人気ブログランキング |

伊坂幸太郎「オー!ファーザー」

c0096685_22424170.jpg★★★★
オー!ファーザー   ・・・・・#1134

主人公の由紀夫はスポーツは万能だし、成績も優秀であるけど、いたって普通の高校生。
が、その家庭環境はといえば、全く普通ではない。
なにしろ一つ屋根の下、母と4人の父親との6人暮らし。

えっ?お父さんが4人?
そう。
なにしろ母親が四股をかけてたから。
二股の二乗、マンマ・ミーアより多い!なんて
それだけでも十分おかしくて、どんどん読み進んでしまいました。

大学教授の悟
熱血体育教師の勲
ギャンブラーの鷹
元ホストで今も役者みたいに女にモテる葵

いずれも個性豊か過ぎるけど、愛すべきキャラクター。
この4人が合体すれば
誰にとっても理想的なお父さん像でしょうね。

もちろんDNA的な父親はひとりなのでしょうが
誰もそんなこと気にしちゃいない。
というより、知ることが怖い・・・
それよりオレこそ実の父親と思っていればいい。
由紀夫を溺愛していることこそが最大・最強の共通点なのです。

しかしそのあたり、当の由紀夫にしてみれば過干渉でかなりウザイ。
でも、血のつながり云々より
由紀夫は生まれた時から一緒にいる
それぞれの父親の特質を受け継いでいることを事あるごとに自覚しています。

そして、由紀夫とお父さんたちの前で次々と起こる
小さな出来事や大きな事件。
これらが最後でぴたっと一つにまとまるのはいつもの伊坂ワールド。
終盤、由紀の最大のピンチの時に
颯爽と登場するお父さんたちのカッコいいこと。

毎度のことだけどしゃれた会話オンパレード。
そして散りばめられられた伏線とその回収の妙。
痛快活劇&父子愛。
小難しいことは抜きにして、単純に楽しめました。


しかし、魅力的な4人に、ここまで愛された知代さんて、いったいどんな?
見えそで見えないもどかしさがたまらん。


***

↓ 「おひさま」の記事に誤り発見。
気にしちゃあいませんでしょうがかつての職場は松本ではなくて安曇野でしたね。
訂正しときました~。
by noro2happy | 2011-08-10 22:53 | book