人気ブログランキング |

大分①由布院の温泉とご馳走

今回の旅(21日~24日)は東京組が4人、九州組が2人合流して別府・湯布院の旅でした。
東京組も2手に分かれてANAとJALで30分の時差を置いて大分空港に到着。
空港には3月の大分旅行でも大変お世話になったSさん(とりあえず今回の旅の団長としましょう)が迎えに来てくれていました。

団長から今回の旅の目的を。
1、温泉三昧
2、大分のアマチュアバンド「ディア・フレンズ」のコンサート
正しい団員の私たちは「ハーーーーイ」とばかりに、第一の目的を遂行すべく、いざ、団長の車に乗り込みました。
先ずは、一路別府の団長の別荘へ行き、何はともあれ、温泉をいただきました。
ここは3月の時にもお世話になったところ。
これ、これ、白濁のやさしい肌触りのお湯。
幸せじゃーぁ(#^.^#)
化粧も落とし、楽な格好になりしばしの歓談。
暮れてゆく別府湾を見たかったけれどそうゆっくりもしていられないので、またまた団長に連れられ、湯布院へ移動。
c0096685_211172.jpg

こちらは九州組の一人福岡のMちゃん家の別荘。
これまた素晴らしい温泉につからせていただいた上、素晴らしいお料理にもう私たちは大興奮。
c0096685_20592710.jpgc0096685_21017.jpg
嬉野温泉の汲み豆腐に始まり、名物関アジのお造り、松茸とハモの土瓶蒸、牛肉の鉄板焼き、地鶏鍋ともう、普通の旅行ではありえないご馳走の数々。
「いい友達をもったねぇ」とか、「加賀美屋以上のおもてなしじゃ」(なんじゃそりゃ)なんて、勝手なことをヌカしながら、しゃべるは食べるは、飲むは笑うはでお口の筋肉は大忙しでした。
本当においしかった。
全部食べられるかどうかって声もありましたが、結局は食べちゃったものね。

寝る前にまたまたザブンと湯布院のお湯に浸かって、深夜1時ごろ、女子5人は枕を並べてあたかも修学旅行状態で眠りについたのでありました。

つづく・・・
by noro2happy | 2007-09-24 21:06 | 旅行とプチ旅