こんな日もあるさ

c0096685_19300229.jpg

やっぱり渋谷は好きじゃないわ。
OSと久しぶりにウロウロしたけど
まぁ、人・人・人。
「昔はここまでじゃなかったよね」
って、いったい昔っていつよ。
40年も前の高校生当時と比べるのがムリな話だけど(_ _;)

好きではない所にわざわざ出かけていったのは
東京では「Bunkamuraル・シネマ」
ここでしか上映していない
『イタリアは呼んでいる』(公式サイトはこちら)
が観たかったから。

いつもの通りオンラインで予約しようとしたところ
すでにその分は満席で、あとは窓口で販売とのこと。
その時点でイヤな予感はしてたのだけど
2回目狙いなら大丈夫じゃない?
なんて楽観視していざ出かけてみれば。

初回、2回目とも満席、3回目もあと僅かですって。
なんとこの日は、誰でも1,100円で観賞できる
サービスデーだったってことを知らなかった。
にゃーるほど、それでこんなに混んでたんだ。

3回目まで待つという選択肢は、ない。
でもせっかく来たのだからなにか観よう。
(って、昨日と全く同じパターンだな)
で、選んだのが
『マジック・イン・ムーンライト』(公式サイトはこちら)
こっちなら余裕のよっちゃんイカ。
全く予備知識なかったけど
占い師とマジシャンのラブコメとのこと。

もともと、ナンも考えずに笑えて
元気が出る映画がいいねってOSと言ってたので
これならちょうどいいかも。
劇場のお姉さんも
「面白いですよ!」って推してたし。
(普通はそう言うわな)

が、気になったのは監督・脚本がウッディ・アレン。
ワタシはどうも彼の作品が苦手でして。
案の定でした。
退屈で面白くないと言うのではないけど
睡魔との闘いでした。
何度かの沈没のあと目を覚ましたら
マジシャンが占い師にプロポーズして
めでたしめでたしのエンディングロールでした(・_・;)

敗因は・・・(敗因って)
先にガッツリ食事をとったこと。
今朝から風邪気味で、薬を飲んでしまったこと。

というわけで、あとからレビューなどを読んでみると
概ね評価が高くて
隣の人もくすくすよく笑ってたし。
(前の女子は彼氏にもたれて爆睡だったけど)
なので、ワタシの独り言なんぞは無視してください。



063.gif

そんな残念な映画鑑賞でしたが
食事のチョイスは大正解でした。
渋谷でランチだったら絶対ここにしようと
以前から決めていたとこ。


c0096685_19355147.jpg
「ライスピープルナイスピープル」のパク盛り~♪
パクチー食べ放題。

c0096685_19304224.jpg
こんな風に小洒落て盛られてきますが
おかわりできまーす。
もちろんしました!
ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。
パクチーお高いのに贅沢(*^^)v


c0096685_19301338.jpg
ランチセットについてくる、前菜三種盛り。
春雨サラダと生春巻き、揚げゆで卵。



c0096685_19302400.jpg
メインはブーミンチの汁ビーフンにしました。
米麺なのにさらにタイ米がついてる。
最後にスープの中に投入していただくそうですが
もう、お腹がいっぱい。

スープのお味はやや薄口なので
ナンプラー、酢、唐辛子の三種の神器でカスタマイズ。
う~ん、美味しかった。

今日はこれを食べに来たと思えば満足ね。







[PR]
by noro2happy | 2015-05-05 20:23 | 映画