人気ブログランキング |

2012年初旅・ソウル #2♥水原華城

2日目の予定は水原(スウォン)観光。
9時にクォンさんにピックアップしてもらうことになってます。
でも、その前に朝食。

前日はなかなかボリューミーかつデリシャスなANAの機内食の後で
(とんとご無沙汰だった日本のエアに乗り、
格安航空会社との格差を改めて感じました)
軽めのソルロンタンの夜食、といったのですが
やはりスープ系は腹に残りません。
起きるなり、食欲全開。

ホテルから中部市場を抜けた大通りでタクシーを拾い
10分・・・もかかったかな?
くらいで着いたところは「武橋洞(ムギョドン)ブゴグッチッ」というお店。
こちらのメニューはブゴヘジャンクッという干し鱈のスープのみ。
はい、またスープです。
そして、そしてお初グルメパート2です。
ほかの二人は食べたことがあって
特にNちゃんはこのスープにはまり
昨日のロッテマートでは真っ先に干し鱈買いに走ってました。

c0096685_2159256.jpg
お店に入ると、朝8時台というのに待ち人の列です。
これはもう期待度↑↑↑でしょう。
外で待とうとしたら、寒いので中に入ってなさいという感じ。

さすがに回転も速く、待つこと5分くらいでテーブルに案内されました。

c0096685_229184.jpg
なにせ1種類しかないから、だまっていてもお皿が並びます。
スープの中には干し鱈の切り身、ふんわか玉子、豆腐とたっぷりネギ。
さて、どんな味なんだろう・・・

いやいやいや、こりゃまたまたまた
ソルロンタンとは甲乙つけがたいものの
どうしてもどちらかと問われれば
僅・僅差でこのブゴヘックを選ぶかなぁ。
韓国の朝といえばお粥しか頭になかったワタシはバカバカ。
もう、朝食にピッタンコじゃないですかぁ。

少し薄味と思えば、テーブルにおいてあるアミの塩辛を入れて調節すればOK。

c0096685_22244973.jpg
こちらはおかずの方のアミの塩辛。
アミとネギだけなのに、なんしてこんなにおいしいの?
♪すすむ~すすむ~飯たち~(とサンプラザ中野だって思わず絶句でしょう)
昨日に引き続き、ここのキムチもおいしいし。
キュウリのQちゃんをキムチ漬けしたようなのもおいしい。

ここも、またリピ決定のお店としてインプット。

   ***

お店の近くでクォンさんに迎えに来てもらい
高速道路に乗って、いよいよ一路水原をめざします。
日曜日だったけど渋滞もなく1時間かからずに到着。

c0096685_22132851.jpg
水原での目的は世界遺産「華城(ファソン)」を見ること。
で、華城とは?
第22代王の正祖(チョンジョ)が政争により悲運の死を遂げた父を悼み、
2年8ヶ月の歳月をかけて作り上げた都城です。
というと???でも、イサンが作った城といえばほう、ほう、ほーてな感じでしょ。

c0096685_22141590.jpg
周りは何もないところかと思ったけど、意外と街中にあるんでビックリ。
c0096685_22152547.jpg
ミニ万里の長城ぽい?
c0096685_22154943.jpg
イイ感じの石畳。
c0096685_2216236.jpg

c0096685_22164487.jpg
チャングムとイ・サンの等身大パネルがこんなとこに
c0096685_22172190.jpg

c0096685_22174875.jpg
イ・サンのパパ思悼英祖は、自分の父英祖に、謀反をたくらんで王座を狙っていると思い込まれ、
米びつの中にに閉じ込められてしまうのです。
水も食べ物も与えられられず、結局米びつの中で死亡してしまいます。
そんな悲しい米びつのレプリカ。

c0096685_22183842.jpg
いろんなところに等身大の蝋人形、かなりリアルです。
c0096685_2219485.jpg
こんなパフォーマンスも見られます。
近くで見てると砂埃も舞い、かなりな迫力。
c0096685_2240392.jpg
終わったあとはこんな写真も撮れます。

    ***

スウォンはねぇ、味付けカルビの発祥地としても有名なんですよねー。
ってことで、ここでのランチはもちろん水原カルビ。
焼肉ニックニックニク~♪
(お分かりでしょうが、ここはドミニクで)
で、一気に行ってしまおうかと思ったけど
長くなるので続きはまた明日ね~。

       #3に続く
by noro2happy | 2012-02-03 22:47 | 旅行とプチ旅