「春を背負って」を観てきた

あ、あ~~~
じゃんねんでございました。
コートジボワールに2点目が入った瞬間
日本中から悲鳴が聞こえた気がいたしました、
その一人はワタシですけど。

次はギリシャ戦ですか。
前を向きましょう。




c0096685_20081416.jpg

はい、気持ち切り替えて
午後からは先週に引き続きの映画鑑賞してまいりました。



立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、
山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、
父が亡くなったため帰郷する。
そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、
遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、
組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。



すっごいシンプルなストーリーです。
天真爛漫な愛ちゃんや
山に詳しいゴローさん(トヨエツ)の力を借りながら
亨自信も成長していく姿が描かれています。

エンタメ的には先日見た
「青天の霹靂」の方が心に残るけど
ただただ、立山連峰の美しい山々を
これでもかってほど味わいました。

山好きな人は
四季折々の立山連峰を大画面で見るのも悪くないかもね。

あー、でもやっぱりワタシに登山はムリだわ。

残念ちゃんだったのが、あのラストシーン。
はっきり言ってダサい。
あはははは~くるくるくる~
ハイジとペーターが乗り移ったとしか思えない。
お連れのカトさんとも
アレはないよねーと笑ってしまいました。

あと、蒼井優が山小屋の外で
ノースリワンピで髪の毛洗ってるシーンも・・・
わざとらし。




余談:「蜩ノ記」の予告編を観ました。
また岡田君・・・フフ(*^_^*)
原作の良さが映画で出てくるかな。



[PR]
by noro2happy | 2014-06-15 21:00 | 映画