人気ブログランキング |

<   2007年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ずいぶん変わっちゃった

昨日の夜11時からのNHK音楽番組で、久しぶりに玉置浩二さんの唄を聴きました。
なつかしの「ワインレッドの心」から最新アルバムの中の曲まで。
今から10年位前ですか、ちょうど「田園」が流行るちょっと前くらい、何がきっかけだったかは忘れてしまいましたが、玉置さんにハマった時代がありました。
東京でのコンサートは欠かさず行きましたが、とにかく声に魅せられていました。
MCは決して上手ではありません(というよりヘタ)でしたが、話す声もとてもステキでした。
それから間もなく、先妻の薬師丸ひろこさんと結婚し、あんなささやくような歌声を毎晩聞かせてもらえるなんて、なんて果報者なんだって、心の底から羨んでおりました。

最近ヒット曲がないせいか、テレビへの露出度も少なかったのですっかりご無沙汰だったのですが、昨日の玉置さんにはちょっとビックリでした。
頭は真っ白で、どちらかというとむさくるしそうなロン毛。
それにいくらか太ったみたいだし。
ちょっと見たら小澤征二さんかと思ってしまいましたよ。
すっかり自然体になってしまって、安全地帯時代のビジュアル玉置を思えばえらい変わりようです。
歌は相変わらず上手だったけれど、見た目がねぇ・・・
んーーん、どーでしょー。
by noro2happy | 2007-08-31 00:13 | 音楽

人の運命って、どう決められているんだろう。
運がいいとか悪いとかってことも含めて。
瑣末なところでは先日の自転車撤去ではありませんが、12時間の間で起こった運、不運。
でもこんな取るに足りないような、どうでもいいことではなく、つい数分前まではごくごく普通に生きていた人が、あっけなく殺されてしまう事件が多くありません?
まさしく理不尽以外のナニモノでもなく。

名古屋市で31歳の女性が3人組の男に拉致・殺害されました。
ただ、力が弱そうな女性だったからということで狙われ、顔を見られたから殺したと。
3人が知り合ったのは闇の犯罪サイトだって。
当日まではそれぞれ一面識もなかったそうですよね。
名前も偽名だったらしいし。
また一方では、スーパーの飲食コーナーで相席をお願いした男性が、腹をたてた25歳の男に暴行を加えられて殺されてしまいました。
おかしい、絶対におかしい。
こんなことがしょっちゅうあることも本当におかしいです。

たまたまそこに居合わせたというだけで、死ななくてはならなかった人たち、お気の毒にも、そういう運命だった?
運命ってなんだろう。
こう思い始めると、やはりスピリチュアルな世界も少なからず意識してしまいます。

それにしても、闇の職案サイト?
弱きを助け悪を懲らしめる必殺仕置き人じゃないんだから。
こんな風に安易に報道していいのかしらとも思いませんか?
かえって、バカどもをあおることにならないといいけれど。
by noro2happy | 2007-08-28 22:55 | 日々のこと

先日気になるCMのことを書いたばかりですが、あの場合の気になるとは、ちょっと笑えて楽しいCMというものでしたが、なんとなんと、「メチャカッコイイ、CM見ぃっーーーけっ」です。
それは資生堂「uno」のCM。
これまでお笑い芸人を何人も変身させ、それはそれでおもしろいと思っていたのですが、ナヌ?今度はオーランド・ブルーム?
いやぁーカッコよすぎですよ。
初めは新しい映画のプロモーションビデオかと思ったくらい。
BGMの「愛のコリーダ」もわれわれの世代には懐かしく、ダントツでお気にのCMとなりました。
もっとも、サビの部分はUNOがらみに歌詞を変えてありますが。
by noro2happy | 2007-08-27 22:45 | テレビ

夜のピクニック

んなわけで(って、どんなわけじゃい)、前回の続きではないですが、すっかりへこんでしまい、昨日は家でじっと、録画しておいたいくつかの番組を見たりしていましした。
その中ではなかなかよかった「夜のピクニック」のことを。

原作は恩田陸さんのベストセラー、去年9月に映画化されたものです。
私の傾向として高校生が思いっきり青春している姿を扱ったドラマや本が好きなので、この映画もそういう意味ではツボでした。
地方のある高校で、毎年1回、全校生徒が夜を徹してひたすら歩く行事「歩行祭」。
この行事に参加した3年生たちがただ歩き、話しているだけ。
でも、そこには「ただ歩いているだけなのにどうしてこんなに特別なんだろう」という台詞に象徴されるように、それぞれの胸に秘めた思いがあるんですねぇ。
原作を読む前に見たのが良かったのかどうかはわかりませんが、さわやか~、いいね、青春というのが感想です。

で、ある思いを抱える少年 、西脇君役の石田卓也クンにハマりました。
カ、カワユイ・・・~(m~ー~)m
よく、上司にしたいとか、お父さんにしたいナンバーワン俳優、とかってやるけど、私なら息子にしたいナンバーワンって感じの子です。
なんかで見たなぁと思って調べたところ、「青春の門」に出ていたのね。
しかも、今日の日曜洋画劇場でやる「蝉しぐれ」にも出ていると知り、あらら、これは是非見ねば。
音楽もよかったなぁ。
サントラチェックしたくなりました。
もちろん、原作も。
今読んでいる「楽園」(宮部みゆき)が終わったら読もうっと。
by noro2happy | 2007-08-26 20:35 | 映画

禍転じて福となすっていうのは聞きますが、福転じて禍となすってこともあるんですねぇ。
昨日(というか、正確には日付は今日になっていたのですが)雨が小降りになって何とか濡れずに家に帰れたという話は前回の通りです。
あと10分待ってやまなかったら自転車は置きっぱなしにしてタクシーで帰るつもりでした。
でも、豪雨が上がり、濡れずに帰ることが出来たのは福です。
と、思っていました、今朝までは。
しかし、しかしです・・・
もう、書くのもアホらしいのですが、またその自転車を持って行かれてしまったようなのです。
そうです、再度撤去されてしまったのです。
6月に持って行かれたばかりなのに・・・

何度も書きましたが、私の住むビルには駐輪場がありません。
1階は店舗なので、お店がクローズしてからでないと建物側に自転車を置けません。
普段は閉店後、店のシャッターの前に自転車を置き、開店前に乗ることにより、難を逃れていたのです。
でも、土日は私の仕事がお休みなのでお店に迷惑がかからないよう、道路側に駐輪しているのです。
10時半ごろ買い物のため下に降りたらもう既に自転車はありませんでした。
あ、あんまりやー(TロT)(TロT)(TロT)(TロT)
タクシーで帰ったほうが何ぼ安かったことか!!!

私が住む家(実家です)は戦前より同じ場所に建っていました。
10数年前、地下鉄が通ることにより、駅前の放置自転車禁止区域に指定されました。
だからって、私の感覚では家の前に置いといて悪いですか?って感じは否めません。
地下鉄は後じゃない。
決して放置しているんじゃないのに、そこからずっと離れた有料の駐輪場に入れないといけませんか?
と、声を大にして訴えたいのですが、役所にしてみればそれこそ「でーもー、そんなの関係ないっ、そんなの関係ないっ」んですね。
悲しかったのは、いつも前に置かしてもらっている店がなぜか、水曜定休なのに今回ばかりは土日連休だったこと。
昨日の時点で気づいていればそっちに置いたのに(`m´#。

それにしても、この自転車、盗まれたのも入れれば、私の手を離れること今回で3回目。
3度目の正直を信じて、これで終息となることを切に、切に祈っているのですが。
フッ、フッ、フッ、今度はちょっとした秘策も考えたんだわい。
と、一向に有料駐輪場に入れることは頭にない私。
by noro2happy | 2007-08-25 20:55 | 日々のこと

すさまじい雨でした

スポーツクラブの閉店ぎりぎりに外へ出てみれば、ものすごい雨でした。
まさに、バケツをひっくり返したという表現がぴったり。
今日みたいな日に傘を用意してくるような人はおらず、チャリ組も、JRまでの徒歩組も途方にくれて雨宿りしています。
やむなく、友人と3人で隣接のファミレスで様子を見ることに。
ミニ坦々麺を食べつつ生ビールを飲み(何やってんだか)おしゃべりしつつ待つこと1時間余り。
いくらか小降りになってきたところで大急ぎで店を出てきました。
家にたどり着くほんの300メートルくらいのところでまた、また大粒の雨がた。
間一髪、本当にきわどいところでセーフでした。
すると、家の斜向かいのおすし屋さんの前に消防庁の赤い自動車が止まっていまして、土嚢のようなものをたくさんおろしていました。
そういえば、ずっと以前にも、ものすごい雨が降ったとき、あのあたりだけ店の中に水が流れ込んでいましたっけ。
多分、ピンポイントの集中豪雨なんでしょうが、短時間でかなり降りましたからね。
おかげで、外は涼しいくらいになりましたが。
明日は(もう今日のですが)また、暑くなるとのこと・・・
by noro2happy | 2007-08-25 01:10 | 日々のこと

今回の温泉一泊旅行のテーマは夏休みのこの時期にあえての「格安」。
交通費、宿泊費合わせて1万円を上限にして探してみました。
バスツアーなどはいくつかあったのですが、出発、帰りの日とも朝が早い。
この暑いのに、全く興味のないところを含めいろいろ回る。
東京着が夜の10時台と遅い。
以上の理由から却下。
ただただ湯に浸かり、のんびりしたいという意見の一致を見、東京までホテルの送迎バスが出ている猿ヶ京温泉の「ホテルシャトウ猿ヶ京咲楽(さくら)」に決めました。
入湯税も含め1万950円也(ちょっとオーバーが悔しい)。

10時に上野駅前の駐車場を出発し。
大型バスなのに人数が少ないので、リクライニングを倒しらくらく。
途中、高坂インターで各自で昼食をとり、ホテルに着いたのは2時。
通常チェックインは3時なのですが、このままお部屋へ案内してくれました。
これはマルです。

部屋は、うーん、たいした事ない。
というか、多分リゾートマンションのようなところだったのでしょうね。
間取りがホテル形式でないのでベッド2つはくっついているのですが、もうひとつは別の部屋。
6畳くらいの和室もあるのですが、何となく狭く、使い勝手が悪いのです。
続いて景観は赤谷湖が目の前にあり見え、まぁまぁですか。

一休みしていざお風呂へ。
内風呂は大きな窓でとても開放感があります。
窓越しにみえるのは一面の田んぼ。
山でも川でもなくただ、田んぼ。
しかも農業しているおじさんがこちらからはとてもよく見えるのが気になるのですが、向こうからは見えないようになってるんでしょうかね。
露天風呂のほうは周囲に目隠しがあったのですが、湯の温度がありえないほど高く、とてものんびり浸かる感じではなかったです。

食事はバイキング。
タラバガニ食べ放題がメインというだけあって、肉のいっぱい詰まったカニがおいしかったです。
周りを見てみるとトレイいっぱいにカニを乗せ、とりあえずカニ食べ行こうって、集まった人たちばっか?
それ以外のお料理はまぁ、可もなく不可もなくってとこでした。
酒飲み派の私たちにとってありがたかったのは、90分の飲み放題コースがあり、それも1500円と安かったことです。
ホテルの食事どころの酒類は非常に高いというのが当たり前ですからね。
生3杯で完全元取れるとばかりに勇んで(?)飲み放題コースにしたのですが、ビールでお腹がいっぱいになって、あまり食べられなくなってしまったのが残念でした。

翌日は12時まで部屋を使えるのがこれまたマル。
お昼はメニューはカレーのみですがコーヒーつきで500円で提供しています。
カレーもコーヒーもお変わり自由というのも良心的。
2時半のバスの時間まで、すぐ前の赤谷湖を散策し、最後にもう一度(今回4回目)の温泉に浸かり帰路に着きました。
上野に着いたのは5時半でした。
本当にのんびりおしゃべりとお風呂を楽しめた旅でした。
因みにプラス3000円で昼食付きのオプショナルツアーもありました。
c0096685_23145836.jpg





赤谷湖(あかやこ)から見た山々。
美しかったです。

by noro2happy | 2007-08-22 23:23 | 旅行とプチ旅

近頃ないくらいに、ド派手に転びました。
昨日の夜、スポーツクラブのプールへ向かう途中。
自分の身体がぬれていたのに小走りした私が悪かったのですが、右足を滑らせ見事にステーーーーン。
仰向けの逆スライディング状態でした。
でも、その時は恥ずかしさのあまりスックと何事もなかったかのように立ち上がったのですが、痛くて手すりに捕まらないと歩けない状態。
思わずこれは非常にまずいことになったのではと、青くなってしまいました。
というのも、何しろ私の場合、股関節が作り物ゆえ、衝撃で壊れたりすることもあるらしいので。
とても泳ぐどころではなく、そのままお風呂へ行き、いすに座りながら股関節をぐるぐるしたり点検?
座っていればどこも痛いところはないのですが、歩くとちょうど尻と太ももの境目くらいに痛みが走る。
どうしよう、ビスが取れたり、セラミックにひびが入ったりしていたら(本当に冗談ではなく)。
明日になっても痛みが引かなかったら診てもらわなくてはと思っていました。

で、今日になり朝方はまだ痛かったものの、昨日のような痛みではなく、やれやれ。
帰るころにはほとんどなくなっていました。
腰も頭も打たず、そういえばお尻だってアオタンの一つもできていないのがすごく不思議なんですが。
ただ、右側の肩と肩甲骨の辺りが筋肉痛になっていたので、咄嗟にはカバーしていたのかなぁ。
それにしてもこわかった。
股関節のことを考えると、一瞬最悪の事態が頭をよぎります。
一寸先は闇ですね。
気をつけなくては。
明日から一泊猿ヶ京温泉へ行って来ます。
風呂場で転ばないように気をつけなくちゃ。
でも、念のため帰ったら病院に行こうかな。
by noro2happy | 2007-08-20 22:55 | 日々のこと

最近お気に入りのCMが2本あります。
ひとつはキム兄と妻夫木クンが出てるDoCoMoのCM
上司のキム兄が部下の妻夫木クンにたいして大声で叱っている。
でも、実は怒鳴りながら妻夫木クンの携帯に「ごめんね、言い過ぎちゃった」とか「うそだよ~ん」なんて、ものすごいド派手なデコメールを送っているんです。
上司としての立場から、ここは大勢の前で叱っておかなくてはいけないけど、実は・・・
怒鳴り声と表情に反してメールのカワユサ。
このミスマッチがたまらない。
叱られ役部下は妻夫木クンでなくても長瀬でもいいけど、
上司役はもうキム兄でなくては!!って感じです。
同じDoCoMoの、浅野忠信、長瀬智也のとか、Soft Bankの妙な上戸彩一家のとかよりだんぜんおもしろく、インパクトがあると思うよ。

もうひとつは「24日は24(トゥエンティフォー)の日」っていう、シーズン6DVDのCM。
もしかしたら、フジテレビ系でしかオンエアされていないのかも。
ここでながれるジャックの着うた。
声優小山力也のあの声で「オレは、ジャック・バウワー♪ なんだかんだ死なない」
とか「オレはジャック・バウワー♪ 意外と涙もろい」って歌っているんです。
バックにはその歌詞に合わせた映像がながれて。
「24」大好きな私としては、ジャックの情けない歌がどうにもこうにもツボにはまってしまって。
by noro2happy | 2007-08-19 17:26 | テレビ

厳しい~暑さに夏バテ?

確かに楽は楽でしたが、あまり突然の気温の変化にも戸惑うものですね。
前日と10度も違うのですから。
昨日までの暑さは異常でした。

なのに、うちの爺さんたらクーラーはイヤダと言って窓を開けるにとどまっていました。
骨皮筋衛門さんにとっては、天然の風に勝るものはないのかもしれませんが、それすら熱風でしたよね。
見かねた弟が扇風機を持ち込んだところ、こちらはたまに使っているようですが。
さすがにこのところ食欲がありませんでした。
義妹の都合で、とりあえずお昼ご飯を作り置きして、テーブルの上に置いておくことがあるんですが、夕方のぞきにいくと、すっかりそのままになっていたりしていました。
私たちと食事をしても一向に進まず、なんだか食欲がないなぁと、首を傾げていたんです。
やっぱり夏バテだよ、というと
「ふーん、これが夏バテって言うのか知らなかった」
暫くするとまた「これが夏バテか、オレは知らなかったぞ」
同じことを繰り返しています。
でも、今日はまあ、普通に食べてくれたのでホッとしています。
やはり年寄りにこの暑さは厳しいものだったようです。
夏生まれで、夏は大好きだった人なのに。

相変わらず、デイサービスに行く日以外は起きちゃ寝、寝ちゃ起きではありますが、先週の日曜日(あの異常に暑い日でしたが)一人で図書館へ行って、借りたい本を予約し、帰りにはすぐ近くの甘味喫茶で氷イチゴを食べてきたそうです。
これだけみれば、すっかりもとの爺さんに戻ったかのようなんですが・・・
本当にこの差はどういう風になっているんでしょうね。
いくら一緒にいても不思議です。
by noro2happy | 2007-08-18 21:09 | 介護