人気ブログランキング |

渡タイ・タイ②ロイヤルペニンシュラホテル・チェンマイ

お初のチェンマイ、サワディー・カー!
ドンムアン空港から1時間10分ほどでチェンマイ空港到着。


c0096685_20450968.jpg
空港の一角の動物くんたち。
ナイトサファリが有名だからとはいえ、
このチープ感がたまらんわ。

外に出てみればバンコクと違って高層ビル皆無。
山が見える。
避暑地と聞いてたけど、思いっきり暑い。
とにかく、空港前に待機しているタクシーでホテルへ直行。



c0096685_20584130.jpg
「ロイヤルペニンシュラホテル・チェンマイ」到着。
前も書いたけど、あのペニンシュラとは全く関係ございません。




c0096685_22442977.jpg
ロビーです。
閑散としてました。
ドアマンやら、ベルボーイさんなどが全然いらっしゃらないので
逆にお気楽でした。

ホテルはExpediaで手配しました。
航空券を買うと、お宿代が0円!
って、今盛んに宣伝してますよね。
多分それ。
この時は知らなかったけど。

それではご報告いたしましょう。
バンコク⇔チェンマイ3人分の往復航空券
そして、3泊のホテル代
ぜーんぶ合わせて、37,573円よ。
どーだ奥さん、もってけドロボー。

ただ、日本人には遭遇せず、20%が欧米人
そして残り80%が大陸の団体さん。
よくよく見たら
ホテルの前には「歓迎◯✕※△」の漢字の横断幕。
(´゚д゚`)アチャー



無事チェックインも完了し
トリプル用のエキストラベッドやタオル類も入れてもらってひと休み。
それではまたまた恒例のお部屋pic。

とその前に、以前のリアルタイム現地ブログで
ビジネスホテルに毛が生えたようなと表現しましたが
それはちょっと失礼ね。
毛だとしたら、剛毛?
おスンの毛?(知らんて)
もっとちゃんとしたもんでした。



c0096685_21550740.jpg
お部屋は2階。
キングサイズベッドにエキストラベッド。
まずまずの広さでした。
室内の明るさもよしよし。
Wi-Fiサクサク。
バスタブの深さもちょうどよく、お湯かげん、水量とも文句なし。
固定式ではないハンドシャワーでホッ。

ただ。。。な~んとなく湿気ってるの、ベッド以外の全てが(-_-;)
ソファとか、スリッパとかね、年季も入ってるし。
それと、セーフティボックスが開かなかったり
電気ポットが壊れてたり
あとなんかあったな。
都度クレームを入れるんだけど
対応がめちゃ早いの\(◎o◎)/!
その辺は評価したいけど
だったら最初からちゃんとしろよって事も言えるわけで
良いんだか悪いんだか。

アメニティはボディローションにジェル、
シャンプーはあったけどコンディショナーと歯ブラシはなし。

そうそう、それで思い出した。
夫ドッコイが歯磨き粉って言うんで、ポーチから新しいのを出して渡しました。
しばらくすると、バスルームから

♥「この歯磨き粉なんか変、泡が立たない」

♡「友達からの海外土産だから、日本のとは違うんじゃないないの?」

あんまり真剣に考えずに応えるワタシ。
それからまたしばらくして

♥「うがいしてもスッキリしなくて気持ち悪い」

♡「だからー、外国のだからぁー
 ……あ、それハンドクリームだった」

ヒィー、息子と二人で大爆笑だったわ。
もっと早く言いなさいよ。
あ、言ってる?
人の口ながらすっごい気持ちわりぃ(^_^;)

ドッコイ、ソッコーセブン-イレブンに新しい歯ブラシ買いに行きました。



c0096685_21460097.jpg
小ぢんまりとはしてますが
フィットネスとプールも有り。


c0096685_21585981.jpg
窓の外は日本と同じような田舎の風景。
目の前の樹には毎朝リスが遊びに来てました。


c0096685_22014539.jpg
そして、お部屋には先住のヤモリ君も。
3日間決して逃げることなく家守してくれました。




おまけ:
びろうな話で恐縮ですが
タイのトイレにつきものの、これ。
ちっこいシャワーもどき。
c0096685_22213375.jpg


レバーをぎゅっと握ると水が出て
早い話がウォシュレット。
気持ちいいのかなぁ。
でも周りに飛び散りそうで怖いんだけど。
それに持ち手の部分とか濡れたりしないのかしら。

ワタシは一度もお試ししたことありませんが
こいつを難なく使いこなしてる息子を見て
(いや、目の前で見てたわけじゃないですけど)
この人すっかりタイ人だわ、と実感しちゃったりして。


お尻だって 洗って欲しいと 戸川純
<のりまき懐かしのCM一句>


渡タイ・タイ③に続く




by noro2happy | 2015-07-23 21:24 | 旅行とプチ旅