人気ブログランキング |

モニュメントバレー/⑥LVとアメリカ西部の旅

四日目はモニュメントバレーの朝日観賞からスタート。
モーニングコール何時だったかしら・・・忘れた。

かなり着込んで出てきて下さいと言われ
これまででは一番の着膨れで部屋を出ました。
マイナス3℃ぐらいかな。
風があるので体感気温はさらに低い。

c0096685_21344895.jpg
もっとナイスなポイントがあったようですが
戻ることを考えるとあまり遠くまで歩きたくない。
徐々に空が明るくなって、ご来光!!

荘厳さでいえば、アンコールワットとここだね。
富士山を見てたらこれでベスト3となるのだろうけど
富士山のご来光・・・見てないので・・・グスッ。

c0096685_21354637.jpg
バレー内にも朝日が差し込んで岩肌を照らし始めます。


朝食の後、いよいよさらにディープなバレーツアーに参ります。
またまたナバホの方の運転するバスに乗って
いざアメリカの原風景へ。
う~ん、マンダム。


c0096685_2136772.jpg
しつこく登場のBB3。
どうせ顔わかんないし、モザイクやめた!
この風景を手中に納めてなんも言えね、爽快!!
どこを映しても、人が入り込まないところがイイ!
それだけ広いってことでもある。


c0096685_21364018.jpg
自分で撮っておきながら、まるで絵葉書。
左と中央二つの岩はそれぞれ
ライトミトンとレフトミトン。
なるほど~、ってか。

c0096685_2137183.jpg
抜けるような青空と赤茶けた大地に立つガンマン。
チャララ~~~、チャリラチャラリラ、チャララ~~~。
ジュリアーノ・ジェンマだろうと、クリント・イーストウッドだろうと、ジョニー・デップだろうと
好きに妄想してください。

モニュメント・バレーもナバホ族の居留地内ですが、
ツアージープが着くと現地の方がこうして馬に乗って先回り。
絶好のベストショットを用意して待っていてくれます。



c0096685_21375314.jpg
こちらはそのナバホの伝統的住居ホーガン。
半休型は妊婦のおなかがモチーフだそうです。


c0096685_2138173.jpg
天井ははこんな感じ。
中心部の穴から神でもある空を眺められるように設計されてるとか。

c0096685_21392094.jpg
三人の修道女と名付けられたスリーシスターズ。
あー、何度見ても飽きない。


このあとはグランドキャニオンへと向かうのですが
それはまた後日にということで

つづく・・・
by noro2happy | 2013-11-27 22:11 | 旅行とプチ旅