人気ブログランキング |

物足りない「ワンス・アポン・ア・タイム・イン東京」

c0096685_19245824.jpg072.gif072.gif072.gifプラス0.5

現代版「華麗なる一族」、親子2代にわたる壮大なドラマ・・・みたいな評があって借りてみたけど、う~ん、そのわりでもありませんでした。
頂点を極めたいという野望や利己的な人たちの姿を描く点では変わりないけど、「華麗~」ほどのスケールもなければドロドロ感もなく、女性主人公が小手先だけでいじくりまわしているような印象で。
こんなウソすぐばれるだろうとか、そんな都合よくいかないだろ、と、突っ込みを入れたくなるところも多々ありでした。
キーワードとなる60年代の学生運動に関しては、当時のニュースでなんとなく覚えている程度なので、ここに書かれているどこまでが事実なのかわかりません。
ワインやシャンパン、ブランドものといったお決まりの上流階級の説明はどーでもいいかなぁ。

でも、だからといってページが進まないというのではなく、むしろその逆でストーリー自体はそれなりに面白いのでサクサクッと読めてしまうのです。
例えれば、NHKの土曜ドラマのようにじっくり見せるわけではないけれど、お手軽2時間ドラマのような楽しみができるというんでしょうか。
ワタシはどちらかというとジックリ派なので、この本は物足りませんでしたが。
ラストもなんだかこれで終わりかぁって感じだし。
これもドラマに例えれば、11回ワンクールの最終回だからとにかく終わらせよう、みたいな。
015.gif
しかし、上下合わせて3500円以上の価値はというと・・・。
(図書館のくせにといわれそうですが)
by noro2happy | 2008-06-19 19:28 | book