人気ブログランキング |

痛快歴史小説「のぼうの城」

c0096685_21422962.jpg072.gif072.gif072.gif072.gif
和田竜「のぼうの城」

久しぶりの歴史小説でした。
時代的にはワタシのストライクゾーン、戦国から安土桃山時代だったこともあって読んでみましたが、これが実に痛快で、オモローなのです。
特に戦が始まった章からはページを繰るペースも一段と速くなり、最終章まで目を離せませんでした。

秀吉の小田原攻めの中で唯一落せなかった城が武州・忍城(おしじょう)。
総大将石田三成率いる二万の大群を、わずか500の兵と千程度の農民で迎え撃ったのが「のぼう様」と呼ばれていた成田長親。
「のぼう」とはでくのぼうのことで、武芸はおそまつ、本人は百姓仕事を好んでいるようですが、それすら農民にとっては有難迷惑。
表情に乏しく何を考えているのやらわからないと、およそ名将といわれているモノとは真逆の男。
こんなあだ名で呼ばれているのは、果たして愛されているのか、軽んじられているのか・・・
今さらながらですが、人を動かすのは知力や武力だけではないということですね。

あわせて長親をとりまく重臣たちのキャラクターがまた秀逸です。
正木丹波、柴崎和泉守、酒巻靭負(さかまきゆきえっって読むのですが、いつまでたってもゆきえが覚えられませんでした)の三武将。
加えて長親を慕う甲斐姫がいいです。
ちょっと木曽義仲の愛妾巴御前を思い出させるキャラでした。
映画化の企画が進んでいるらしいですが、確かにこれだけ際立った個性となると、ワタシですらいろいろ人選考えたくなります。

お話のテンポが速く、セリフも現代調ありでわかりやすいので、歴史ものを読みなれていない人でも楽しめると思います。
もちろん史実に基づいた歴史小説ですが(といっても、ワタシはこの出来事今まで完全にスルーしていました)、本当にこのとおりであってほしいと思う、すっきりさわやかな読後感です
by noro2happy | 2008-06-01 21:53 | book