人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

再び京都へ


c0096685_21275112.jpg
今日は昼過ぎから義妹と二人で清水寺へ行きました。
なんかこの際だからどん欲にって感じなのですが。
このお寺は修学旅行を含めれば(フルッ、何十年前や)何回か訪れているのですが、今日初めて入ったのが胎内巡りというもの。
菩薩の胎内を体験?するようになっているのですが、とにかく真の闇。
ただひたすら手すり代わりの数珠だけを頼りに前へ前へと進んで行きます。
闇に目が慣れることはありませんから、うっかり前の人にぶっかったり、足元が見えないから、それはそれは怖い。
ちょっとしたアトラクションよりよほど。

もちろん清水の舞台からの京の眺めも最高!
寒いけれど、冬の京都はいいなぁー。
良い締めくくりとなりました。

c0096685_21295381.jpg今年1年間拙いブログをご覧いただきまして有難うございました。
来年もまたよろしゅうに。
by noro2happy | 2007-12-31 20:29 | 旅行とプチ旅

かなりハードな1日でしたが、楽しかったーッ!!!
ホント、大掃除にてんやわんやの皆さんにはごめんあそばせですわ。

京都定期観光バスに乗って、嵐山・嵯峨野へ行ってきました。
ここいらは、30年ぶりくらいですが、冬の京都を満喫しました。
朝のうちは雨が降っていたらしいのですが、時々晴れ間ものぞくまずまずのお天気になりました。
思っていたほどは寒くもなかったし。
嵯峨野の竹林を歩いていると、都会の忙しい年の瀬が嘘のように、ゆっくり時が流れていくようでした。
特に強い風が吹くと先ず笹の葉が、シャラシャラ、ザワザワと、いっせいに音をたてます。
続いて、竹の先の細いところがぶつかりあい、それが太い幹の部分で共鳴するのでしょうかカーンともコンコンとも、文字にするのは難しいのですが、なんともいえないよい音をたてるのです。
今年最後に聞く自然の素晴らしい音に感動しました。

夜のなんば花月はこれまたおもしろかったー。
ある意味感動でした。
新喜劇の「♪ちゃらららーらら、ちゃらららーらら ほんわか ほんわか・・・」を生で聞けるなんて。
この音は今年最後に聞くメチャメチャおもろい音としましょう。

京都と花月に関しては、また後日落ち着いて書きたいと思います。

c0096685_2136420.jpg
渡月橋はいつ見ても絵になりますネェ。
なのに写真がアカン。
帰ったらデジカメの写真と差し替えよう。
ここでは思わずホルモーォォォ!!と叫びたくなりました。

c0096685_2136242.jpg
嵯峨野の竹林。
散策にはもってこい!!

c0096685_21365965.jpg
嵯峨野といえば湯豆腐。
手前右はおぼろ豆腐。
岩塩をつけていただくのですが、おいしかった。
こちらの方が、豆腐本来の味がして好きでした。
by noro2happy | 2007-12-30 22:43 | 旅行とプチ旅

日中も曇り空のわりには、東京地方は暖かでした。
イヤだ、イヤだと言いつつも、朝も早よから大掃除していたら、汗ばんできました。
いつもの事ながら、やり始めるときりがなくなるのが掃除の嫌いなところ042.gif
這いつくばって、床をごしごししていたら、食器棚の下のほうがえらく汚れているのに気が付いたりして。
普段とは違う目線で見るから、あらこんなとこも、あんなとこもって、気になり出したらちょっとやそっとじゃ終わらない。
納得できないまま終わらせなくてはならないのは、ワタシのポリシーに反するのでなんだか気持ち悪く、精神衛生上よろしくないわけです。
なーんてね、普段からコマメに掃除していれば、といつもいつも何とかの一つ覚えみたいに思うのですが、懲りないなぁワタシも。
とにかく根っからの掃除嫌いなもんで・・・

明日からは夫ドッコイの実家(ミナミのド真ん中)へ行きます。
嫁も大変だと、同情していただいた方、すみません。
ワタシの場合ほとんど客ヨメ状態。
「ナーンもせんでええでェ、ユックリしぃやぁ」を真に受けてほんとに何にもしないの。
働き者の義母は、ひと時もじっとしていないで、よう動きはるの。
ちょっと耳が遠くなったけれど、よくしゃべるし、笑うし、優しいし、すごくいい人です。
息子二人がそれぞれ家族を連れて集まるのを何よりも楽しみにしてくれています。
だからワタシも義妹もムコウではいつもいつも、のーんびり、だらー、勝手気ままに京都奈良見物したり、灘波界隈をブラブラするのが恒例。
表向きは「嫁しに行きます」ですがその実態は物見遊山です、ハイ。

明日はちょうど早朝の新幹線しか取れなかったので、とりあえず京都に途中下車。
暮の京都をブラブラして、夜はナンバ花月で生まれて初めてヨシモトを見ることにしています。
楽しみだわぁー。003.gif

ということで、これから荷造りです。060.gif
by noro2happy | 2007-12-29 22:59 | 年の瀬

天気予報が大当たり057.gif
朝の予報では夕方から雨ということだったので、帰宅時に当たったらイヤだなと思っていたのですが、9時過ぎてから降り出しました。
明日まで続くそうで、私の大掃除計画が台無し。
なーんて、それを言い訳にしないようにしなくちゃね。

さてさて、今日は2007年のなんでもベスト3

その1「映画編」061.gif
洋画では「善き人のためのソナタ」「ドリームガールズ」がダントツでよく、継いで「ブラッド・ダイアモンド」でしょうか。
3作とも全くジャンルが違うところがこれまたおもしろい。
「善き人のためのソナタ」は一応ハッピーエンドと言えるのでしょうか、余韻の残るラストシーンが素晴らしかったです。
「ドリーム・ガールズ」は言うまでもなく。
久しぶりにミュージカルを堪能したって感じだし、とにかく素晴らしいステージを見せてもらいました。
「ブラッド・ダイアモンド」、目をそむけたくなるほど暗い映画ではありましたが、ディカプリオがよかった。
邦画では「きさらぎ」「続・三丁目の夕日」、これにつきます。

その2「ブック編」
実は今年の反省点はあまり本を読まなかったことでした。
そんな中、三浦しをんさんや、万城目学さんといった新分野を開拓できたことはなかなかよろしい。
「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子)「風が強く吹いている」「まほろ駅前多田便利軒」(いずれも三浦しをん)を今年のベスト3とします。
特に「一瞬の風・・・」と「風が強く・・・」はこれまでならまず読まないスポーツもんの青春小説でしたが、食わず嫌いを大いに反省しました。
「まほろ駅・・・」は三浦しをんさんの芥川賞作品ですが、先に読んだ「風が強く・・・」(実際にはこちらの方が後から書かれたものですが)とは全く違う筆遣いでしたが、これまたおもしろかった。
来年はせめて今年の倍くらいの本を読みたいと思っているのですが・・・

その3「ムカーッ編」022.gif022.gif
1位は家の前に置いておいた(決して放置していたとは言わない」自転車を3度も撤去されたこと。
区への上納金は締めて9000円。
間違いなく新車が買える。
2位、10年たっていないテレビが壊れて、新しいテレビを買わざるを得なくなったこと。
なんとかアナログ終了までは持たせようと思っていたけど、ムリでした。
3位、少しは世の中のことも。
食品の偽造、賞味期限の捏造、世間でも大いに話題になりましたが、身近なことだけにアッタマくる。
朝青龍、亀田事件、それぞれの張本人及び、誰もが興味を持ってると大いなる勘違いをし、面白おかしく報道するメディア。
by noro2happy | 2007-12-28 23:41 | 日々のこと

職場でも今日あたりから「よいお年をお迎えください」なんて声がちらほら聞こえました。
今年は29日から3日までが休業日。
その前後どちらか1日を年末休暇としてお休みできるのですが、ワタシはいずれもちょっと休みにくいので、先週のうちにさっさと振替休日を取ってしまいました。
忘年会も全て終了し、あとは29日に掃除の残りをやれば終了。

今年はどんな年だったかなぁ、爺さんのことだけが気がかりではありますが、全体的にはまずまずの年だったといえるでしょうか。
特別なことはなくても、ああ、今年も無事に終わったって思えることが一番ありがたいことです。

さてさて、藪からスティックですが(このルー語気に入っています)昨年に引き続きの、今年を振り返ってコーナーぁぁぁーーーージャランジャラン(福引ふう、カネの音)
その1
相変わらず旅行は行ったなぁ。
その中でも大分に2度行ったのと、バンコクと韓国旅行が印象深かった。
来年も元気にあちらこちら行けますように。

その2
良いのか悪いのか、息子がいない生活にもすっかり慣れてしまいました。
年末には帰るような話だったのですが、バイト先のラーメン屋さんがもう一店舗オープンさせるとかで、その準備が終わるまでは難しいと言ってきました。
でも先日の試合も2ラウンドKO勝ちしたとの報告があり、まぁとにかくケガもなく元気でやっていればそれで十分と思っています。

その3
毎年コレといった目標も立てないのですが、ブログに関してはコマメな更新を心がけました。
普通の日記ならここまで書き込むことはできなかったと思います。
ヤッパリ、誰かが見てくれていると思うだけでものすごく励みになるのですね。
さらに、これまで年賀状だけで無事を確認していたような人と、ブログのコメントを通じてお互いの近況がリアルタイムで分かり合えるようになったのは大きな収穫です。
これからもよろしくお願いいたします。

年末総括はまだ続くよ049.gif
by noro2happy | 2007-12-27 20:10 | 日々のこと

c0096685_23525672.jpg
今年最後の忘年会は、以前の会社の同期であるNさんと二人でしっとりと。
ワタシにとっては25年ぶりくらいという、神楽坂へ繰り出しました。
さすがにメインストリートは昔とは変わってしまいましたが、ちょっと路地を覗くとやはり何とはなしに情緒があり、一種独特の雰囲気を持つ街ですね
ここで50年の歴史をもつ、うどん会席のお店「鳥茶屋」へ行きました。
店構えにも風情があります。
さすがに、この時期だけあって、店内は満杯。
おじさん族が圧倒的で、若い人の姿はチラホラ程度。

会席料理にうどんすきがついたうどん会席コースをいただきました。
趣味のよい器に盛られた先付、賑い前菜、お造り、焼物、煮物はどれもおいしかったのですが、中でもイナダのカマの塩焼きは油がタップリなわりに上品な味でとても満足でした。。
さて、名物うどんすきですが、手打ちうどんの太さにビックリ。
暑さ5ミリ近く、幅も2センチはあろうかという超極太平打ちうどん。
ツルツルというわけにはいかず、噛み応え十分でした。
ほかに野菜、鶏肉、海老、ハマグリなど17種類の具が入っています。
だしは関西風の薄味。
ワタシにはちょっと物足りなかったのですが、煮詰まるにつれよい味加減になってきました。
山椒と唐辛子を混ぜた薬味をタップリかけていただきました。
オレンジのゼリーかけのデザートでコース終了。
久々にちょっぴり贅沢をして心もお腹も大満足でした。

このあたりは他にもそそられるお店があるみたいなので、これからの味のスポットとしてチェックしておこうっと。 
by noro2happy | 2007-12-26 23:53 | 味覚

「これから先、あんたのふるさとは小浜だけやない。
年が明けたら一人前の落語家として生きていく。
ほしたら、だんだんこの大阪の町もあんたのふるさとになっていく。
ふるさというのんは、ただ生まれた場所のこと言うねんやない。
そんなして自分で作っていくもんなんやで


今日の糸子さんは格好良かったです。
早々さんの胸にも染み入った言葉に違いありません。

このあと喜代美は、何でおかあちゃんが主役になるんやと文句を言うのですが
「あんたとは器が違うんのや、器が」と軽くいなされます。
そりゃ、糸子さんにかなうモンはおらへんなぁ。
by noro2happy | 2007-12-25 18:52 | テレビ

静かに聖なる夜が更けていきます。
クリスマス胃部(ビックリした!一発変換できへんの。タイトルでいただきだね)イブといったって、我が家には全く関係なくいつも通りの夜です。
因みに今晩のメニューは、胃部も満足の作りすぎたおでんと炊き込みご飯。
息子でもいれば骨付きチキンにピザ、ケーキくらいは用意したかもしれませんが。
どうでもいいことですが、うちの息子はケーキはホールごと食べます。
このときばかりは、一人っ子でよかったって真剣に思うそうです。
まだまだ子供。

思うにクリスマスっていうのは、助走はえらく長いのですが本番はたった1日。
イブが終わってしまえば一路正月へまっしぐら。
明日の本番なんて、グッズ撤収日に早変わります。
ここいらあたりが宗教と言うより、完全にイベント化している日本のクリスマスらしさですね。
そこいくと、お正月は三が日はもちろん、七草までは何となく老若男女を問わずゆるゆるまったり感が持続していいわぁ。
ですが、その前には年末大掃除という大きな壁が控えているわけで・・・。
今年は仕事納めが28日なので、実質今週で終わり。
30日から西方面へ行くので(はっきり大阪、夫ドッコイの実家って言わないところが、なにやら怪しげ?)ワタシがきっちり働けるのは今日と29日の2日間だけ。
仕方ない、少しはやっとくかとトイレや水周りを中心に大掃除に精を出しました。
幸いお天気もよかったので、レースのカーテンをはずして洗濯。
そのまま元のように掛けて置いたらすぐ乾いてしまいました。
後はキッチンを片付ければ私のお役目は終了。
残りは夫ドッコイが万事引き受けてくれるそうです。
ヤッタァ!!

さあ、残るところあと1週間、ハイテンションで新年へ突っ走るぞ!
by noro2happy | 2007-12-24 21:07 | 日々のこと

c0096685_22234031.jpg
予告編で、廃墟と化したニューヨークに犬と一緒に立つウィル・スミスの姿が印象的で、ほとんど予備知識を持たないまま「アイアムレジェンド」を観に行きました。
が、あらら、そういう映画だったんだ。
見終わった後、ワタシの頭の上は???だらけ。
未知のウィルスが蔓延する地球でただ一人残った男っていう設定に好奇心をそそられたのですが、ちょっと違っていました。
ウィルスよりゾンビとの格闘映画といった方がいいでしょう。
結局ウィル・スミスの他にも生存者がいて、その親子に血清を託してウィルは死んでしまうのですが、そこからラストまでの数分間は、いかにも安易な感じだし。
そこで初めてレジェンド=伝説っていう意味が分かるのですが・・・
えっ、これで終わり?
サイエンス映画でもなく、ゾンビ映画ほど怖くもなく、肩透かしを食らったような気分です。
愛犬サムとウィルとの心の交流だけが印象に残った映画でした。
by noro2happy | 2007-12-23 22:27 | 映画

おめでとうございます。
パチパチパチ。
って、なんのこっちゃ。
フッフッフ、やっと、我が家に新しいテレビが運ばれてまいりましたのでございます。
一緒にDVDレコーダーも。
ようやく、皆さまの仲間入りが出来ました。
ここ1ヶ月ほど、ワタシが見ていたのはキッチンのものすごく映りの悪いテレビ。
BSもCSも入らないのでテレビ番組は極力見ないようにして(見て、いい番組があると悲しいから)。
テレビってなければそれなりにいけるかもなんて強がっていましたが、こうして地デジでみるすんばらしい映像を見ると、やっぱいいわぁ。
それにしても、とりあえずテレビは見ることができるようになりましたが、HDDへの録画とか大丈夫かい?
またまた分厚いマニュアルを渡されましたが、見るより慣れろってことでワタシはとりあえず動かす派。
リモコンであちこちガチャガチャやっていたのに対し、夫ドッコイは律儀に1ページ目からマニュアルを読み始める始末。
おもしろいネェ、性格っていうモンでしょうか。

そんな感じで、今NHKBSの「日本のフォーク&ロック」を見ながら書いているところでございます。
懐かしいなぁー歌の数々。
こういう時黙って見ていられないのよねワタシは。
ついつい、一緒に歌ってしまうので、夫ドッコイがいかにも迷惑そうな顔しています。
2回ほど行ったことがあるフォーク喫茶「昭和」も登場していました。
オヤジ達が楽しそうだゼ。
70年代前半のメッセージソングもいいけれど、それ以降のニューミュージック、ロックもまたいいですね。
レベッカやプリプリはワタシのカラオケ定番だし。
音楽を聞いているだけでその時の情景をありありと思い浮かべることが出来ます。
情景だけでなく、時としてはそのときの匂いまで甦るのがすごい!!

今、リアルタイムでコブクロやスキマスイッチ、オレンジレンジ(単に自分が好きなのでありますが)なんかを聞いている若者達も、あと20年もすればきっとワタシと同じような気持ちでこういった番組を見るんだろうネェ。
できれば、まだそのときもワタシは誰かと一緒に見て、懐かしく思えたらこんな幸せなことはないと思ってしまいました。
by noro2happy | 2007-12-22 22:59 | テレビ