初めての中欧 旅順不同③ブダペストで温泉だ!!

ツアー三日目は国際列車でプラハからスロバキアの首都ブラチスラバへ約4時間の列車の旅でした。
「わーい、世界の車窓だぁ」なんて喜びながら移り変わる中欧の風景を満喫。
途中国境駅ではパスポートチェックがあり、スロバキアへの入国スタンプをゲット。
プラチスラバの街の印象は今となるとはっきり残っていません。
プラスチラバ城からの展望はきれいだったけど・・・c0096685_1101794.jpg


(写真はマンホールに施された彫刻。近頃街のあちらこちらにこんな芸術が流行っているらしい。タイトルは「見てるぞー」だったと記憶しています)



c0096685_117765.jpg今度はバスで国境を越え、ハンガリーの首都ブダペストへ。
入国スタンプって、入国した交通手段によって絵柄が違うんですね。
列車や車や飛行機とかが描かれています。知らなかったなぁ。

(写真はドナウ河岸とブダペスト市街)



今夜の宿泊はDHSR・ヘリア・カンファレンスというドナウ川沿いのホテル。 温泉付きという事で楽しみにしていたのですが・・・
自分の部屋で水着に着替え、バスローブ(普通に白いパイルのもの)をはおりエレベーターに乗り、フロント脇を通ってスパまで行かなくてはならなくて、これがすごく恥ずかしかったです。
普通、部屋の外をスリッパで歩くことさえダメな海外のホテルなのに本当にいいのかな、こんな格好で。
なんか、気のせいか見られている気がするし。
c0096685_11135083.jpgスパの入り口でバスタオルを借りて、中に入るとと水温36度と38度それぞれの浴槽と隣に温水プールがあります。
38度の方は二つに分かれて、片方は15分おきにジャクジーになります。
早速水温高めの方に入ったのですが、うーん、やっぱり温泉というより温水プールでした。
一昨年トルコのパレッカムでも温泉に入ったのですが、こっちの方が温泉らしかった。
お湯から出ている部分が寒い。
これは一度入ったら出られないぞ。
30分ほどつかり、またもやバスローブ姿で部屋に戻りましたが、それでも手足を伸ばしてのんびりとお湯につかるというのは有難かったです。
翌日も同じホテルに泊まったのですが、この日の経験を活かし、先ず温水プールで軽く泳ぎ、それから入浴したところ、うん、温かい。
大正解でした。
[PR]
by noro2happy | 2007-01-07 11:17 | 旅行とプチ旅