人気ブログランキング |

2012初旅・ソウル #6♥タッカンマリ

昨日の続きで今度こそ、お初グルメパート4
「タッカンマリ」
「チンハルメタッカンマリ」というこれまた有名店です。

c0096685_213151.jpg
鶏一羽をまるまる使った鍋。
今まではサムゲタン一本やりだったので
今回初めていただきます。

見た目豪快な鶏さん。
あなたの命を大事にいただかせてもらいます。
煮えるのを待つ間にタレ作り。
醤油とお酢、すりつぶした唐辛子入りのタデギという調味料。
いかにも辛そうなところがたまらん。
たっぷり入れました。
それに辛子も足して、自分なりにイケそうな味を作ります。
この過程、カメラに納めておけばよかったナーって後悔。

でもコネストさんのこちらに詳しく掲載されてました。
と、手抜きの丸投げ許されぃ。

トック(餅)が先に浮かんでくるので先ずはこちらからお味見。
モッチモチの食感でおいしい。
タレともよく絡みます。
日本で食べる鍋に餅ナンざぁ入れたら、
即行レッドカードのワタシですが
これは伸びずにいつまでもモチモチなのでゼンゼンOK。

c0096685_2142061.jpg
グッツグツに沸騰したところで、アジョシがバチバチとハサミで
鶏さんを解体してくれました。
すると、それを見ていた隣の3人組のアジュマが
「長いことこの店に通っているけどねー
一度も切ってもらったことござんせんわー。
まぁー、日本人には親切だことねぇ」(byみっちゃん:訳)
と、ニヤニヤ。
アジョシ、仕方なく?隣の鶏さんもチョキチョキ。
まぁ、基本自分で切るもんなんでしょうね。

で、ようやく口にした鶏のぶつ切りがもうホロホロとやわらかく
チョンマル マッシソヨ~~~なの。
シメのクッス(平打ちうどん)もいうことなし。
ああ、思い出したらまた食べたくなりました。

で、実は家に帰ってすぐにやってみましたのよ。
もちろん一羽丸々というわけにはいかないけど。
コチュジャンやらポン酢やら辛子やらでね。
でもねー、予想したとおりフツーの水炊きでガックシ。

今度行ったら絶対夜だね。
マッコリや焼酎と共にガッツリ行きたい。

   ***

c0096685_217851.jpg

大満足のランチの後は仁寺洞(インサドン)から三清洞(サムチョンドン)の散策。
インサドンは前にも来たけどサムチョンドンは初めて。
ギャラリーやカフェとか現代風なところかと思えば
伝統的な韓国らしさも味わえるなかなかステキな町でした。

歩きつかれたのでカフェで一休み。
お目当てのカフェは長蛇の列で、やむなくその近くで。
でも、このあたりステキなお店がいっぱいで
もう少しジックリ時間をとって歩きたかった。
これも次回への持ち越しだな(いつだろー)。

さて、ここで旅仲間のNちゃん、お仕事の都合で一足先に帰国しなくてはならず
3人で明洞まで戻り、世宗ホテル前のリムジン乗り場までお見送り。
で、ワタシとみっちゃんはそこから目と鼻の先の
アストリアホテルにチェックイン。

実はこの後、例のお世話になった
クォンさんの旅行会社の社長・ソンさんが、
夕飯に連れて行ってくれることになりました。
まぁ、このあたりの成り行きはみっちゃんの人脈によるところ大で
ワタシはただ付いていくだけです。

しかし、待ち合わせ場所がなんとウレシや弘大(ホンデ)ってことで
ワタシのテンションは一気にアゲ↑アゲ↑016.gif
カン・ムギョルゆかりの場所だ~~~
行ってみたいさぁー。

c0096685_2174358.jpg

おっとー、グンちゃんじゃなくて何故かBIGBANG。
明洞から地下鉄でホンデへ。
驚いたことに、ホンデの自動改札はこんなことになってました。
ギョエ~~~、こんなところにびっぐびゃ~~~んが。
しかし、TOPとGDの写真分かりにくーぅ。
危うくスルーするところでした。

で、地上に出て少し歩いたらところで見つけました。
ムギョルが「メリークリスマス サランハダ」と叫んだ、告白のステージを。
もう真っ暗だったので残念ながら写真は撮りませんでした。
「完全無欠」みたいな、ギターを背負ったバンド兄さんたちもいましたわ。
ああ、今度は昼間に散策してみたい。

さて、ソンさんが連れて行ってくれたところは「ホンギワ」というお店。
牛さんカルビ、鶏さん丸一羽、とくれば次はもうアレでしょう。
そう、ブーちゃんです。

カムジャタンとポッサムの#7に続きます。
by noro2happy | 2012-02-08 21:21 | 旅行とプチ旅