人気ブログランキング |

「オレたち花のバブル組」池井戸潤

c0096685_2037484.jpgオレたち花のバブル組  ・・・・・1323


昨日の更新おさぼりは、ネタの夏枯れもありますが
半沢さんが途中でやめられなくなり
ネット時間を読書に費やしてしまったことに原因あり。
ってアタシ、どんだけ好きなんだ池井戸さんが。

この本は、今さらジローの言うまでもなく
ドラマ「半沢直樹」の原作となった二本のうちの一本です。
次回からの後半はこちらを元に描かれるんですね。
ということで、かろうじて放映前に間に合ったぜ。

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、
巨額損失を出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。
おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。
金融庁には、史上最強の“ボスキャラ"が、手ぐすねひいて待ち構えている。
一方、出向先で、執拗ないびりにあう近藤。
また、精神のバランスを崩してしまうのか……。
空前絶後の貧乏くじをひいた男たち。
そのはずれくじを当りに変えるのは自分次第。
絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!
(アマゾン内容紹介より)


ドラマでラブリン演じる濃ゆ~いキャラ黒崎との対決は、ここに登場なんですね。
インパクト大のオネエ言葉は脚本によるものかと思ったら
もろ、あの感じで書かれてるぅ~ヽ(・∀・ )ノ キャハ
ラブリン、ホント見事に演じてますわ。

でも10倍返しはドラマ用語?
半沢さんはいつも「基本は性善説。
しかし、やられてたら倍返し」って言ってますもん。
結果オーライの黄門様で安心して読めます。

ちょっと胸が痛んだのは、出向先でも心を病んでしまいそうになる近藤さん。
ワタシなんぞは年中、会社辞めたーいとか
週3勤務になりたーいとか、お気楽言ってますけど
妻子を養うために針のむしろのようなところに座ったきり、動けないって辛すぎます。
ウチの会社でもメンタルケアのために休職している人ってたくさんいるから・・・。

ドラマではあまり触れられていないように思えた
「バブル入社組」世代の苦悩については、改めてそうなのかって思いが強い。
団塊世代のおっさんたちによる、見境のない経営戦略が銀行を迷走させて
その尻拭きをさせられてるのが半沢たちバブル組。
貧乏くじとは、うーむ。

バブル期って完全に売り手市場でしたよね。
どこの企業だって就活学生さんウエルカムで、ありえないほど優遇されてたって印象。
より好みしなければまず就職できないってことはなかった時代。
今みたいに非正規雇用者率が高いよりよっぽどマシじゃないなんて思ってたんだけど。
いつの時代にも闇はあるのかしらねー。

半沢さん、「処分じゃなくて単なる異動」ってどこへ行かされるんだろう。
この続きとなる「ロスジェネの逆襲」が早く読みたい。
こっちはまだしばらくかかりそうだなー(T_T)
by noro2happy | 2013-08-15 21:06 | book