人気ブログランキング |

「ミレニアム1=ドラゴン・タトゥーの女」スティーグ・ラーソン

c0096685_20354325.jpg★★★★
「ミレニアム1=ドラゴン・タトゥーの女」(上・下)
  ・・・・・#1232


久しぶりに洋物のサスペンスを読んだわ。
内容はすでに映画で観ていたから知っていたけれど
(感想はこちら)
本で読むとさらに深い意味がわかり面白かった。
逆に原作のあとだったら映画ももっと分かりやすかったかも。

とにかく登場人物が多く、しかも馴染みのないスウェーデン人の名なので
そのあたりがとっつきにくいけれど主要人物の5、6人をクリアしておけば
あとは、??ッてなったときに最初の人物紹介に戻れば大丈夫。

だんだんそんなことも気にならなくなるほどのめりこみます。
最後のシーンは映画にもあったけれどちょっと切ない。
絶対他人を受け入れなかったリスベットの、生まれて初めての感覚を応援したくなるので。
それに比べると、ミカエルはそのあたりではだらしがない?
まぁ、こんな欠点?でもないと面白みもないけどね。
この先のミカエルとリスベットの関係が気になるところ。
どうやら次作はリスベットの過去に

というわけで続編の「ミレニアム2」の上下巻もさっそく予約。
この作品は三部作となっていますが、作者のスティーグ・ラーソン氏は
50歳の若さで心筋梗塞で亡くなったんですね。
この時彼は4作目を執筆中でしたが、第一作目の出版前のことでした。
なので彼は、自分の作品が全世界中で読まれるようになることも知らずに
この世を去ってしまった・・・悲劇だわ。
by noro2happy | 2012-10-07 20:47 | book