人気ブログランキング |

2008バンコク・グルメ編<屋台>

これまで屋台でフルーツを買ったり、焼き鳥風を買ったりしたことはあったけど、席について屋台料理を食べたのは今回が初めてでした。

なにしろ初めてバンコクに行ったとき、どこを見ても露天、365日縁日状態で、しかもすっごくうまそうな香りが漂ってきて、食べたいな~と思っていたのですが・・・
日本人ガイドさんが、絶対ハラ壊す。
どうしても食べたければ、帰る日にしてください。
たとえ具合が悪くなっても、飛行機の中か、家に着いた頃ですからって。
(これもすごくない?)
とにかく旅行中に病人を出したくないって必死だったんでしょうね。
そこまで脅されて食べる勇気はなく。
2回目のときは、お持ち帰り食いでお試してな感じでしたが、別に何ともないし。
今回は満を持して、いよいよ3度目の正直。

c0096685_2059287.jpgワタシ達が訪れたのは、伊勢丹近くのイサーン屋台街。
イサーン料理というのは、タイ東北部の料理で、一番有名なのはパパイヤサラダのソムタムですね。
「るるぶ」にオススメ屋台ということで載っていたのと、ホテルから歩いて行けるというのでここにしました。
席に着いたのは7時過ぎ。
仕事帰りか比較的若めの男女がたくさんでほとんど満席状態。
何とか席を見つけ着席。
メニューは一応英語表記もついているので、ある程度はどんなものを使っているかはわかります。
とりあえず息子とその友人にメニューは任せ、まずはテーブルに置いてあるトイレットペーパーで食器からフォーク、テーブルを拭きます。
だって、手に取ったとたんニュルニュルしているんだもん。
見てるとみんなやっているから、これが普通なのね。
シンハービールとソフトドリンクを頼むと、グラスとアイスペールも一緒に。
こっちの人はビールにも氷をいれるのです。
そのせいか、瓶ビールはそれほど冷えていなかった。
屋台の氷だけはまだ無謀かと思ったので、ほんの少し冷えているビールを流しこみつつ、料理を頬張りました。
今になると一体何を食べたのかすっかり忘れてしまいましたが、写真がその残骸。
おいしかったぁー。
幸い2本めのビールはきっちり冷えていました。
4人で結構な量を食べたけど、1500円くらい。
排気ガスと熱気とともに味わった屋台飯デビューは大満足でした。
もちろん翌日も元気いっぱい。
言いたかないけどデリケートな夫ドッコイの腹も無事でした。
c0096685_20575820.jpg←前日露店で買った揚げバナナ。
思ったより甘くなくておいしい。
サツマイモの天ぷらを食べているようでした。

by noro2happy | 2008-08-02 21:03 | 旅行とプチ旅