人気ブログランキング |

恐るべし、メディアの亀田報道に思う

あれだけ持ち上げていたメディアがいとも簡単に豹変。
連日の亀田報道にはもううんざり。

先ず、書いておきますが、ワタシは亀田兄弟は好きではありません。
ボクサー息子がいるくらいですから、少なくとも彼らを見てにわかボクサーファンになった方々よりはボクシングを知っているつもりです。
以前から、亀田家には何やら胡散臭いものを感じていました。
対戦相手は噛ませ犬ばかりで、本当の実力がどんなものか分からないうちから、マスコミはスター扱いでしたよね。
ビッグマウスがもてはやされ、記者会見のパフォーマンスに対しても拍手喝さい。
それが一転して、今ではボクシング会の面汚しとでもいうようなバッシング。
(遅かれ早かれこんな風になることは良識あるファンには分かっていたさ)
はっきりいって、ええ加減にせいよ、というのが正直なところ。
ここまでくると亀田の醜態より、マスコミやボクシング協会のほうに不信感を抱きます。
(ヤクザまがいの)親父がセコンドにつくのも、WBCルールとしては違反だし、試合後の(本人はうまいと思っている)カラオケショーにしろ、協会は黙認していましたし、TBSはそこまで放映して視聴率を稼いでいました。
亀田の登場で、若い(特に女性の)ボクシングファンが獲得できたと当時は言っていましたが、そういう人が、今や率先して亀田攻撃を始めていることを知っています。
ただ、マスコミに踊らされていただけで、また、メディアはそういう人たちに迎合するかのように、さらにバッシングを助長させていきます。
街頭インタビューで今回の謝罪云々について意見を求められた何人かの中にだって、始めのうちはおもしろ半分に見ていたのでは?
そもそも、こんなことを道行く人にインタビューするというのも、魂胆ミエミエで。
世の中の一大事でもあるまいし。

右といえば右、前といえば前という風にあまりにも踊らされてはいませんか?
みんな、左へ受けながすぅ♪こともしようよ。
亀田が一番に謝まらなければならないのは、世界タイトルマッチという大舞台で見事(?)な醜態を演じ、本来のボクシングファンを失望させたことだとワタシは思うのですが。
来週にはこの騒動も終わっていて欲しい。
by noro2happy | 2007-10-26 22:07 | 日々のこと