人気ブログランキング |

2007今年の映画、本、ムカーッ

天気予報が大当たり057.gif
朝の予報では夕方から雨ということだったので、帰宅時に当たったらイヤだなと思っていたのですが、9時過ぎてから降り出しました。
明日まで続くそうで、私の大掃除計画が台無し。
なーんて、それを言い訳にしないようにしなくちゃね。

さてさて、今日は2007年のなんでもベスト3

その1「映画編」061.gif
洋画では「善き人のためのソナタ」「ドリームガールズ」がダントツでよく、継いで「ブラッド・ダイアモンド」でしょうか。
3作とも全くジャンルが違うところがこれまたおもしろい。
「善き人のためのソナタ」は一応ハッピーエンドと言えるのでしょうか、余韻の残るラストシーンが素晴らしかったです。
「ドリーム・ガールズ」は言うまでもなく。
久しぶりにミュージカルを堪能したって感じだし、とにかく素晴らしいステージを見せてもらいました。
「ブラッド・ダイアモンド」、目をそむけたくなるほど暗い映画ではありましたが、ディカプリオがよかった。
邦画では「きさらぎ」「続・三丁目の夕日」、これにつきます。

その2「ブック編」
実は今年の反省点はあまり本を読まなかったことでした。
そんな中、三浦しをんさんや、万城目学さんといった新分野を開拓できたことはなかなかよろしい。
「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子)「風が強く吹いている」「まほろ駅前多田便利軒」(いずれも三浦しをん)を今年のベスト3とします。
特に「一瞬の風・・・」と「風が強く・・・」はこれまでならまず読まないスポーツもんの青春小説でしたが、食わず嫌いを大いに反省しました。
「まほろ駅・・・」は三浦しをんさんの芥川賞作品ですが、先に読んだ「風が強く・・・」(実際にはこちらの方が後から書かれたものですが)とは全く違う筆遣いでしたが、これまたおもしろかった。
来年はせめて今年の倍くらいの本を読みたいと思っているのですが・・・

その3「ムカーッ編」022.gif022.gif
1位は家の前に置いておいた(決して放置していたとは言わない」自転車を3度も撤去されたこと。
区への上納金は締めて9000円。
間違いなく新車が買える。
2位、10年たっていないテレビが壊れて、新しいテレビを買わざるを得なくなったこと。
なんとかアナログ終了までは持たせようと思っていたけど、ムリでした。
3位、少しは世の中のことも。
食品の偽造、賞味期限の捏造、世間でも大いに話題になりましたが、身近なことだけにアッタマくる。
朝青龍、亀田事件、それぞれの張本人及び、誰もが興味を持ってると大いなる勘違いをし、面白おかしく報道するメディア。
by noro2happy | 2007-12-28 23:41 | 日々のこと