしね。
まぁ、こんなこともあろうかと、もう1冊ハードカバーを持ち込んどいてよかった。
因みに、こちらの方はまだ読み終わっていません。
今日は「晴れ男」君の方で。
070.gif
なぜか舞台はイギリス。
主人公はアレックス君。
これまたなぜか大のジャパニーズびいき。
070.gif
二人の幼い神のいたずらで次々と不幸な出来事がアレックスに襲いかかります。
会社はクビになるわ、振り込めさサギにはあうわ、家が焼け、すべてを失なう(自らの命も)という、そのすごさたるや、どんな韓流ドラマだって、ここまで不幸なのはなかったと・・・(関係ないか)
しかしアレックスは常に、超天然ともいえるものすごいプラス思考で人を楽しませていきます。
アレックスに起きたその後とは・・・
043.gif043.gif043.gif
人間にとって一番大切なのは、いつも近くにいる誰かを楽しませ、喜ばせようとする姿勢なんだと教えているのですが、それが自然にできるアレックスのようになるのは無理としても、要は物事考え方一つで良くもなれば悪くもなるってことですね。
ネガティブはいけませんや。

読みものとしての面白さは「夢をかなえるゾウ」のガネーシャと比べてしまうと、どうしても見劣りがするのですが、旅のお供、あるいはヘコんだ時のお守りとしてはいいんじゃないでしょうか。
by noro2happy | 2008-07-21 20:42 | book

c0096685_1448157.jpg

今回のタイ旅行では、1泊はどこか海の見えるリゾートでのんびりしたいと思っていました。
はじめはパタヤビーチでいいかしらと思っていたのですが、なんだか調べていくにほどにただの歓楽街っぽいし、海もとても汚れているらしくて。
058.gif058.gif058.gif
そこで、いろいろネット検索の結果、ワタシ達が選んだのがサメット島。
バンコクから東へ200キロに位置し、自然が色濃く残された島で、海もきれいそう。
バスで3~4時間くらいのようだし、そこからは船で30分ほど。
アクセス的には伊豆、初島あたりをイメージしていました。
(どーも想像が貧困で申し訳ない)
058.gif058.gif058.gif
サメット島にはいくつかのビーチがありますが、東岸サイケオ・ビーチはマリンスポーツを楽しむ旅行者に人気のようです。
ワタシ達は、高級リゾート(ここインポータントね)で静かに過ごしたい人にお勧めの西岸にしようと。
日本から予約したホテルは4つ星リゾートの「ル・ビマーン・コテージ&スパ」。
価格は2万5000円くらいで、初めは一人分で?と尻込みしてしまったのですが、よくよく見れば1部屋分。
一人分8000円ちょっと。
なーんだ、伊豆に泊るより安いじゃん(まだ伊豆を引きずっている)とね。
058.gif058.gif058.gif
サメット島への玄関であるラヨーンまでは、ただひたすら連れて行かれた状態でよく分りませんでした。
どこやらからのバス停からマイクロバスに乗って(タイ人しかいなかった)、2時間チョイ(ほとんど寝てたし)くらいでサメット島への玄関口「バン・ベー」港に到着でした。

c0096685_14591855.jpg←11時にホテルの送迎シャトルボートが来ることになっているので、それまでホテルのオフィスを兼ねている待合室で休憩。
サービスで置いてあったバナナに手を伸ばし、うっ、♪甘ぇ~。
味が濃くて、今まで家で食べていたバナナは何だったんだ。


c0096685_14484988.jpg←お迎えのシャトルボートは前に書いたように、思いっきり速く、僅か10分でホテル前に到着。
でも久しぶりのジェットコースター気分を味わいました。
熱帯植物の茂るなかに隠れ家のように20のコテージが点在しています。


c0096685_14492220.jpg←ウェルカムドリンクはこれぞ生パイナップルジュース。
実をそのままくりぬいたココナッツジュースは飲んだことあるけど、これは初めて。
チョー甘くておいしかったぁー!

003.gif

c0096685_14494895.jpg←ワタシたちのコテージは706号

c0096685_14502317.jpg←天蓋付きのベッドがステキ。
エキストラベッドはちゃんと入っていたけど、でもぉ・・・ダ、ダブルベッド?
ワタシはシングルを二つで予約しておいたはずなのに。
まぁ、仕方がない、旅先のことゆえ今回は良しとするか。
でも、とっても広かったので隣の動きも全く気にならず、快適に眠ることができたのです。


c0096685_1451245.jpg
c0096685_1451597.jpg
↑ プール。
プールの一番はじから海を眺めていると、まるで海と一続きになっているようにみえます。


c0096685_1452262.jpg←あくる朝、潮の引いた浜辺を歩いていると、いたるところにこんなウ〇チのようなものがいっぱい。
近くで見てみると、これまたコーモン様のようなところから、どんどん砂が吐き出されています。
やっぱりどう見てもウ〇チ。
砂に潜った貝のようなものが砂を吐き出しているんでしょうね。
オモロイなー
037.gif


by noro2happy | 2008-07-20 15:42 | 旅行とプチ旅

c0096685_11443570.jpgバンコク1日目は朝っぱらからチャトチャックのウィークエンドマーケットへ繰り出しました。
土日のみのマーケットで、比較的人の少ない午前中が狙い目だそうです。
ということで8時半ごろ息子にホテルまで迎えに来てもらい、トゥクトゥクでサイアム駅へ。
トゥクトゥクは道がすいていれば風が心地いいのですが、ラッシュ時はフットワークはいいけど、排気ガス吸いまくりだし、しかも熱風がすごいのが難点。

c0096685_1146115.jpgc0096685_11471388.jpg そこからBTS(スカイトレイン)に乗りました。
チケットはテレカの様なカードを買って改札口で通し、下車駅のモーチット駅改札で回収。
BTSはきれいでした。
でも冷房がものすごく効いていて、たぶん15分くらいでしたがすっかり冷えてしまいました。

c0096685_11482889.jpgマーケット内は細い道が入り組んでいて、しかも広い。
マップをもらったけど自分がどこを歩いているのかさっぱりわからないし、似たようなお店がいっぱいだし。
それでもまだそれほど混んでいなかったので、予想よりゆったりと見ることができました。
でも午後は歩くのも大変なんだそう。

そんなさなか、前に書いたけど夫ドッコイがねぇ。
まぁ、大事に至らなかったからしつこくは書かないけど。
そんなこともあって、昼過ぎには退散。
帰りはカンペン・ペット駅から地下鉄に乗りました。

c0096685_1149481.jpgc0096685_1150211.jpgゲットしたもの一部を紹介しますと・・・
左はハグする男女をデザインした、ソルト&ペッパー入れ。
チープな割にはなかな可愛いらしかったのでお土産用に。

右のバッグは600円くらい。
トロピカルな柄が気に入りました。
コーティングされた生地がしっかりしていて、収納ポッケもたくさん。
使い勝手が良かったので、今回の旅にはとても重宝しました。


c0096685_11505125.jpgc0096685_11511029.jpgさて、午後からは男どもには勝手に歩かせといて、ワタシはネイルアート。
足だけで約2500円というのは相場よりちょっとお高かったかも。
でも仕上がりには満足ですが、あれから1週間たち、ワタシの指からお花が3つ消えました。
グスッ。007.gif
by noro2happy | 2008-07-19 12:21 | 旅行とプチ旅

c0096685_22475825.jpg
東京は梅雨明けしたかなー、なんて思いつつ帰ってきましたが・・・
どうやら明日あたりらしいですね。
それにしても毎日暑かったようで、明日の最高予想気温35℃ですって。
バンコクも暑かったけど、東京も暑いねぇ。
こっちの方が湿気があって、体にこたえる気がする。
ただ、向こうは建物や乗り物の中の温度が異常に低い。
一体何度に設定しているのか。
そのわりに皆、特に女性なんてタンクトップ1枚で平気なんだから。
ワタシはといえば、どこへ行くにも長袖が離せませんでした。
008.gifそんな温度差もあってか、帰路スワンナプーム空港に着いた途端、突然寒気と眠気で体調不良。
帰りの飛行機では一切の飲食物をとらず、トイレにも行かずひたすら爆睡状態でした。
ようやくほぼ回復しましたので、明日からはボツボツ旅の報告をしますね。

写真は、出国パスポートコントロールの先にあるヴィシヌの神話をモチーフに作られたモニュメント。
アンコールワットに行ったときもヴィシヌ神のことはいろいろ聞いたのですが、このモニュメントを見てもいったいどんなお話だったやら・・・
ただただ、きらびやか~。
思わずカメラに収めてしまいました。

by noro2happy | 2008-07-18 22:48 | 旅行とプチ旅

悲しいねぇー。
楽しい時はあっと言う間なの。
バンコクの夜もあと一泊のみです。
明日は日本に帰らねば(;_;)
今回の収穫は、とにかくタイ飯を満喫したことかな。
ほとんど毎回違うものを食べ、そこそこのレストランから屋台まで味わい尽くしたは言い過ぎだけど、イヤー満足しましたぜ。
と、いろんな乗り物に乗れたことも。
地下鉄、スカイトレイン、バス、トゥクトゥク、船、バイク等々。
そうそう、象さんもね。
とにかくいろんな体験が出来 、楽しかったなあ。
日本に帰って使いものになるのかしら、なんて、オイルマッサージで溶けだしそうな脳ミソで考えています。
by noro2happy | 2008-07-16 21:00 | 旅行とプチ旅

c0096685_19544564.jpg

バンコクから車で二時間半ほどの、ラヨーンという町からシャトルボートで10分くらい。
サメット島に来ました。
ル・ビーマン・コテージに一泊します。
ステキなところで、プライベートビーチはのんびりとリゾート気分を満喫できます(*^□^*)
それにしても、シャトルボートは速いのはいいけど、恐っそろしくバウンドして海に振り落とされそうな勢いでした。
by noro2happy | 2008-07-13 19:54 | 旅行とプチ旅

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットにやって来まし。
暑い。
でもいろんなお店がひしめきあっていて、何を見ても楽しーい。

そんな時に事件です。
大変だぁ!
夫どっこいが迷子(いや迷大人というべきか)になったわ。
気付いた時には姿が見えませんでした。
携帯もないし、暫く手分けして探したけど…
まぁ最悪大人だから一人でホテルに戻るだろうとあきらめかけつつも、最後の頼みの綱、インフォメーションセンターへ行くと、お父さん発見!
よかったねぇ!
ドット疲れが・・・
初日からこれじゃあ先が思いやられるわぁ。
by noro2happy | 2008-07-12 16:01 | 旅行とプチ旅

2008バンコク・TG677便

c0096685_16554080.jpg

いよいよバンコクへ出発です。
楽しい夏休みを過ごすことが出来ますように!
by noro2happy | 2008-07-11 16:55 | 旅行とプチ旅

明日から夏休み

やれやれ、今週は忙しかったな。
なんだかんだとバタバタした一週間でした。
でも、いよいよ明日からは夏休み!!!
怒涛の11連休だぁーーー。
004.gif004.gif004.gifありがたや、ありがたや。
明日の今頃はバンコクのホテルでホッと一息ついているころ、の予定です。
今回は、観光は1日だけであとは行き当たりばったり。
観光ったって、ゾウさんに乗ってトレッキングなんですが。
それと一泊だけ、パタヤのチョイ先、サメット島というところでリゾートの予定。

ところで実は今の今までパスポートがなぁーい、って大騒ぎしていたんです。
昨日までちゃんとあるべきところにあったのに。
夫どっこいも巻き込んで大捜索。
何しろ過去に、大阪までの往復新幹線のチケットを失くした実績(?)があるのでね。008.gif
結局よくわからないんですが、洋服ダンスの引き出しから出てきました。
なぜか、Tシャツの上にちょこんと。
どうして?なんで? 有り得ん事だ。
はずみってやつなんでしょうね、不思議なことだわ。
当日じゃなくてよかった。

これで厄を落として、何事もなく旅を終えることができますように。
by noro2happy | 2008-07-10 23:55 | 日々のこと

これって丁寧なの?

今朝の情報番組を見ていたら、コンビニ等ではつり銭の小銭を渡すときに、両手を添えてと指導しているところがあるらしいのです。
なるほど最近、そんな風に手渡されることが多いとは感じていたんですよ。
その方が丁寧であると思われているようですが、ワタシ個人的にはあまり好きではありません。
以前、スポーツクラブの受付で「ごゆっくりどうぞ」の言葉と共に、両手を握らんばかりに会員カードを渡す人がいて、その女性の時だけは握るスキ(?)を与えずに、カードをなかばひったくるようにもらっていました。

スキンシップという言葉がありますが、逆に自分の犯されたくないエリアっていうのもあるわけで、手に触れない程度でならいいのですが、しっかり包み込むようにされるのは男女にかかわらず抵抗があるのです。
ましてや初対面の赤の他人ならなおのこと。
小銭を落とさないような配慮なんですかね。
最近は丁寧の意味をはき違えていると感じることがよくあります。

つり銭のお札をいったん自分で確認した後、さらに「まずは大きいほうのお札から1枚、2枚、3枚・・・」続いて「小さい方○○円です」と。
急いでいるときや、レジ前が長蛇の列の時は閉口します。
マニュアルには、空気を読み臨機応変な対応を、のひと言を是非入れといてほしいですね。

034.gifそうそう、もうひとつ。
若干意味合いが違うのですが、エレベーターで、たった二人しか乗っていないのに、「開」のボタンを押して、後にいる人を待っていてくれる人。
どうぞ気になさらずにとっとと下りてくださいよ。
そんなに急いでこの扉は閉じませんから。
親切でやってくれていることは重々承知なのですが、こちらとしてはかえって気を遣うのです。
へたすると、「いえいえ貴方こそお先に」なんてバカげた譲り合いをしたりしてね。
058.gif058.gif058.gif
みんなそんなに親切丁寧、気配りの人だったなら、別に優先車両じゃなくたって、お年寄りや体の不自由な人には席を譲りましょうよ。
by noro2happy | 2008-07-09 23:25 | 日々のこと