人気ブログランキング |

「ロズウェルなんか知らない」篠田節子

c0096685_22191913.jpg★★★★
「ロズウェルなんか知らない」   ・・・・・#1214

「2030年には人口がゼロ」という推計が出た過疎の町駒木野。
温泉が出るわけじゃない、名所もない、嫁の来てもない。
ナイナイ尽くしの町の青年団が
なりふりかまわず地域おこしに奮闘するお話し。
青年たってみんな40近くのオッサンと言うところがまたリアル。

先が見えてるのに現状を変えようとしないお年寄り。
お決まりの対応しかしないお役所。
そんな背に腹は変えられない状況で、彼らがぶち上げたのは「日本の四次元地帯」構想。
座敷わらしやら、UFOやらのオカルト伝説を仕掛けます。
口コミで広がったうわさはやがてマスメディアに取り上げられ
気が付けば話はドンドン大きくなって
仕掛けた当事者たちの思惑をはるか超えてしまいます。

奇妙な町おこしはコミカルにも思えますが
虚構がいつの間にか現実を凌いでしまうと言うのは
以前読んだ「仮想儀礼」(感想はこちら)と似ていました。

けど、あのオドロオドロした重苦しさと比べて
こちらは軽快、かつユーモラス。
登場人物の個性も生き生きと描かれていてサクサクと読めておもしろかった。
特に冒頭のカラオケ大会で優勝して町に居座ってしまう鏑木。
真面目で腕のいい整体師だったのに
いつのまにかオカルト医院の烙印を押されてしまう誠。
それにヤラセのさゆりちゃん、バラクリシュナさんといった脇も。
実在するアミューズメントパークへの辛辣な言葉もおもしろかった。

因みに、タイトルの「ロズウェル」とは、
UFOが墜落した町として有名になったアメリカの都市だそうです。
な~るへそ~。
by noro2happy | 2012-04-02 22:34 | book