初・スキマスイッチ参戦記

c0096685_23540239.jpg

昨日はNHKホールで初スキマスイッチでした。

いやー、よかったなー。
やっぱり期待は裏切られなかった(^_^)v

一度聞くとクセになる独特のメロディラインと
これまた独特の世界観で綴られる詞が好きだったんだけど
なかなかライブに連れて行ってくれる人がいなくて。
まぁ、一人で行くほどではなく
チャンスが有ればって思いながら早10年?

今回そのチャンスをくれたのは
テソペンのKッチ。
Kッチからのたった一つのご注意。
「スキマはねー、ずーっと手拍子してるから
手のひらが痒くなるのよー」

はい、確かに聞いてました。
しかし、ここまでとは。
バラードの数曲を除くほぼ全曲で、手拍子でした。

二人がステージに登場すると先ず拍手。
キャ~でもなく、すっごい拍手。
その拍手がそのまま手拍子へと移行するんだね。
それも頭上高く掲げてなので
1階のフラット席では
後ろの人、見えるのかしらなんて余計な心配。

アタシも最初のうちこそ照れくさくて
胸の辺りで、シャンシャンとやってましたが
途中からはノリノリのイケイケで
だんだんフリが大きくなったことを自覚。
(↑客観的に見ればその年でペンラぶん回す方が
よっぽど恥ずかしいぞーという声は、無視)

で、なにが嬉しかったって
アタシの大好きな「桜夜風」を歌ってくれたこと。
そうです、つい先日この歌のことを書いたばかり。
セトリにはなかったので、まさか聞けるとは思ってなかった(*´艸`*)
そりゃ、時節柄でしょ、って言っちゃあおしまいよ。
アタシの願いが届いたんだと信じたよ。

MCで大橋クンがが語ってました。
いつも二人で曲と詞を書いてるけど
キーワードとなるのは「等身大」という言葉だそう。
背伸びしてカッコつけた言葉を使っても
自分たちも嘘くさいし、聞いてる人の胸に届かないと。
だから齢を重ねるってことは、
どんどんいろんな言葉を使えるようになるって。
(歳とともに言葉が退化して薄っぺらになっていくアタシ。
耳が痛かったけど^^;)

ようやく身の丈にあっこんな歌も歌えるようになったと
紹介して聴かせてくれたのが
ツアーアルバムの中で一番好きな「星のうつわ」。
本編の最後の歌でした。
これよかったな~。
ライブで聴くと更によかった。

二人が袖に引っ込むと同時に
アンコールの手拍子が始まり、
出てくるまでずっと途切れることなく続くのがすごい。

そしてアンコールではもちろんあの唄が。
「全力少年」
大橋くんがノリノリで客席まで降りていっちゃった。
で、途中でマイクを客席に向けるので
もちろん!歌いましたよ。

「あのころのぼくら~はきっと
ぜんりょくでしょうねんだった~」

ご本家は微妙に手拍子も違ってたけど
やっぱこの曲は盛り上がるねー。

なんだかんだと3時間弱。
これまた楽しい時間はあっと言う間!でした。
心地よい、手のひらの痒さと余韻に浸りながら
やっぱ、ライブ最高!って思った。

次は3週間後。
もはや定番となったCN行くよー。


***

本日は花曇り。
さっきパラっと小雨。。。
これからまたたび会恒例、
大崎からの目黒川花見経由昼から宴会。
まだ咲いてるらしい。

ホンでは行ってきますんり。









[PR]
by noro2happy | 2015-04-04 10:57 | 音楽