人気ブログランキング |

GDソロコンサート@京セラ2日目本編

4月6日(土)福岡ヤフオク!ドーム公演より全4都市8公演のワールドツアー日本公演【G-DRAGON2013WORLDTOUR~ONEOFAKIND~INJAPANDOMESPECIAL】を開催中...
↑とりあえず、全容は上記ニュースを見ていただくとして
ワタシは福岡ドーム西武ドームと違ったところを。

例によって長いです。
そしてネタバレ有りますので。


☆杖とセグウェイの図

もちろん一番の違いはジヨンが怪我しちゃったことですよね。
オープニング、レーシングカーから降りるときも、ハイテクさんの手を借りて。
「ミチGO」は杖をつきながら上半身でリズム取って花道を歩いてきた。
痛々しいはずなんだけど、なんかおしゃれなんだよなー。
最初は母目線でおってたけど、
そのうち杖すら小道具に見えてきちゃったりして。
事実、一緒に参戦したMIWAちゃんは、
「あの杖って演出?それとも足が痛いから?」って。
そうなのよ、杖というよりステッキ
あるいはマイクスタンド?
そのうちグルグル回したり、肩にかけたり。

なんでもかっこよく見えるんだねーって?言わないで。
事実そうなんです。
ワタシも股関節手術後のリハビリで杖ついたけど、
ぜんぜん違う(お前と一緒にするなぁぁぁ、ですけど)
しかもこの杖が後でいい仕事するんだ(*^_^*)
まぁ、それは置いといてと。

それとセグウェイ。
3曲めの「ONE OF A KIND」からだったかな。
昨日も書いたけど、アップテンポの曲はおもにセグウェイ。
こっちはもうGD&TOPで見慣れてるからね
全く違和感なし。
乗りこなしておいてよかったね、って感じです。
ジヨンの足となり、ステージ上を走りまくりました。

そうそう、アンコールラスト、ジヨンがステージから引っ込もうとして
観客が、「だめー」「行かないで」「もっとー」とせがむとき
ジヨンが何度も「え~っ」、「え~っ」って、10回ぐらいステージに戻るのを悩むフリをするの。
今までならハイテックさんたちは行かせまいとするところ。
でも昨日は積極的にセグウェイを持ってきて乗せようとして。
いつもとは逆にダンサーさんが後押ししてくれた演出でした。


☆ハニーと呼ばれて萌え萌えの図

なんじゃぁそりゃー、でしょうが
昨日のコンサート中、最も得意の妄想掻き立てられたシーンです。

覚えてる限り書きますね。
「これからゲームでもしましょうか」
ジヨン、杖を真っ直ぐ前にだし
「ボクを基準に(おっ、難しい言葉)右の人たち・・・」
と言いながら杖でぐるっと右側を指す。
「うーん、名前は・・・そうだベイビー」
ぎゃ~~~の悲鳴。

今度は左の人たちを指して
「左側の人たちは・・・ハニーね」
ここで左側ペンも同様。
因みにワタシはハニー。
さらに確認するように、自分の真正面を指しながら
「ベイビー」「ハニー」とか仕分ける姿に激萌えでした。

で、こっからは「Sayイェーィ」の掛け声対決。
ベイビーから始まったから、それに負けじとハニーも。
なんだかあの杖で指されると煽られ方が尋常じゃないのはナゼ?
「ベイビー負けてるよ、ベイビーはもう一回」
なんて言われただけで声の大きさが変わるところがすごい。

「ベイビー大好き、ハニー大好きって」
左右に杖を振りながらのお褒めの言葉を頂戴して
自分のM度を認知しました。

本来なら「もっと近くで見たい~?」って
サブステ階段で下に降りて行くところなんだけど
ケガでそれが出来ない代わりに、急遽考えたゲームだったんだね。
なかなかやるなぁ、GD。
まんまとハマっちまったぜ。


☆テソンサプライズの図

アンコール、GDトロッコを目で追ってたところ
ちょうどセンターあたりのところで突然「キャー」というすごい悲鳴。
なに?なに?何が起きたと思ってビジョンを見たら
キーボードのところに座ってスマイルしてるテソンが映ってる。
もう、超びっくりした。

そこから先は昨日書いたので端折りますが
トロッコから降りて花道を行くとき、テソンがジヨンに肩を貸して一緒に歩いてた。
もうこの姿見た瞬間、ワタシの涙腺決壊。
横から追ってたんで顔が見えなかったけど
ふたりともこんな笑顔だったんだね。
ホントに、ホントに感動した。
だから改めて載せちゃう。

c0096685_14253150.jpg

テソンは本当に心配して、いてもたってもいられなかったんだね。
それがわかってるからジヨンも素直に
「ありがとー、だいすきー」ってハグ。

「BAD BOY」の後はテソンへのハッピーバースデーコール。
「オメデトーォ、タンジョービオメデトォー♪」ってチョット節つけて。
会場もみんなで「オメデトォー♪」

さて、一方のヨンベはといいますと、その自由なこと。
そこがまたいいんだけど。
テソンが「ナミダが出ました」って言ってるのに
「えっ?鼻水でた?」
「ナミダ」
もう、こんなところで茶々入れないでよ。

と次はテソン。
「怪我してるのにこんなにすごいステージできるの
世界中でジドリ、ジドラゴンだけですよ」
これは本当に噛んじゃったのに、ジヨンが
「ジドリ?それ違う、ジドリ?」って何度も。
全員「・・・・・」
テソンは「うわぁー、この雰囲気どうしよう」っていうんで笑ったけど。
ここにスンリがいたらどう対応したか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということでワタシの「ONE OF A KIND」参戦は終わりだけど
3回ともそれぞれに思い出に残るコンサートになりました。

今まで同じツアーを何度も見るって感覚がよくわからなかったけど
BB好きになってよーくわかった。
その1回1回がONE OF A KINDなんだね。

大阪最終コンサートがもうすぐ始まりますね。
今日も無事に、素晴らしいステージとなりますように!
by noro2happy | 2013-04-29 14:55 | 音楽