人気ブログランキング |

「蓮花の契りー出世花」髙田郁(#1566)

c0096685_08272227.jpg
今年はいつになく読書に精を出した年でしたが
読書感想文は、これが最後かな。
66作品目は大好きな高田郁さんです。
澪ちゃん完結からだいぶ経ちましたが
その後のスピンオフがまだなのは寂しい限りです。

でも、有終の美にふさわしく
これまた優しくて、暖かくて、おススメの一冊です。
前作の「出世花」(感想文こちら)未読の方は
是非そちらから読んで欲しいです。

今作では死者を清める三昧聖(さんまいひじり)」としての己の立場に揺れる
お縁の苦悩が描かれています。
実母のお香に乞われて商家の娘として生きるのか。
行き倒れ同然で拾われた青泉寺で
ずっとやさしく見守ってくれた正念と共に生きるのか。。。
それとも今後も「三昧聖」として全うするのか...
結果は多分皆さんがご想像の通りです。

今回ワタシが一番心に残ったのは、
永代橋の崩落事故です。
12年ぶりの深川八幡祭りに沸く江戸市民が
こぞって大川(隅田川)に架かる永代橋を渡り、
橋げたが耐えられず千人もの命が大川に飲み込まれました。

偶然、お縁もこの場に居合わせ、危ういところで一命を取り留め、
亡くなった大勢の人の亡骸を洗い清めるのでした。
この一件がお縁の今後の生き方を決めたといってもいいのですが、
逆に、瓦版で菩薩のようなお縁の姿が描かれ、
後にちょっとまずいことになってしまうのですが。


ところで、永代橋崩落の話は事実にもとづいています。
子供のころから爺さんに、お祭りのたびに何度も何度もきかされたものです。
その深川八幡祭りは今も綿々と続いて
今でも50基以上の神輿が永代橋を渡ると橋が揺れ、
必ず。小さい時に聞かされた話を思い出してしまいます。

改めて、わが故郷深川の歴史を感じることになったという点でも格別の作品となりました。


c0096685_18184264.jpg
ライトアップされた永代橋




by noro2happy | 2015-12-29 18:29 | book