人気ブログランキング |

2012初旅・ソウル #8♥オモリチゲとアートメイク

旅も最終日となりました。
え~~っ、やっとかよーって?(^。^;)

今回の旅行記は、あたかも食い倒れ日記。
最後の最後もお初グルメで、ちょっとしつこい?
自分でもそう思うのですが、初めて食べたときの感動って
だんだん薄れてしまったりするので
こうして書きとめておけばいつでも思いだせるかも
なんて、考えとりましたが
昨日も書いたように、ただおいしい、おいしいの羅列が情けない。


さて、ラストは「オモリチゲ」なのですが、またしてもその前に・・・

この日の一番の予定はアートメイク。
「danbi」を予約しておきました。
もう7、8年前くらいになりますが
眉のアートメイクをしたのですが(日本でね)
もうその痕跡はすっかりなくなり、今では丸っきりの麻呂状態。
ここの店はみっちゃんをはじめ、何人かの知り合いが訪れていて
実績に関してはまったくの心配なし。
で、せっかくなので今回ワタシもやることにしました。

料金は25万Wで、現金ならさらに10%off(約15000円)。
1年以内ならリタッチも無料。
国内料金と比較すると断然お安い。
それに、前にやったときは数日たって皮がむけたりしたけど
今回はそういうこともなく、翌日にはほぼ自然な眉になって満足でした。

ところがここの先生にホクロの除去を強く勧められて・・・
実は自分でも気になっていたところだったんで
ついついその気になり、ついでにシミ取りもと、全6ヶ所。

眉のほうは痛みの種類がわかっていたので
ぜんぜん心配していなかったけど
ホクロはねー、正直怖かったです。
先生は痛くないっていってたけど、
場所によっちゃあかなり痛かったし、パチパチ音がして
肉のこげるようなにおいも。
みっちゃんは煙が出ているなんていうし・・・
痛い初体験パート2となってしまいました。

この日は4日間の中では一番寒かった日。
北風がアートメイクした眉に、ヒリヒリとしみましたわ。

余談ながら、除去後約10日たった現在は
シミ部分はかさぶたがはがれそこだけピンク色に
ホクロ部分はまだあとちょっと残っている
あ~~、かさぶた取りたい欲求を抑えるのが大変です


***

痛い話はこれくらいにして
ようやくありつける「オモリチゲ」。
明洞から歩いてすぐの乙支路店です。
これまた個人的にはとっても期待度↑
普通のキムチチゲとどう違うのかっていうと
キムチの酸っぱさがハンパないとか。

席について注文した後まず皆さんがすることは
セルフサービスのキムチとヌルンジを取りにいくこと。
ヌルンジはおこげを煮込んだスープです。

ワタシはチゲでたっぷり水気を取りそうなので
ヌルンジはパスしてキムチのみ。
こちらも熟成キムチを想像していたけど、浅漬けだったのでがっかり。
チゲに入れるものとは別のようでした。

c0096685_19451713.jpg
で、こちらがオモリチゲ。
見るからに辛そうだけど、そうでもない。
でも酸っぱさはかなりなもの。
さすがに3年熟成、年季の入ったキムチだね。
期待通りのお味でした。

c0096685_19454454.jpg
辛いものがダメなみっちゃんが選んだのはチャジャンミョン(ジャジャ麺)。
これがまたチョンマル マシッソヨーなの。
大きなジャガイモがゴロゴロ入っていて
カレーのジャガイモはあんまり好みでないけど
チャジャンソースがこれほどまでジャガイモに合うとは思わなかった。
今まで食べたジャジャ麺の中では間違いなく最高でした。

地元サラリーマンOL風の人で店は満員だったけど
そのほとんどがジャジャ麺も一緒に注文していました。
辛酸っぱいチゲと、やや甘めのソースは絶妙はコンビかもよ。

店を出るといい時間。
アストリアホテルをチェックアウトして
世宗ホテル前のリムジン乗り場へ。
みっちゃんは夜便なのでここでお別れ。
再び明洞の人となる彼女の背中を見送りながら、ワタシはバス待ち。

そういえばリムジんもお初でしたわ。
7000Wでゆったり快適シート。
金浦に着くまですっかり爆睡してしまった。

***

ということでなんとか旅行記終了です。
あっ、このあとちょこっと番外編予定あり・・・ですが
長々お付き合いくださいましてコマウォヨ~
ソウルへ行く機会があったときに少しでもお役に立てればノムキッポヨ。
by noro2happy | 2012-02-10 19:55 | 旅行とプチ旅