人気ブログランキング |

「任侠病院」今野敏(#1552)

c0096685_21281087.jpg
このシリーズ、知ってはいたけど
『任侠』の文字に先入観ありで
一度も手にとったことがありませんでした。
たまたま、次の予約が入るまでの繋ぎをみつくろっていたところ
書架の片隅から「ボクはここにいるよー」って
呼ばれてしまった。

ハマりにハマっている今野さんだし
たまには違うジャンルもいいかな?と。


日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、
東京下町で長年ちっぽけな所帯を持っている。
堅気に迷惑をかけない正統派ヤクザであったが、
地元新住民の間から暴力団追放運動が起こってきた。
そんなおり、組長の阿岐本雄蔵が、
潰れかけた病院の監事となって
再建を引き受けることになった。
暗い雰囲気の院内、
出入り業者のバックには関西大物組織の影もある。
再建先と地元、難題を二つ抱え込んだ阿岐本組。
病院の理事もさせられた日村は、
組の最大の危機を乗り切れるのか――。
(「BOOK」データベースより)



ふふふ・・・面白いね。
軽~い、軽~い。
薄っぺらくもあるけど許せちゃう。
まさに娯楽作品です。
ヤッちゃんが道の端っこを小さくなって歩いてるって
それだけでも笑えます。
愛すべきヤクザさん。
愛すべき日村代貸。

魅力はやはり登場人物の明快なキャラクターです。
なので、話はできすぎ君でも許せちゃう。
警察小説でずいぶん業界用語?覚えましたけど、
またまた、ヤッちゃん用語をムダにインプットされちゃった。www

シリーズ前2作品も読んでみたくなりました。



おまけ:
c0096685_21554982.jpg
本書を返却したついでに
隠蔽捜査シリーズ最新「去就」を
「小説新潮」でちら見しちゃった。
好き過ぎてバックナンバーあさって
初回から読んでしまいたい気分なんですけど(^^;)




by noro2happy | 2015-10-05 20:27 | book