人気ブログランキング |

「本日は、お日柄もよく」原田マハ(#1508)

c0096685_20541609.jpg




またですか?
そんな声が聞こえてきそうですね。

えぇ、えぇ、またですよ。
けど。。。
さすがにチトお腹いっぱいになってきたかも(^_^;)

OL二ノ宮こと葉は、
想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。
ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。
それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。
空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。
久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!
目頭が熱くなるお仕事小説。
(文庫版表紙カバー裏から)


うーん、なんといいますか。
これまでの原田作品の中では
一番、そうでもなかったかな。
って、どういう感想なの(^_^;)

相変わらず爽やかだし
悪い人が出てこないし
文章読みやすいし、なんだけど
イマイチ、もうひとつ、あと少し
キャラクターに感情移入できなかった。

主人公のこと葉がスピーチライターに目覚めるのはまぁいい。
前半はおもしろかった。
結婚までの腰掛け、お気楽OLだったこと葉が
やりがいのある部署に移動して
むしろ広報担当として頑張っていく姿を期待した。

けれど、幼なじみのため(初恋相手)とはいえ
本人の実績がないまま(少なくとも書かれていない)
スピーチライターとして
政治の世界に足を突っ込んじゃうってのが。。。
そんな甘いもんじゃないかと思うけど。

トントンとうまく行きすぎて
後半になって面白みが半減しちゃった。
イケメン二世議員も
父親のエピソードも。
あと、毒あるアタシには
こと葉が感動したスピーチも
ちょっと、クサイ。
(ひぇ~~~、ごめんなさい)

政治はむしろ
「やられたらやり返す、倍返しだ」
のほうがリアルでおもしろい。
やっぱり土俵を変えたほうが良かったな。
(ナニサマ?)

まぁ、よくも悪くも原田さん。
好きだからこその辛口です。
ここらで少し休憩しようかな。
困ったときの・・・だったけど
また、大昔読んだものの再読でもしようかな。





by noro2happy | 2015-02-13 21:09 | book