人気ブログランキング |

バリーラオス@バンコク


暑かったようですねー。
岐阜県の多治見では39℃ですって?
いやいや、想像しただけで血液沸騰してきそうです。

会社勤め、しかも内勤者にとっては何よりありがたいのは
とりあえずこの昼間のクソ暑さを体感せずに済んでることです。
土日の連休は涼を求めてどこかへ行かなくちゃ。

とは言え、東京はまだそこまでではなく
冷房嫌いのワタシは相変わらず
天然の風だけでしのいでおります。
でも明日こそは冬布団しまおうっと(-_-;)


***


暑い話から暑い国の話へと流れます。
忘れた頃のバンコク。

c0096685_18231461.jpg
かわいい、長いトゥクトゥク見かけました。
正面に「MBK」の文字が見えるので
マーブンクロンセンターまでのシャトルかな。



さて、写真とは全く関係なく、今回お初のレストラン
「バリーラオス」をご紹介します。
最寄り駅はBTSの「アソーク」ですが
そこからでも15分近く歩くので
ワタシたちはホテル「ディシッタニ」からタクシーで。

すでにうろ覚えですが59バーツ?だったかと。
日本円にすれば180円位。
相変わらずこっちのタクシーは安い。
これで乗車拒否さえなければ言うことなし。

余談ですが、このホテル
夫ドッコイがえらくお気に入りで
今回で3度め。
確かにBTSからも地下鉄からもエキチカで
老舗らしいきめ細やかな心配りもありますが
もっと色んな所に宿泊してみたいというのが
ワタシの本音であります。



c0096685_18595161.jpg
「バリーラオス」は店内が暗いので
ストロボたいたらやたらピカピカしてるー(>_<)
だいたい混みあうのは9時頃からで
6時チョイ過ぎという時間ではまだお客さんはほんの少し(^_^;)

ここ、オープンテラス席です。
リゾート感に溢れて良かったんだけどね。
ただ、蚊がいる。
でもマンペイライ。
巨大扇風機がブンブン回ってるし
あちこちに蚊取り線香。
さらに、言えば虫除けスプレーも持ってきてくれるので
刺されるには至りませんでした。


店名にラオスが付いてるくらいだから
ラオス料理なのかな。
でも普通にイサーン(東北地方)料理みたいでした。
辛さも外国人向けにアレンジされてるのか
そこまで辛いってほどではありませんでした。




c0096685_19043629.jpg
よく出来てるでしょ。
薄暗いところでもしっかり読めるように
シニアにやさしいライト付きのメニュー。

思わず感嘆の声を揚げてしまった。

で、ご覧のとおりメニューには写真がなかったけど
英語の説明でなんとか。
項目別にビーフとかチキンとかシーフードとか。
そんな中にさり気なく混ざってた
「FROG」の文字。
(世の中で一番苦手なもの)
ゲッ!
見なかったことにしました。



c0096685_19064857.jpg
それにしてもオーダーがいつも同じものになってしまうのがねー。
何しろうちの男どもときたら肉しか食わない。
野菜も魚介類もハナから注文する気なし。

どーんと魚の素揚げっぽいのが食べたいけど
一人じゃ絶対食べきれないし。
ということでちっとも代わり映えしないラインナップ。
暗いし、料理の写真は撮らずに
もっぱら食い専門に。

そうそう、今回はじめてだったのが
「トムセップ」というスープ。
例によってレモングラスやこぶみかんの葉、
生姜などに混じって
骨付きの牛肉。
これ、めちゃおいしかった。

トムセップ>トムカーガイ>トムヤムクンと
好きなスープランキングがかわりました。
日本のタイ料理屋さんでは、あまりお目にかからないけど
今度積極的に探してみよう。
さっぱりとして、そんなに辛くなくて
日本人向きだと思ったよ。


その辺のひょいと入るイサーン料理屋さんと比べると
お値段的にはやや張りますけど
南国情緒を満喫できて
なかなかおしゃれでよかったです。

次回女子友と行くとき(いつだよ)
また利用したいお店でした。
って、一人じゃいけないからまたタクシーだな。




by noro2happy | 2014-07-25 20:01 | 旅行とプチ旅