人気ブログランキング |

さまざまな最終回

エンタメネタが続きますばってん。


欠かさず楽しみに見ていたドラマが立て続けに最終回を迎えた先週。
いろいろあるわな、最終回は。

ちーっとばかり感想を記しておこうかと。
以下、良かった順です。

☆下町ロケット(WOWOW 全5回)
日曜10時枠のWOWOW「ドラマW」は大人の鑑賞に堪える作品多々で
毎回ハズレがないのですが、その中でも今回は特に見応えありでした。

純国産ロケット第一号の打ち上げを目指す大企業は、
全てを自社の内製でと壮大なプロジェクトを立ち上げたのですが
唯一、エンジンの要ともいえるバルブだけがどうしても間に合わなかった。
下町の町工場がすでに特許申請をしていたから。
「空飛ぶタイヤ」同様、大企業の横暴に挑む中小企業の図。
結果は分かっていてもハラハラドキドキでした。

役者さんも良かった。
特に渡部篤郎は厳しく、優しく、毅然としていてえかったわー。
(渡辺篤志とちゃいまっせ、ってわかってま)

主役の三上博史も、弁護士の寺島しのぶも。



☆テンペスト(BSプレミアム 全10回)
あと1話でどう終わらせる?と
先々週の段階で不安でしたが
なるほどスっ飛ばしてくれましたね。

原作も読んでみようという方は、ネタバレありなのでこの先スルーね。

マミナさんの手助けで王宮を逃れてからの顛末が全て削除。
本では、少年に成長した息子の明を塾に通わせるのですが
そこで教えているのは、なんと孫寧温。
息子は寧温が母であることに気がつかないという
どう考えても有り得ん展開なの。
気づけよ、コラ、と原作を読みながらワタシは何度叱ったことか。

そのまま映像化しても、もういい加減にしろって声が聞こえそうだからカットか?
ということは、ドラマとしてあれでよかったのかもね。
原作にはないおばあの力を借りながら
明を育て上げたと匂わせておいたほうが無理のないストーリーです。

再会した二人が「はじめまして」はいいんだけど
真鶴も浅倉も全く年取ってないじゃんか~~~


☆「赤と黒」(BSプレミアム 全17回)
テンペストのラスト詰め込みナンザァ、カワユイもの。
ビックリ仰天だったのが「赤と黒」。

今までの緊張感はナンだったの?
あれだけ引きつけといてあの終わりはなかろうて。
本当は20話完結予定だったのをキム・ナムギルの兵役で
急遽3話分を縮めたとも聞きましたが
それにしてもねー。

モネは何のために韓国に戻ってきたのか?
ゴヌクの家を知ってたってことは誰かに教えてもらったんだろうけど
誰もゴヌクが兄だと教えていないのか?
テラやジェインへの贈り物はいつ買ったんだ?
ジェインはゴヌクが拳銃自殺をしようとしたところに来たのに
その僅か数時間後の展開としてはお気楽過ぎないか?
悠長に妹を迎えに行く場合か、せめて拳銃をどうにかしろ。
ゴヌクの相棒はどうした?
テソンはどうした?
原題は「悪い男」ってのも納得いかず、いっそ「運の悪い男」と。

もう、もう、?マークと突っ込みどころ満載で書ききれましぇーん。

結局一番悪い小林幸子シン夫人は復活しちゃうし
モネは自分が殺したこと知らないし
ジェインはあのままいつまでも待ち続けてしまうんだろし
ああ、あと味悪っ!


どー、どー、どー、びー・くーる
もひとつおまけ。

c0096685_21534194.jpg☆おひさま
まだ最終回ではありませんが、今月いっぱいで終わりです。
にもかかわらず、何でこんなにグダグダになってしまったのでしょうか?
「わたし・・・」
「わたし・・・」
「わたし・・・」
「多治見に行きます」
って、ドンだけひっぱんジャ~~~。
今、多治見の出来事って必要?
どんな最終回になるのか心配なんですが。
オラ知らねぇーっと。
オマケにしょうもない写真もつけちゃおう→

by noro2happy | 2011-09-20 22:04 | テレビ