人気ブログランキング |

「ナイチンゲールの沈黙」

c0096685_21284235.jpg

シリーズ物とか、同一作家の作品を続けざまに読むってのが、
最近のワタシの読書傾向みたい。
今回は、絶賛上映中!!「チーム・バチスタの栄光」(海堂尊著)の続編
「ナイチンゲールの沈黙」です。

以前読んだ「バチスタ」は、“このミス”第4回大賞受賞作品に輝いたくらいで、
とっても面白く読みました。
なかでも、不定愁訴外来のグッチーこと田口公平先生ファンだったのですが、
映画ではどうしたことか竹内結子ですって?
ちゃうちゃう、アタシのイメージぶち壊しヤーってなもんで、
映画は見ないでおこうと思っています。

さて、「ナイチンゲールの沈黙」は、
病院中を揺るがした“バチスタ・スキャンダル”から9ヵ月後のお話。
眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。
眼球を摘出されてしまう彼らの、メンタルサポートの依頼が不定愁訴外来・田口にきます。
その渦中に、患児の一人の父親が殺され、
警察庁から派遣された加納警視正が院内捜査を開始。

小児科病棟や救急センターのスタッフ、
はたまた大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、
そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、
事件は思いもかけない展開を……。

デジタルハウンドドックの異名を持つ加納刑事や、
ジェネラル(将軍)速水晃一など、
またまた新しいキャラ登場でそれはそれで面白いのですが、
ちょっと登場人物が多すぎの感がありました。

ストーリー的にはあまりにも現実味がなく、
ファンタジーぽいのが好きな人なら良いかもしれませんが、
前作のような医療ミステリーを期待しているとアレレ、って感じ。
キャラ読みもアリかな、ってところです。

引き続き、田口・白鳥シリーズの3作目
「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読み始めました。
「ナイチンゲール」では分かりませんでしたが、
グッチーは同時進行でもうひとつ別の事件を調べていたようなのです。
タイトルから想像できる通り、ジェネラル速水にスキャンダル発覚。
読み始めたばかりですが、あれ、「ナイチンゲール」で読んだのと全く同じページだ。
テレビ風な手法が、またまた興味をそそられます。


by noro2happy | 2008-02-25 21:37 | book