「レオナルド・ダ・ヴィンチ特別展」とアスリート食堂

c0096685_19440518.jpg

OSと一緒に、江戸東京博物館で開催中の
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」特別展を観てきました。

ダ・ヴィンチは画家としてはもちろん、
解剖学、地質学、建築家としても名を馳せ、
まさに天才として知られる人です。
それだけにいろんな分野にスポットを当てた展覧会があり、
これまでもいくつか観てきました。
その中では、今回の特別展は、比較的地味めな印象を受けました。

ダ・ヴィンチ自身の作品としては、手稿や素描が中心だからですかね。
あとはその影響を受けた、その他の画家さんの絵がたくさん。

目玉は日本初公開の「糸巻きの聖母」です。
モナリザに繋がるぼかし技法が用いられている
極めて貴重な絵画ということです。
英国外に出品されるのは77年ぶりだそう。
ま、そんな希少な作品を間近で見たということで満足しました。




c0096685_19474564.jpg

心満たされた後は、お腹を満たさねば。
ランチは以前から気になっていた
「両国テラスカフェ」でいただきました。
ここにはアスリート食堂も併設していて
一汁三菜の健康的なラン食を提供しています。

店の片側はこたつカフェとなっていて
ズラーっと掘りごたつが並んでた。
靴脱ぐのが面倒くさいのでテーブル席へ。



c0096685_19445847.jpg

アスリート定食にしてみました。
まさに一汁三菜。
三菜は3の三乗(で、あってるのか?)27通りのパターンから選べます。
量少なめの小鉢を想像していたら
一品、一品がそこそこボリューミー。
メインはサバの唐揚げ。
上に乗ってるカリカリ梅や桜桃?など手が込んでいましたよ。
全体に味付けは薄味でしたがいかにも身体によさ気。

といいつつも、ワタシたちはランもせず
(あ、ここまではチャリンコできましたけど)
もちろん、写ってないけど泡もね。
ハートランド旨しでした。



c0096685_19452730.jpg
お店のすぐ裏手は安田庭園です。
そういえば、こんなに近いのに中に入ったことが一度もなかった。
なので、この機会に行ってみました。

清澄庭園ほどは広くなく
お世辞にも管理が行き届いてるともいえませんが、
無料だし、のんびりベンチでおしゃべりするには良いところでした。

うーん、庭園のバックには国技館が見えてるのに
あのマンションが、Pic的にはチトおじゃまでございました。





[PR]
by noro2happy | 2016-03-05 20:25 | ちょっとお出かけ