トヨエツの「犯人に告ぐ」

WOWOWが劇場用映画レーベル“WOWOW FILMS”を立ち上げ、その第一回作品が昨日テレビで先行放映されました。
タイトルは「犯人に告ぐ」
雫井脩介の同名小説が原作です。

「バッドマン」を名乗って世間を挑発する犯人が起こす連続誘拐事件を解決するために、6年前に男児誘拐事件で犯人を取り逃がして左遷された刑事・巻島史彦(豊川悦司)が、テレビに出演して犯人に迫るというもの。
ひとりの刑事がテレビというメディアを使って、連続児童殺害犯を追い詰める“劇場型捜査”。
2年位前に本で読んだ時はすごく斬新でおもしろく、一気に読み終えてしまいました。
ところどころ記憶もあいまいになってしまったものの、画像ではどんなふうになるのかとても楽しみでした。
期待通りで、なかなかおもしろく見ました。
犯人逮捕までのいきさつがちょっと偶然に頼りすぎている風にも思えたのですが、これはやはり文字で読むのと映像との違いでしょうか。
トヨエツは、6年前と現在とでは髪型も変え、ぴったりと役にはまっているように感じました。
でも、意外なことに刑事役は初めてだとか。
巻島と敵対する植草刑事を演じた小澤征悦さんもイヤミな役を好演していました。
いままではいい人役しか見たことなかったのですが、随所に出てくるリップクリームを塗る仕草と狡猾そうな目。
このあたりはビジュアルでなければ味わえないおもしろさだと思いました。
それと、これは多分私だけなのでしょうが、トヨエツがテレビを通して犯人に語りかける、正に核となるシーンなのですが、話し口調がどーしても長井秀和に聞こえてしまうので困りました。
「今夜は震えて眠れ」とかっこいい台詞なのですが、私のうちなる声は「まちがいないっ」と続いてしまうのです。

劇場公開はこの秋だそうです。
一足先にテレビで見ることができるというのはすごくお得な気分でした。
こういうことなら大歓迎ですWOWOWさん!
[PR]
by noro2happy | 2007-06-25 22:03 | テレビ