2016年 03月 12日 ( 1 )

以心伝心がいろいろ

c0096685_13410498.jpg

スンドゥブチゲ
キムチチジミ
ケランマリ
チャプチェ
ここのアジュマが優しくて好き。

そっか、ケラン→鶏卵か!
今更気づく




今は別々の部署になり、殆ど会わなくなった後輩のHaちゃんから
「話しがあるので都合のよい時に」と、久々のラインが。
昨夜は会社近くの韓国料理店で、2年ぶりに二人でご飯。

この2年の間に辛い出来事があったHaちゃんなので、
いい話なら良いなぁと思ってました。
そしたらぴんぽ~ん!
結婚が決まり、かつお腹にはBabyも。024.gif024.gif024.gif

お相手は5年以上も前に別れた元カレ。
全く何の連絡も取っていなかったのに
Haちゃんが精神的にとっても大変だった時に
「困ったこと起きてない? 大丈夫?」
という、元カレからの突然のメール。
しばらくしてHaちゃんが返信したところ
「君が夢にあらわれて、ずっと泣いていた」と。
ひやぁ~053.gif
な、なんかドラマだわぁ。。。

Haちゃんも彼に思いを残してはいたものの、
自分からフッた手前ずっと連絡できず・・・
でも彼はそれ以上にHaちゃんのことを思ってたみたいです。
以心伝心だったのね。
かくして、元の鞘に納まった二人。

彼はHaちゃんより3歳年下。
子どもが大好きだけど、Haちゃんの年齢では
夢を叶えてあげるのは難しいと悩んでいた。
でもそれが、見事に。
結構な高齢初産ではあるけど、なんとか無事に生まれてきてほしい。

そんなわけで、アルコールNGなHaちゃんに代わり、
一人生ビールとチャミスルでご機嫌になったのりまきでした。



で、以心伝心といえば、まだありました。
つい先日、専門学校時代に一番仲良しだった友達のことをやたらと思いだし、
連絡取りたいなぁと思ってた矢先。
今朝、その彼女からなんと25年ぶりぐらいに電話が入りました。
いやー、もうビックリよ。

固定電話はずっと留守電のままにしてあり、
普段なら、鳴ってもまず受話器を取ることはないのに
その時に限っては、なぜか出なくてはという不思議な思いにかられて。

🐷「もしもし」
🍣「はい・・・」
🐷「のりまき?」
🍣「Boo???」

もう声だけで、いきなり昔のアダ名で出ています状態。
Booが言うには、整理していたら1973年の手帳が出てきて
そこには10代最後のワタシたちの日々が克明にメモされてたと。
(そう、昔からワタシ以上にメモ魔だったBoo)
懐かしくなって、土曜日なら居るだろうと思って電話をくれたそうな。

その手帳が見つかった日ってのが、
ワタシが妙にBooのことを思い出した日と完全一致。
すごいってか、怖いくらいでした。
昔のまんまの女子トーク炸裂で
はぁ~、面白かった。
お互いの携帯番号を交換して、近々会おうということになりました。
実現するといいなぁ。


で、さらにもう一つ。
(まだあるんかい、しつこい。。。💦

↑の電話を切った直後。
インフルに罹り、自宅待機が続くNモちゃん。
そろそろ手持ちのBIGBANGも切れた頃だろうと思い
ご自宅ポストまでワタシのDVDを配送しようとチャリ飛ばしました。
すると、Nモ家最寄りの地下鉄口で、医者帰りのご本人にばったり。
これまたすっごい偶然にビックリ。
1分早くても遅くてもこのお見事な遭遇はなかった。

ま、そんないろんな偶然の出来事にほっこりしたのでした。






[PR]
by noro2happy | 2016-03-12 16:19 | 日々のこと