人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

旬ダネ

c0096685_1912337.jpg


MOA美術館の敷地内にある竹林(?と呼んでいいんでしょうか)には、タケノコがごろごろ生えていました。
生タケノコをこんなにいっぱい見るのは初めてです。
005.gif005.gif005.gif



c0096685_19123843.jpg

さすがにこのあたりではタケノコ泥棒なんていないようで、うっちゃられたタケノコがにょきにょきと。
子っていうか、タケノオトナ(なら竹かい?ややこしいな)状態でした。
何年くらいで立派な竹に成長するんですかねぇ。

013.gif013.gif013.gif

c0096685_18525536.jpg

こちらは近くの公園の藤棚です。
ちょうど見ごろ。

001.gif001.gif001.gif


c0096685_19105493.jpg


藤の花の蜜は格別とみえ、結構大きなハチが次々とやってきます。
いいねぇ、自然だねぇ。
あ~ぁ、またどっか行きたい!!
003.gif003.gif003.gif

by noro2happy | 2008-04-30 19:20 | 日々のこと

c0096685_14112425.jpg熱海でも岩盤浴に行きました。
駅前の商店街を入ってすぐのところにある、湯治館そよ風の「嵐の湯」です。
日帰り入浴は2500円で、タオルなども全てついているので手ぶらでOK。

ここの岩盤浴の石は、砂利状です。
玉砂利のような石が隅から隅まで厚く敷き詰められています。
いままで、平らな石の上に横たわる岩盤浴しか知らなかったので、こういうのは初体験。
熱海温泉の源泉で15種類の薬石を温めているそうで、浴室内はその温泉水の蒸気で、中に入るなり普通の岩盤浴にはない、湿気を感じました。
実際に横たわってみると、これは熱い。
いつもの岩盤浴なら15分ほどうとうとしているうちにようやく汗が出て、って感じですが、これはとてもうとうと出来る代物ではありません。
日ごろドライサウナで慣らしているワタシですら10分居られなかったもの。

いったん涼み処で休憩。
ものすごい汗の量だわ。
サービスのミネラルウォーターを飲みながら、壁に貼ってある効能書きやら、体験談などを読んだりして熱を冷まします。
実は熱気を避けるため、タオルを顔にかけて入っていたのですが、温泉の粒子を深く吸い込んだほうが体の中から老廃物を排除できるので、なるべくタオルをかけずに深呼吸をして下さいだって。
そっかぁ、ならば次は思いっきり吸い込んでやろうと思いつつ、第2ラウンド。

くぁ~、熱くてダメだぁ。
今度は5分でリタイア。
向かい側にある浴室の水風呂でしばし身体を冷やして、ファイナルラウンドへ。
今度は水風呂効果か少し長くいられたけれど、とにかくハンパじゃない汗の量でした。

一緒に入っていたおばあちゃんは、ここの常連さんらしく、その効能を絶賛していました。
ワタシ達はたった1回きりなので効果のほどはわかりませんが、とにかく気持ちが良かったし、体の中が浄化されたって気にはなりました。
それで十分だ。
あとは温泉に浸かって本日のコース終了。
お腹もすいたところで、近くの「雑魚屋」というお店で遅いランチタイム。
アジたたき定食とビールに大満足でした。
もちろん、帰りの電車では爆睡。
これもデトックス効果?
あ~~~ぁ、癒された!!!
058.gif058.gif058.gif
by noro2happy | 2008-04-29 14:26 | 旅行とプチ旅

c0096685_21383340.jpg


↑駅前で足湯ができます。



熱海から帰ってまいりました。
一泊なんてあっという間。
でも、リフレッシュできたわぁ~。
宿泊場所は「リゾーピア熱海」です。
全室オーシャンビューの部屋は広くてとても開放的。
露天風呂がないのが残念ですが、浴室からはガラス越しに雄大な海のパノラマが広がっています。
一応会員制のホテルですが、ビジターにも一部解放されているようです。
今回ワタシ達は、知り合いのつてで部屋を取ってもらったので、一室4500円、プラス食事代です。
朝御飯だけ和定食を予約し、夕食は部屋で大宴会を予定していたので、大丸のデパ地下で食料を買出ししてきました。
4時くらいから始まり、持ち込みの焼酎とブランデーでなんと12時近くまで大宴会が続きました。
068.gif068.gif069.gif069.gifよく飲み、よくしゃべりましたわ。

で、今日はと言えば、前日の酒盛りの後遺症もなく
(頭痛に悩まされることなく、ホント良かった!)
ひと風呂浴びて朝御飯。
味も、量も、見た目もとっても満足のいく内容でした。
従業員の対応もきちんとしていてよかったです。

c0096685_21412284.jpg
宿を後にしたワタシたちは「MOA美術館」へ向かいました。
目的は「古代エジプトの美展」。
実は、次回またたび会海外の旅の第一候補がエジプト。
これは一応見とかんとねぇ。
美術品だけに限らず、ここの美術館のロケーションは素晴らしいですね。
ムア広場や庭園がとてもきれいでした。

あれ~、もう少しいろいろ書きたかったのですが、NHKスペシャル「日光・月光菩薩はじめての二人旅」が始まる時間なので、続きはまた明日ね。029.gif029.gif029.gif

by noro2happy | 2008-04-28 21:46 | 旅行とプチ旅

ヒーローズ初回

056.gif056.gif056.gifなんだか今年はいつまでも寒くないですか?
昼間は確かに暖かいけど、日が落ちると風が冷たくて上着が離せない。
夜になって雨が降ってきて、冷たい雨だわ。
いつもGWに衣替えをするのですが、まだしばらくこのままでもいい感じだし。
着る物に困るのよねぇ。
ちょうど今天気予報をやっていますが、明日からは気温が上がって暖かくなるって。
五月晴れって言葉があるくらいなんだから、その通りになってほしいよね。
明日は“またたび会”の熱海温泉一泊旅行。
まぁ、そんなこともあって実は天気が気になっているんだけど。

先日録画しておいた「ヒーローズ」の第1回を見ました。
初回なのでまだ登場人物達の紹介にとどまっています。
各々が自身の持つ特殊な能力について、戸惑ったり喜んだり。
今日のところは、ググッと引き込まれるまでには至っていませんが、友人の話では回を重ねるごとに面白くなるというので、これからが楽しみです。
美女とイケメン揃いの中で、異彩を放つマシ・オカ扮する日本人ヒーローヒロ・ナカムラは癒し系。
040.gif040.gif040.gifそれにしてもよくある話ですが、外国映画に出てくる日本および日本人の様子があんまりで、いまだにそれかいって思わず突っ込んでしまいました。
スーツ姿でみんなでラジオ体操らしきものをしているのも変だけど、なのに、出勤や退社後の飲み屋ではネクタイにブルゾン姿。
いったい何をお手本としているのやら。
飲み屋街の看板も、通勤電車の中も、カラオケで歌っている歌がバック・ストリート・ボーイズも有り得ないでしょ。
真面目に見ないでギャグとしてスルーしないとだめだわ。

かつては「ダーク・エンジェル」にハマり、最近では「24」シリーズ。
さぁ、この「ヒーローズ」はどこまでおもしろくなるでしょうか。
by noro2happy | 2008-04-26 21:46 | テレビ

c0096685_19531560.jpg
友人のNさんに誘われて、シティボーイズの公演「オペレッタ ロータスとピエール」を観に天王洲アイルに行って来ました。

出演はシティボーイズ(大竹まこと、きたろう、斉木しげる)、中村有志、ピエール瀧
ワタシにとってシティボーイズが初めてなら、天王洲アイルに来たのも初めて(そういえば、モノレールに乗るのも何年ぶり?)。
当然、会場の銀河劇場も初めてという、初めてづくし。
といわけで、期待に胸をふくらませて。

開幕のベルが鳴るとすぐ場内アナウンスが。
「まもなく開演になりますが、しばし私の鼻歌なんぞをお聞きになってお待ち下さい」
アレッ?、この声は斉木さんでないの。
名前は忘れたけどクラシックの名曲と「君が代」の2曲を熱唱(?)です。
決して上手ではない鼻歌を聞かされたあと、いよいよ開幕。
ですが・・・、その後はへぇ~、こういう展開なんかぁ、って感想。
それぞれは関連性のない6つほどの小芝居(というより、コント?)ナンセンスな世界が繰り広げられます。
詳しくは書きませんが、サラリーマンネタや軍隊ネタ、仮面トークショーネタ(個人的にはこれが一番面白かったかな)など。

最後は出演者全員の思い思いのネタばれトークで締め。
「昨日の初日は台詞カミカミでしたが、今日はだいぶうまくいきましたね」ときたろうさん。
でも、斉木さんは結構カンでいたけど。
「何千回も練習したのに」という斉木さんに
「おまえはどこまで嘘つきなんだ」と大竹さんのツッコミ。
再びきたろうさん「それにしてもピエールさんの上達ぶりには目を見張るものがあり、昨日と今日では天と地ほどの差」と。
ピエール瀧さんは「電気グルーヴ」の人。
(♪夢でキスキスキス~の歌しか知らないけど・・・)
確かにこの人の芝居は面白かった。
というか、やらされているキャラがすごくハマっていたのだけれど。

全体としては、オジサンパワーさく裂で頑張ってたし、笑えたけれど1時間50分という上演時間なども考えると、ちょっとチケット代には見合わないかなぁ・・・。
by noro2happy | 2008-04-25 20:04 | 日々のこと

c0096685_195238.jpg

パンダの次はゾウだよぉ~って、またまた読書感想文です。
去年の秋から予約していた水野敬也著「夢をかなえるゾウ」がやっと届き、一気読みしました。
072.gif072.gif072.gif072.gif
自己啓発本というと、なんだか当たり前のことをさももっともらしくという印象が強くて、これまで全く食指の動かないジャンルでしたが、これは一応小説?
その手法のせいか、押し付けがましさがないのはもちろん、随所に笑いありで実に楽しめました。
おもろい小説として自然に自己啓発できるのがGOOD。

自分を変えたいとは思っているけど方法が分からない。
出来れば楽して成功したい。
そんなことばかり考えているごくごくフツーのサラリーマンの僕の前に、突然現れたゾウの“ガネーシャ”。
「自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、確実に成功する」と。

自称インドの神様にしては、話し言葉はなぜか関西弁。
寒いギャグも言うけど、どんな姿にも変身でき、お釈迦様さえ舎弟扱い。
そんなガネーシャから僕は、毎日ひとつ「靴を磨く」とか「会った人を笑わせる」とか「1日何かをやめてみる」といった課題を与えられます。
簡単そうに見えるけど、やってみると意外に難しいし、地味だし。
「冗談じゃないよ」と思いながらも、僕は課題を実践してくのですが、僕の心の動きは、読者であるワタシの心の動きとシンクロしていきます。
うわぁ、ウザッと思っていたのが次第に気になる存在になり、いなくなると寂しい・・・
最後に僕がどのようになるのかは、読んでからのお楽しみ。
001.gif
随所に散りばめられた、古今東西の偉人のエピソードもとても興味深いです。
もっともガネーシャにかかれば、
「歴史上のキーパーソン育てたのほとんどわしやで」で、
ニュートンの前にリンゴを3回も落としてやったり、マイケル・ジョーダンにバスケから野球への転向を相談されたりだそうです。
極めつけは富士急ハイランドの「フジヤマ」乗りたさに、わざわざやってきた釈迦との漫才としか思えないやり取りなんて、ホント笑えました。
041.gif
ワタシなんぞはこの歳になると、今さら・・・って思いも無きにしも非ずですが、そんなこと言ったらガネーシャに「自分それだから変われへんのや」なんて言われそう。
でもこれから社会に出る青少年に贈る本としてはぴったりではないでしょうかね。
そうだ、ワタシも今度息子にあったときに渡してやろうかな。

因みに著者である水野敬也さんは、大学在学中に新宿などの路上で1分100円で人をホメちぎる「ホメ殺し屋」というものをやっていたそうです。
さすがに実体験があってこそ、この本なんだなぁって思いましたね。

なにやらテレビドラマかも決定しているとか。
一体どんなふうになるのやら、ガネーシャはCGになるのかな、気になるところです。
by noro2happy | 2008-04-23 19:58 | book

土曜日は武道館

c0096685_19364491.jpg
ヤッタァ!! やっと平井堅の武道館チケットをゲットすることができました。
追加公演にようやく引っかかった感じで、来週の土曜日。
eプラスやチケットぴあなど先行予約に応募しまくり、ついに4度目の正直とあいなりました。
席はよくないけど、まぁ、しゃあないか。
来週の土曜日、楽しみ~~~ぃ。

c0096685_19372234.jpg
ところで、武道館というと条件反射のように口ずさんでしまう唄があります。
それはサンプラザ中野さん作詞の「大きな玉ねぎの下で」
1985年の爆風スランプの唄です。
大きな玉ねぎとは武道館の屋根にある
←擬宝珠(ギボシ)のこと。
タイトルだけみるとコミックソングみたいですが、胸がキュンとなる切ない唄です。

ペンフレンドとして知り合った二人は、写真だけの交換で会ったことは一度もありません。
彼は貯金箱を壊して思い切って二人分のコンサートチケットを買い、彼女に贈ります。
初めて会うのは武道館のはずでした。

♪あの大きな玉ねぎの下で
 初めて君と会える
 九段下の駅を降りて 坂道を
 人の流れ 追い越して行けば
 黄昏時 雲は赤く焼け落ちて
 屋根の下に光る玉ねぎ
  

でも、コンサートが始まっても彼女は現われません。
アンコールとなり、彼はいたたまれず席を立ちます。

♪アンコールの拍手の中 飛び出した
 僕は一人涙うかべて
 千鳥が淵 月の水面 振り向けば
 澄んだ空に光る玉ねぎ
 

武道館つながりで思わず書いてしまいました。
やっぱりいい唄だなぁ。
060.gif060.gif060.gif
by noro2happy | 2008-04-22 19:26 | 日々のこと

4月に入りいろいろと

このところずっとテレビで連続物を見ていなかったのですが(「ちりとてちん」は別としてね)、4月に入りちょっと気になる番組がチラホラ。
とりあえずハマっているのが深夜枠のアニメ「図書館戦争」
そうです、あの「図書館シリーズ」です。
実写ではイメージとかけ離れてしまいそうでイヤだったのですが、堂上と郁の身長差もアニメならマァいいか。
それにしても展開が速い。
4作一気に行ってしまうのかなぁ。
さすがにリアルタイムでは見ていませんが、こんなのを録画してニヤニヤ見ている50代の人がいるのか、はなはだギモン。
ちょっと恥ずかしくもあり・・・(負けるなアタシ)012.gif012.gif012.gif

もうひとつはNHKの「サラリーマンNEO」
きゃー、とてもNHKとは思えないバカバカしさで気に入ってた「サラリーマンNEO」が復活!!
なんたって芸人を使わず、いたって真面目な俳優さんばかりによるコント最高。
なかでも沢村一樹の「セクスィ部長」は気持ち悪いけど目が離せない。
どこまで壊れていくんだあの人は。041.gif041.gif041.gif

あとは、同じくNHKの連ドラ「バッテリー」とか、WOWOW初の連ドラ「パンドラ」もなかなか面白い。
そうそう、4月24日からオンエア予定で、ものすごく楽しみにしているのが日テレで深夜にやる「HEROES/ヒーローズ」
アメリカで大ヒット、エミー賞にもノミネートされ話題になりました。
一足先にケーブルで見た友人も大絶賛していたので楽しみだわぁ~。

それはそうと、何だかワタシのPC相当ヤバっちいことになりつつあります。
理由が分からないのですが、とにかく起動するまでえっらい時間がかかるのよぉー。
別にネットに繋げなくても。
今もメモ帳開くだけで電源オンから20分を要しました。
とにかくしばらくは無反応。
クリックして別の用事を済ませているうちにようやく画面が変わっているって感じ。
でも、一旦起動してしてしまえばそのあとは普通なんですけどねー。

そんなこともあり一昨日から夫ドッコイのvistaでブログの更新をしてみました。
PC買うのにあれだけ反対してしまった手前、なかなか貸してくれとはいいずらく・・・
でもこうなったからには仕方がない。
まだ慣れていないから、何かと使い勝手が悪いけど、いつどうなってもいいように手を打っとかないとね。
by noro2happy | 2008-04-21 21:37 | テレビ

c0096685_13303346.jpg072.gif072.gif072.gif

夜中の3時といいますか、もう今朝方になりますね。
例によってパチッと目が覚めてもうイカン。
ちょうど半分まで読みかけていた本があったので、そのまま読書に突入。
結局最後まで読んでしまいました。
今日が日曜日だからできたんだけどね。

で、その本が第6回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した拓未司さんの『禁断のパンダ』。
マンガチックな装丁と、かわいらしいパンダから想像する内容とは大違い、いやはや、恐っろしくも、気持ちの悪い味わいでした。
帯には美食ミステリーと紹介されていますが、美食というよりゲテモノ、禁断の料理ミステリーですね。
確かにフランス料理の描写はとても美味しそうなのですが、なにせ高級フレンチ自体にあまり馴染みがないので、せっかくのソースの味でも具体的に想像できないのですよ。
それよりワタシには前回読んだ「食堂かたつむり」の、ヌカ漬けから始まる家庭料理のほうが、断然食指が動きました。
まぁ、そのあたりはあまり内容とは関係ないのですが。

さて、ここからは思いっきりネタバレ、要注意です。
ミステリーだから人が殺されます。
でも、その動機がねぇ、究極の美食を追求するってそういうこと? とても理解できない。
文章がサラッと取っつきやすく、オドロオドロしさがないからよけい怖いのかも。
前半食べたおいしいお料理を全部もどしてしまうほどグロテスクです。
「食堂かたつむり」でペットの豚一頭を丸ごと料理するのに、度肝を抜かれたくらいなのに、それが人肉だよ(あっ、言っちゃった)。
フォンだの、ペーストだのって気持ち悪くなる。
しかも死人が多すぎるし。
なにもあそこまで殺さなくたっていいんじゃない?
挙句の果てに、最後の最後にお前もかって感じで。

いやはや美食系小説を連続で読みましたが、エライ違いや。
癒しとは真逆の後味の悪さが・・・
夜中に読む本ではなかったわ・・・046.gif046.gif046.gif
by noro2happy | 2008-04-20 13:40 | book

爺さんの楽しいボケ

爺さんが認知症と診断され、1年ちょっとがたちました。
幸いにして発症当時より悪くなることもなく、内臓的にはいたって健康との折り紙つき。
なにより爺さんのボケは笑いを取れるボケが多く(ナンじゃそりゃ)、頑固になったり、人を中傷したり、不機嫌になることがないのでホント助かります。

昨日の夕飯は爺さん好物お刺身。
爺「えーと、今は朝かい? 夜かい?」
 時計を見つつ
059.gif 「うん、朝か」
私「いま何食べた? お刺身でしょ。
  朝ご飯に刺身は食べないでしょ」
爺さん、自分の質問に自らウケたみたいで笑いながら
爺「そうか、旅館じゃあるまいしなぁ(クックッ)、037.gif
  朝から刺身は食べないな(クックッ)。037.gif
  じゃあ夜だな。
  あんたの説明は分かりやすいなぁ。
  これからは、そう考えることにしよう」
こんなやり取りを20回くらいしてるんだけどね。
いつも数日するとまた同じ質問。
そのたびにあんたの説明は分かりやすいとお褒めの言葉です。

息子が載った新聞を見せた時も。
爺「○○さん(息子の名字)って、Tさん(夫)の親戚かなんかかい?」
私「・・・」さすがに絶句。
でもすぐ気が付いたみたいで
爺「なんだ、Mちゃんだよ、何で載ってんだい?」
 じーっと記事を読み、
 「たいしたもんだ」
私「いやいや」
爺「(同じ一面に出ていた舛添要一を指差し)マスゾエは写真がひとつだけど、Mちゃんは2枚だ」
って、そういう問題かい。
 「で、何で載ったんだろうなぁ」
私「だからぁ・・・」025.gif025.gif025.gif
by noro2happy | 2008-04-19 13:18 | 日々のこと